メインメニューを開く

オトーヌ・パヴィア(Automne Pavia 1989年1月3日- )は、フランス柔道選手。階級は57kg級。身長173cm[1][2]。得意技は大外刈[3]。2段[4]

獲得メダル

左側の女性がオトーヌ・パヴィア(右側はプリシラ・ネト。)。
フランスの旗 フランス
柔道
オリンピック
2012 ロンドン 57kg級
世界柔道選手権
2014 チェリャビンスク 57kg級
2015 アスタナ 57kg級
世界団体
2011 パリ 57kg級
2011 チェリャビンスク 57kg級
世界ジュニア
2008 バンコク 57kg級

人物編集

ソンム県ペロンヌの出身。父親が柔道の指導者だったこともあり、柔道は4歳の時に始めた。なお、兄弟は7人もいる[4]。ジュニア時代に1988年ソウルオリンピック71kg級金メダリストのマルク・アレクサンドルに見出されて頭角を現すと、2008年の世界ジュニアでは2位となった[5]。2010年5月のグランプリ・チュニスでシニアの国際大会初優勝を飾った[2]。9月の世界選手権では3回戦で松本薫と対戦してGSに入ってから横四方固で敗れた[2]。2011年2月のグランドスラム・パリでは決勝で佐藤愛子と対戦してGSに入って内股で技ありを取って優勝した[2]。5月のグランドスラム・モスクワ決勝では佐藤の背負投の技ありで敗れた[2]。8月に地元フランスのパリで開催された世界選手権では4回戦でロシアのイリーナ・ザブルディナの前に一本負けしたが、世界団体では決勝で佐藤を背負投の有効で破るなどフランスチームの優勝に貢献した[2]。しかし2012年2月のグランドスラム・パリでは佐藤に0-3の判定で敗れて3位だった[2]。2012年7月のロンドンオリンピックでは準決勝で松本にGSに入ってから大外刈の有効で敗れたが、3位決定戦でハンガリーのヘドヴィグ・カラカスを破って銅メダルを獲得した[1]。2013年のヨーロッパ選手権では優勝するが、世界選手権では5位に終わった[2]。2014年のヨーロッパ選手権では2連覇を達成するが、世界選手権では準決勝で宇高菜絵に有効で敗て3位だった[2][6][7]。世界団体では優勝を飾った[8]。2015年の世界選手権では準決勝で松本に指導1で敗れたが、前年に続いて3位になった[9]。2016年のヨーロッパ選手権では2年ぶり3度目の優勝を飾った[2]リオデジャネイロオリンピックでは準々決勝で松本に7分50秒に及ぶ熱戦の末に技ありで敗れると、敗者復活戦でもポルトガルのテルマ・モンテイロ腕挫十字固で敗れて7位に終わった[2]。その後、60kg級で活躍するイギリスのアシュリー・マッケンジーと結婚すると、2017年には女児をもうけた[10][11]。2018年には復帰戦となったヨーロッパオープン・ドブロブニクで優勝を飾った[2]

IJF世界ランキングは1800ポイント獲得で6位(18/12/10現在)[12]

主な戦績編集

(出典[2]JudoInside.com)。

脚注編集

外部リンク編集