オノレ4世 (モナコ公)

オノレ4世Honoré IV, 1758年5月17日 - 1819年2月16日)は、モナコ[1](在位:1814年 - 1819年)。

オノレ4世
Honoré IV
モナコ公
HonoriusIV.jpg
在位 1814年 - 1819年

出生 (1758-05-17) 1758年5月17日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国パリ
死去 (1819-02-16) 1819年2月16日(60歳没)
Flag of the Kingdom of France (1814-1830).svg フランス王国、パリ
配偶者 マザラン女公及びラ・メユレ女公ルイーズ・ドーモン
子女 オノレ5世
フロレスタン
家名 グリマルディ家
父親 モナコ公オノレ3世
母親 マリー・カトリーヌ・ブリニョール
テンプレートを表示
オノレ4世の横顔の素描、フレデリック=クリストフ・ドゥーデトーフランス語版画、1808年

生涯編集

モナコ公オノレ3世マリー・カトリーヌ・ブリニョールの間の長男。誕生時よりモナコ公世子だったが、モナコは1793年2月14日フランスに併合された[2]。弟ジョゼフヴァンデの反乱に加担していた[3]ことが原因となり、反革命容疑者法に基づき父、妻及び義妹マリー・テレーズと共に逮捕され、1794年の恐怖政治の終了まで収監されていた。1795年父が死ぬと、名目的にモナコ公位を引き継いだ。

1814年5月30日のパリ条約でフランスが1792年以降に併合した全領土を放棄したのに伴い、モナコ公国は復活した。しかしオノレ4世は恐怖政治下での監獄生活のために健康を著しく損なっており、摂政による統治代行が必要となった。はじめは弟ジョゼフが、1815年からは長男の公世子オノレ(5世)が務めた[4]

1777年7月15日パリにて、マザラン女公及びラ・メユレ女公ルイーズ・ドーモンと結婚し[5]、間に2人の息子をもうけたが、夫婦関係は不幸で、すぐに別居した。2人は1798年正式に離婚した。息子は以下の2人である。

引用・脚注編集

  1. ^ モナコ公国(Principality of Monaco) 基礎データ”. 日本国外務省 Ministry of Foreign Affairs of Japan. 2020年2月10日閲覧。
  2. ^ オリヴィエ・ブランフランス語版(著)・小宮正弘(訳)『一五〇通の最後の手紙 フランス革命の断頭台から』朝日新聞社、1989年、P129。
  3. ^ ブラン、P130。
  4. ^ de la Canorgue, Victor (1851). Les règnes d'Honoré V et de Florestan I, princes de Monaco (Digital ed.). University of Lausanne. https://books.google.com/books/about/Les_règnes_d_Honoré_V_et_de_Florestan.html?id=FrxDAAAAcAAJ 2017年12月4日閲覧。 
  5. ^ Paul Theroff. “MONACO”. Paul Theroff's Royal Genealogy Site. 2020年2月11日閲覧。
先代:
モナコの復活
モナコ公
1814年 – 1819年
次代:
オノレ5世

外部リンク編集