メインメニューを開く

オフサイドトラップ (競走馬)

競走馬

オフサイドトラップ[1]とは日本競走馬種牡馬である。競走馬にとって「不治の病」とされる屈腱炎を3度克服し、1998年天皇賞(秋)など重賞3勝を挙げた。馬名はサッカーにおける同名称の戦術に由来する。

オフサイドトラップ
欧字表記 Offside Trap[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 栗毛[1]
生誕 1991年4月21日[1]
死没 2011年8月29日(20歳没)
登録日 1993年7月8日[1]
抹消日 1999年1月14日[1]
トニービン[1]
トウコウキャロル[1]
母の父 ホスピタリテイ[1]
生国 日本の旗 日本北海道新冠町
生産 村本牧場[1]
馬主 渡邊隆[1]
調教師 加藤修甫美浦北[1]
厩務員 椎名晃
競走成績
生涯成績 28戦7勝[1]
獲得賞金 4億3543万8000円[1]
 
勝ち鞍
GI 天皇賞(秋) 1998年
GIII 七夕賞 1998年
GIII 新潟記念 1998年
テンプレートを表示

経歴編集

1991年北海道新冠町の村本牧場に生まれる。父は後にリーディングサイアーを獲得するトニービンで、その供用2年目からの産駒である。幼駒の頃からバランスの良い好馬体を持ち、2歳時には新冠地区の品評会で優秀賞を受賞。デビュー前には雑誌で世代注目馬に挙げられるなど、将来を嘱望された馬であった。競走年齢の3歳に達し、茨城県美浦トレーニングセンター加藤修甫厩舎に入る。調教でも良好な動きを見せ、関係者の期待を集めた。

戦績編集

1993年12月、中山開催でデビュー。2度の2着を経て、年明け緒戦の未勝利戦で初勝利を挙げた。その後、セントポーリア賞(500万下条件戦)も好タイムで連勝すると、クラシックに向けての有力候補として注目を集める。皐月賞への前哨戦・若葉ステークスでは、大器と評判の高かったエアダブリン等を退けた。しかし迎えた皐月賞、東京優駿(日本ダービー)では、それぞれナリタブライアンの7、8着と敗れる。そして7月のラジオたんぱ賞で4着となった後、皐月賞前から不安のあった右前脚に屈腱炎を発症。療養に入った。

療養と復帰を繰り返す編集

同年12月に復帰。オープン特別戦のディセンバーステークスを3着、年明けの金杯(東)で8着とした後、2月のバレンタインステークスで11ヶ月振りの勝利を挙げた。しかし直後に屈腱炎が再発。さらに左前脚にも不安を抱え始め、再度の療養となった。12月に復帰し、ディセンバーステークスで2年連続の3着となるも、患部は安定して出走を続けるまでには快復せず、療養が続いた。

1996年の秋から状態に良化が見られ、本格的に戦線に復帰する。しかし屈腱炎再発の恐れがあるため強い調教を掛けられず、復帰初戦から8戦で2着3回・3着3回と勝ち切れないレースが続いた。そして1997年5月のエプソムカップ6着の後、屈腱炎が再発する。7歳という年齢で引退の検討もあったが、管理調教師の加藤は本馬の高い資質を信じ、現役続行を選択、オフサイドトラップは3度目の療養生活に入った。これ以降、本馬の管理は状態をよく把握している担当厩務員の椎名晃と、調教助手の大崎英雄に一任される。一方で加藤により引退後の引受先探しも始められており、故障・即引退の可能性も考慮しながらの現役続行であった。

重賞2連勝 - 天皇賞制覇編集

8歳となった1998年に復帰したが、前回の復帰時と同様、勝ち切れないレースを続けた。これを受け、7月に出走した七夕賞から、従来の主戦騎手であった安田富男に代わり、関東のリーディングジョッキー蛯名正義を鞍上に迎えた。従来先行策を取っていたオフサイドトラップは、この競走で後方待機策を採り、直線で逃げ粘るタイキフラッシュをハナ差捉えて優勝。3年5ヶ月振りの勝利を重賞初制覇で飾った。続く新潟記念では1番人気に支持されると、前走と同様の追い込みで重賞2連勝を遂げる。そして11月1日の天皇賞(秋)で、東京優駿以来4年5ヶ月振りとなるGI出走を迎えた。蛯名がステイゴールドに騎乗するため、本馬初騎乗の柴田善臣が騎手を務めた。

