オフィサー・アンド・スパイ

オフィサー・アンド・スパイ』(原題:J'accuse)は、2019年フランスイタリア歴史映画。監督はロマン・ポランスキー、出演はジャン・デュジャルダンルイ・ガレルなど。

オフィサー・アンド・スパイ
J'accuse
監督 ロマン・ポランスキー
脚本 ロバート・ハリス
ロマン・ポランスキー
原作 ロバート・ハリス
An Officer and a Spy
製作 イーラン・ゴールドマンフランス語版
出演者 ジャン・デュジャルダン
ルイ・ガレル
エマニュエル・セニエ
グレゴリー・ガドゥボワ
音楽 アレクサンドル・デスプラ
撮影 パヴェル・エデルマン
編集 エルヴェ・ド・リューズ
製作会社 ゴーモン
フランス2シネマ
フランス3シネマ
ライ・チネマ
Canal+
配給 フランスの旗 ゴーモン
イタリアの旗 01 Distribution
日本の旗 ロングライド
公開 フランスの旗 2019年11月13日
イタリアの旗 2019年11月19日
日本の旗 2022年6月3日[1]
上映時間 131分[2]
製作国 フランスの旗 フランス
イタリアの旗 イタリア
言語 フランス語
製作費 €22,000,000[3]
興行収入 フランスの旗 $11,922,188[4]
世界の旗 $18,786,710[4]
テンプレートを表示

19世紀末にフランスで起きた冤罪事件ドレフュス事件を基にしたロバート・ハリスの2013年の小説『An Officer and a Spy』を原作としている。

第76回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門銀獅子・審査員大賞受賞[5][6]

ストーリー編集

ドレフュス事件の際、軍の中で対敵情報活動を指揮するジョルジュ・ピカールフランス語版英語版大佐が、様々な障壁に抗いながら真実を追い求める姿を描く。

キャスト編集

作品の評価編集

映画批評家によるレビュー編集

Rotten Tomatoesによれば、33件の評論のうち高評価は76%にあたる25件で、平均点は10点満点中6.7点となっている[7]Metacriticによれば、9件の評論のうち、高評価は2件、賛否混在は7件、低評価はなく、平均点は100点満点中56点となっている[8]AlloCinéによれば、フランスのメディアによる38件の評価の平均は5点満点中4点である[9]

受賞歴編集

部門 対象 結果
第76回ヴェネツィア国際映画祭 審査員大賞[10] 受賞
FIPRESCI賞[11]
第25回リュミエール賞フランス語版[12] 作品賞フランス語版 ノミネート
監督賞フランス語版 ロマン・ポランスキー 受賞
男優賞フランス語版 ジャン・デュジャルダン ノミネート
脚本賞フランス語版 ロバート・ハリス、ロマン・ポランスキー
撮影賞フランス語版 パヴェル・エデルマン
第45回セザール賞フランス語版[13] 作品賞フランス語版 ノミネート
監督賞フランス語版 ロマン・ポランスキー 受賞
主演男優賞フランス語版 ジャン・デュジャルダン ノミネート
助演男優賞フランス語版 グレゴリー・ガドゥボワ
ルイ・ガレル
脚色賞フランス語版 ロバート・ハリス、ロマン・ポランスキー 受賞
衣装デザイン賞フランス語版 パスカリーヌ・シャヴァンヌフランス語版
撮影賞フランス語版 パヴェル・エデルマン ノミネート
美術賞フランス語版 ジャン・ラバスフランス語版
編集賞フランス語版 エルヴェ・ド・リューズ
音響賞フランス語版 リュシアン・バリバールフランス語版、アイメリック・デヴォルデール、シリル・オルツフランス語版ニエル・バルレッタフランス語版
音楽賞フランス語版 アレクサンドル・デスプラ

