オニクス・グランプリ

オニクス・グランプリOnyx Grand Prix)は、1989年から1990年にかけてF1に参戦していたレーシングチーム。創立者はマイク・アール

オニクス
参戦年度 1989 - 1990
出走回数 17
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
優勝回数 0
通算獲得ポイント 6
表彰台(3位以内)回数 1
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 1989年アメリカGP
初勝利 -
最終勝利 -
最終戦 1990年ハンガリーGP
テンプレートを表示

経歴編集

デビッド・パーレイがオーナードライバーを務めるLECは、1973年よりフォーミュラ・アトランティックF5000F2に参戦。1977年にはコンストラクターとしてF1に参戦するも、パーレイの事故によりチームは活動停止となる。主要メンバーだったマイク・アールとグレッグ・フィールドは1978年末に「オニクス・レース・エンジニアリング」を設立。1980年よりマーチのカスタマーチームとして活動し、ジョニー・チェコットリカルド・パレッティらがドライブした。1982年はマーチ・821でF1にプライベート参戦するも、エミリオ・デ・ヴィロタが5戦連続予選落ちとなる。1983年に向けて、パレッティと共にF1に参戦する計画を立てたが、1982年カナダGPでパレッティが事故死したため実現しなかった。

1983年以降はマーチのロビン・ハードからF2のワークスチーム運営を任され、クリスチャン・ダナーエマニュエル・ピッロがドライブ。国際F3000ではトップチームの一角として君臨し、1987年にステファノ・モデナがシリーズチャンピオンを獲得。チームは1989年にF1へステップアップした。

1989年編集

 
ベルトラン・ガショー(1989年ベルギーGP

参戦初年度はアラン・ジェンキンス設計のORE1を製作し、エンジンはコスワース・DFRを搭載。タイヤはグッドイヤー。ドライバーはリジェからステファン・ヨハンソン、国際F3000に参戦していたベルトラン・ガショー(第13戦以降はJ.J.レート)を起用。メインスポンサーはオーナーの実業家(その後国会議員にもなった)のジャン=ピエール・バン・ロッセムが経営する投資会社「マネートロン(Moneytron)」であった。ロッセムはその怪しげな風貌で好奇の目を集める存在となる[1]

この年から39台が参戦ということもあって、チームは予備予選からの出走となった。新興チームゆえ資金難で、予選および予備予選落ちが多かったものの、マシンの戦闘力は高く、ヨハンソンが度々好走を見せた。第7戦フランスグランプリにて5位入賞、第13戦ポルトガルグランプリでは3位と新興チームで唯一表彰台を獲得し、コンストラクターズ選手権も10位と記録を残した。

1990年編集

前年の成績で予備予選が免除され、マシンは前年型の改良型ORE1Bを使用。エンジンは引き続きコスワースDFRを搭載、タイヤもグッドイヤーを装着した。ドライバーはヨハンソン、第13戦から参戦したレートを起用するが、第3戦以降ブラバムからグレガー・フォイテクが移籍し、ヨハンソンはシートを失った。

前年の実績が無駄になるように、チーム体制は弱体化に向かった。創設者のマイク・アールやデザイナーのアラン・ジェンキンスらがチームを離脱。ポルシェV12エンジン供給を打診するも、ジャパンマネー(フットワーク)の注入で資金力豊かなアロウズに契約を奪われた。F1に興味を失ったバン・ロッセムは経営を去り、「無限の利益と配当を保証する」と喧伝されていた「マネートロン」は詐欺で告発され、バン・ロッセムは逮捕された。スイスの高級車メーカーの「モンテヴェルディ」の創業者のペーター・モンテベルディや、カール・フォイテク(グレガー・フォイテクの父)らが新オーナーグループとなり、立て直しを図るも成績は低迷。ドイツGPよりチーム名を「モンテヴェルディ・オニクス」に変更するも、第10戦ハンガリーグランプリをもってF1から撤退することになった。

主なドライバー編集

F1
F3000

脚注編集

関連項目編集