当日は生涯最高という好調で迎えていたが、オッズは同年重賞5つを含む6連勝を続けていた武豊鞍上のサイレンススズカが単勝1.2倍の圧倒的な人気を集め、オフサイドトラップは6番人気であった。レースはサイレンススズカが後続を十数馬身引き離す大逃げを打っていたが、同馬は第3コーナーで故障を発生して競走を中止する。中団にいた柴田とオフサイドトラップのコンビは、このアクシデントで大きく開いたコース内側から最短距離でコーナーを回り、一気に直線で抜け出した。最後は追い込んできたステイゴールドを1馬身余退け、念願のGIタイトルを獲得した。8歳馬による天皇賞制覇は史上初[2]、同齢のGI級競走制覇の記録においても、スピードシンボリ(1970年有馬記念)以来、28年振りの快挙となった。柴田は優勝騎手インタビューにおいて、「数少ないオフサイドトラップファンの皆さん、応援ありがとうございました」とファンに呼びかけた。

年末にはグランプリ競走有馬記念に出走して10着となり、これを最後に競走生活から退いた。

引退後編集

引退後は北海道門別町(現・日高町)の門別ブリーダーズスタリオンステーションで種牡馬となった。しかし人気が低く交配相手が集まらず、中央競馬では2頭の勝利馬を出したのみで2003年を最後に種牡馬も引退した。その後は門別町の日高ケンタッキーファームで功労馬として繋養、2008年に同場が閉鎖した後は新冠町の明和牧場に繋養されていた。2011年8月29日に腸障害のため死亡した[3]

全成績編集

以下の内容は、netkeiba.com[4]およびJBISサーチ[5]に基づく。

年月日 レース名 頭数 枠番 馬番 人気 着順 距離(状態 タイム 3F 着差 騎手 斤量
(kg)
勝ち馬/(2着馬)
1993 12. 11 中山 3歳新馬 16 3 6 4 2着 芝1600m(重) 1:37.7 (38.0) 0.1秒 中舘英二 54 メープルハート
12. 25 中山 3歳新馬 18 6 11 1 2着 芝2000m(良) 2:03.5 (37.1) 0.5秒 安田富男 54 ランフォルテ
1994 1. 16 中山 4歳未勝利 16 1 1 1 1着 1800m(稍) 1:56.2 (40.1) -0.2秒 安田富男 55 (チトセゼット)
1. 31 東京 セントポーリア賞 500 15 2 3 5 1着 芝1800m(良) 1:48.3 (35.0) -0.4秒 安田富男 55 チョウカイキャロル
3. 19 中山 若葉S OP 16 3 6 1 1着 芝2000m(良) 2:02.7 (35.9) -0.1秒 安田富男 56 (トニーザプリンス)
4. 17 中山 皐月賞 GI 18 7 15 5 7着 芝2000m(良) 2:00.6 (37.2) 1.6秒 安田富男 57 ナリタブライアン
5. 29 東京 東京優駿 GI 18 3 6 6 8着 芝2400m(良) 2:27.8 (37.7) 2.1秒 安田富男 57 ナリタブライアン
7. 3 福島 ラジオたんぱ賞 GIII 12 8 11 4 4着 芝1800m(良) 1:49.9 (38.8) 0.8秒 安田富男 55 ヤシマソブリン
12. 17 中山 ディセンバーS OP 11 3 3 1 3着 芝2000m(良) 2:01.1 (35.1) 0.4秒 安田富男 54 ナカミアンデス
1995 1. 5 中山 金杯(東) GIII 16 2 4 1 8着 芝2000m(重) 2:01.8 (38.2) 1.3秒 安田富男 54 サクラローレル
2. 11 東京 バレンタインS OP 8 4 4 1 1着 芝1800m(良) 1:47.3 (34.7) 0.0秒 安田富男 54 (マーメイドタバン)
12. 16 中山 ディセンバーS OP 14 3 3 5 3着 芝2400m(良) 2:01.2 (36.4) 0.5秒 加藤和宏 56 マイネルブリッジ
1996 11. 16 東京 富士S OP 12 5 5 4 4着 芝1800m(良) 1:48.6 (36.3) 0.1秒 安田富男 57 シンコウキング
12. 14 中山 ディセンバーS OP 14 6 9 2 2着 芝2000m(良) 2:03.0 (35.9) 0.0秒 安田富男 56 キングオブダイヤ
1997 1. 19 中山 AJCC GII 9 4 4 4 4着 芝2200m(良) 2:15.1 (37.1) 0.2秒 安田富男 57 ローゼンカバリー
2. 2 東京 東京新聞杯 GIII 11 8 10 3 3着 芝1600m(良) 1:34.0 (34.9) 0.3秒 安田富男 54 ベストタイアップ
3. 9 中山 中山記念 GII 9 8 9 4 2着 芝1800m(良) 1:48.9 (36.3) 0.2秒 安田富男 57 キングオブダイヤ
4. 5 中山 ダービー卿CT GIII 13 1 1 2 2着 芝1600m(重) 1:35.7 (37.2) 0.2秒 安田富男 57 ロイヤルスズカ
5. 4 京都 都大路S OP 12 7 10 1 3着 芝1600m(良) 1:35.0 (36.0) 0.2秒 安田富男 56 ナムラホームズ
5. 31 東京 エプソムカップ GIII 13 4 4 4 6着 芝1800m(良) 1:47.0 (34.0) 0.4秒 安田富男 57 タイキマーシャル
1998 3. 22 中山 東風S OP 10 7 7 7 2着 芝1600m(稍) 1:36.3 (35.6) 0.4秒 安田富男 56 ケイワンバイキング
4. 4 中山 韓国馬事会杯 OP 9 2 2 2 2着 芝1800m(良) 1:47.3 (36.0) 0.2秒 安田富男 56 ジェラスガイ
5. 17 新潟 新潟大賞典 GIII 14 2 2 4 2着 芝2000m(良) 1:58.5 (35.2) 0.1秒 安田富男 56 サイレントハンター
6. 6 東京 エプソムカップ GIII 17 6 12 4 3着 芝1800m(重) 1:48.3 (36.3) 0.1秒 安田富男 57 ツクバシンフォニー
7. 11 福島 七夕賞 GIII 16 5 9 2 1着 芝2000m(良) 1:59.2 (35.6) 0.0秒 蛯名正義 57 (タイキフラッシュ)
8. 30 新潟 新潟記念 GIII 15 8 14 1 1着 芝2000m(重) 2:00.6 (35.2) 0.0秒 蛯名正義 58 ブラボーグリーン
11. 1 東京 天皇賞(秋) GI 12 5 6 6 1着 芝2000m(良) 1:59.3 (36.0) -0.2秒 柴田善臣 58 ステイゴールド
12. 27 中山 有馬記念 GI 16 3 6 8 10着 芝2500m(良) 2:33.2 (37.0) 1.1秒 蛯名正義 56 グラスワンダー