論争編集

2020年2月28日にセザール賞の授賞式が行われ、児童性的虐待で有罪となったロマン・ポランスキーが最優秀監督賞を受賞したことに対して、アデル・エネルなどの数人の女優や監督が抗議のために会場から退席した[14]。ロマン・ポランスキーのノミネートが発表されて以降、複数のフェミニスト団体が怒りの声を上げてボイコットを呼びかけ、女性の権利団体「ウゼ・ル・フェミニスメ」の広報を務めるセリーヌ・ピクは、「ショックを受けた。ノミネーションに投票した400人もの映画専門家が、ポランスキーを12部門で称賛した。この12という数字は、ポランスキーにレイプされたと訴えている女性の数と同じだ。これは倫理観の問題ではなく、正義の問題だ」とメディアに語った[15]。フランスのマルレーネ・シアッパ平等担当相も、このノミネートを強く非難し、「数回にわたって強姦の罪に問われた人物の映画に、会場中が立ち上がって拍手を送るなど考えられない」と語っていた[14]。ポランスキーは1977年に当時13歳だった少女を性的暴行し、本人もこの事実を認め、禁錮刑に42日間服したものの、仮釈放中にアメリカから逃亡[15]。その後にフランスの市民権を獲得し、アメリカ当局の身柄引き渡しを何度も回避していた[15]。ポランスキーは2017年にセザール賞の選考委員に選ばれたが、反発を受けて辞任している[15]

出典編集

  1. ^ “ロマン・ポランスキーがドレフュス事件を映画化 『オフィサー・アンド・スパイ』6月公開”. リアルサウンド 映画部. (2022年3月24日). https://realsound.jp/movie/2022/03/post-993480.html 2022年3月24日閲覧。 
  2. ^ オフィサー・アンド・スパイ - 映画.com
  3. ^ Keslassy, Elsa (2019年11月18日). “‘An Officer and a Spy’ Leads French Box Office Despite Roman Polanski Controversy” (英語). Variety. https://variety.com/2019/film/news/roman-polanski-an-officer-and-a-spy-france-box-office-1203407696/ 2020年1月29日閲覧。 
  4. ^ a b An Officer and Spy” (英語). Box Office Mojo. 2020年7月13日閲覧。
  5. ^ Anderson, Ariston. “Venice: Todd Phillips' 'Joker' Wins Golden Lion, Roman Polanski Wins Silver Lion” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/news/venice-film-festival-awards-revealed-1237684 2019年9月8日閲覧。 
  6. ^ 海江田宗 (2019年9月8日). “金獅子賞は『ジョーカー』!ベネチア映画祭:第76回ベネチア国際映画祭”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0111063 2020年2月5日閲覧。 
  7. ^ The Dreyfus Affair” (英語). Rotten Tomatoes. 2022年9月19日閲覧。
  8. ^ "An Officer and a Spy" (英語). Metacritic. 2020年7月13日閲覧。
  9. ^ Critiques Presse pour le film J'accuse” (フランス語). AlloCiné. 2020年6月8日閲覧。
  10. ^ 2019年 第76回 ヴェネチア国際映画祭”. allcinema. 2021年8月5日閲覧。
  11. ^ Obenson, Tambay (2019年9月6日). “Venice: Roman Polanski’s ‘An Officer and a Spy’ Wins 2019 FIPRESCI Prize” (英語). IndieWire. https://www.indiewire.com/2019/09/venice-fipresci-roman-polanski-an-officer-and-a-spy-1202171667/ 2021年8月5日閲覧。 
  12. ^ Découvrez le palmarès 2020” (フランス語). Académie des lumières. 2021年8月5日閲覧。
  13. ^ 2019年 第45回 セザール賞”. allcinema. 2021年8月5日閲覧。
  14. ^ a b “仏アカデミー賞、性暴行のポランスキー氏に最優秀監督賞 女優ら抗議の退出”. BBCニュース. (2020年3月2日). https://www.bbc.com/japanese/51701588 2022年6月4日閲覧。 
  15. ^ a b c d “仏アカデミー、性暴行のポランスキー監督ノミネートで批判殺到”. BBCニュース. (2020年2月14日). https://www.bbc.com/japanese/51498927 2022年6月4日閲覧。 

外部リンク編集