メインメニューを開く

株式会社オノデン東京秋葉原に店を構える家電量販店

株式会社オノデン
オノデンロゴ
Onoden Akihabara 2015.JPG
オノデン本館
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
164-0001
東京都千代田区外神田1丁目2-7
北緯35度41分53.9秒
東経139度46分15.5秒
座標: 北緯35度41分53.9秒 東経139度46分15.5秒
設立 1951年6月30日(創業:1941年
業種 小売業
法人番号 2010001013254
事業内容 家庭電化製品、音響製品、パソコン、照明器具等の販売
代表者 小野一志代表取締役社長
資本金 5250万円
関係する人物 小野仁助(創業者)
外部リンク https://www.onoden.co.jp/
テンプレートを表示

概要編集

 
オノデンライフストア(2007年5月31日閉店)

オノデンは1941年(昭和16年)に創業、会社としては1951年(昭和26年)6月30日に設立された。営業している店舗は秋葉原にある本館の1店舗のみである。

本館裏にある建物は、以前はパソコンを中心に扱う「別館」(マイコンセンターオノデン→オノデンパソコン別館)として本館とは別店舗だったが、本館と直接行き来できるようにされた現在では本館の一部になっている。

かつて昌平橋付近に照明などインテリア雑貨を扱う「新館」(オノデンライフストア)があったが、本館、別館の店舗機能の強化に伴い統合され、2007年5月31日をもって閉店した。建物は取り壊され跡地は長らく駐車場となったが、2017年現在、周囲の土地とともに住友不動産がオフィスビル・商業施設を建設中である。

代表取締役社長小野一志は、秋葉原電気街振興会の会長でもある。

旧社名は株式会社小野電業社おのでんぎょうしゃ)。

沿革編集

  • 1941年(昭和16年) - 小野仁助が現在の東京都台東区三ノ輪[1]で創業。
  • 1951年(昭和26年)6月30日 - 株式会社小野電業社を現在の千代田区外神田に設立。
  • 1952年1953年(昭和27‐28年) - 家電メーカー各社との代理店契約を締結。
  • 1962年(昭和37年)4月 - 現在の本館ビルが竣工[2]
  • 1975年(昭和50年)9月21日 - 株式会社オノデンに商号を変更[3]
  • 1983年(昭和58年)9月 - 本館裏にマイコンセンターオノデン(別館)を開店。
  • 1995年(平成7年) - 小野一志代表取締役社長に就任。
  • 1998年(平成10年)7月31日 - 昌平橋交差点付近[4]に新館を新築開店。
  • 2004年(平成16年)12月 - 別館を増床。
  • 2007年(平成19年)2月 - 本館と別館を接続。
  • 2007年(平成19年)5月31日 - 新館(オノデンライフストア)を閉店。
  • 2018年(平成30年)3月 - 本館正面に「オノデンMXビジョン」設置。

特徴編集

「親切な電器屋」を社是としている。経験と知識の豊富なベテランを中心に正社員が従業員の殆どを占めており、他量販店に見られるようなアルバイトやパート、メーカー派遣の売場担当員はほとんど使っていない。

高度成長期以降、家電の普及とともに多くの秋葉原の家電量販店が多店舗・多角化を進めたなか、オノデンは秋葉原のみ家電一筋の堅実経営だったこともあり、多くの家電量販店が経営不振で秋葉原から消えていった現在でも、古くからの家電量販店の風情そのままに変わらず営業している[5]

オノデン本館4階には「東芝あかりスタジオ」が設けられるなど照明器具が充実していたが、2014年3月31日をもって閉館となった[6]

創業者の小野仁助は現在の秋田県由利本荘市(旧・東由利町)出身。

CM編集

「電器いろいろ秋葉原オノデン」というキャッチフレーズで、長らく関東ローカルフジテレビを中心にCMを流していた。店頭の看板やCMでお馴染みのイメージキャラクターは「オノデン坊や」という名前で、声は小桜エツ子が担当している。また、小桜がタママ二等兵役でレギュラー出演しているアニメ『ケロロ軍曹』の第134話では、「オノデン坊や」のパロディとして「デンデン星人オノ」が登場した。

長らく2Dアニメ調のCMだったが、2000年代には3DCGアニメのオノデン坊やがダンスするCMが制作され、この時からオノデン坊やのデザインもリニューアルされた。なお、このCMのダンスの振付はパパイヤ鈴木が担当した。

コマーシャルソングのこいのこが歌っており、コンピレーションCDの『エレクトリックパーク』と『のこいのこ大全』に収録されているほか、店頭でも流されている。このCMソングは1980年代頃から使用されており、時期によって歌詞が複数ある。

その他編集

創業者の小野仁助は昭和20年代から馬主として競走馬を走らせていた。この事もあってか、オノデンは長らくテレビ東京の『土曜競馬中継』のスポンサーとして、番組中でコマーシャルを流していた。[7]その他にはtvkの『saku saku morning call』のスポンサーも務めた事がある。

脚注編集

  1. ^ あきた(通巻203号)1979年(昭和54年)4月1日発行
  2. ^ オノデンでは、この本館ビルが日本の家電店における高層化の先駆けとしている。
  3. ^ (株)オノデンの法人登記簿を参照。
  4. ^ ロケット昌平橋店が営業していた跡地。
  5. ^ 秋葉原 変容し続ける街で「なにもしなかった」オノデンが生き残った理由(文春オンライン)
  6. ^ 「東芝あかりスタジオ」閉館のお知らせ
  7. ^ 紫,白元禄の勝負服で、所有馬の一部に「オノデン」という冠名を付けていた。なお、小野仁助の所有馬はセントライト記念ダイヤモンドS中山大障害(秋)などの重賞競走を優勝している。

外部リンク編集