血統表編集

オフサイドトラップ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ゼダーン系
[§ 2]

*トニービン
Tony Bin
1983 鹿毛
父の父
*カンパラ
Kampala
1976 黒鹿毛
Kalamoun *ゼダーン
Khairunissa
State Pension *オンリーフォアライフ
Lorelei
父の母
Severn Bridge
1965 栗毛
Hornbeam Hyperion
Thicket
Priddy Fair Preciptic
Campanette

トウコウキャロル
1987 鹿毛
ホスピタリテイ
1979 黒鹿毛
*テュデナム
Tudenham
Tudor Melody
Heath Rose
トウコウポポ *アイアンリージ
フジチヨ
母の母
ミヨトウコウ
1970 黒鹿毛
*ムーティエ
Moutiers
Sicambre
Ballynash
チトセホープ *ライジングフレーム
エベレスト
母系(F-No.) アストニシメント系(FN:7-c) [§ 3]
5代内の近親交配 Prince Bio 5×5、Nasrullah 5×5 [§ 4]
出典
  1. ^ [6]
  2. ^ [7]
  3. ^ [8][6]
  4. ^ [6]

父・トニービンは1993年度全日本リーディングサイアー。母、母の父、祖母は、それぞれ渡邊隆の父・喜八郎の所有馬である。曾祖母・チトセホープは1961年優駿牝馬(オークス)の優勝馬。その母エベレストは名牝系の祖として知られており、スズパレードブルーコンコルドなどが同牝系に属する。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p オフサイドトラップ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年9月21日閲覧。
  2. ^ 2009年の天皇賞(秋)では、カンパニーが新表記8歳(旧表記9歳)で勝利している。
  3. ^ オフサイドトラップ腸障害で急死”. 日刊スポーツ (2011年8月30日). 2019年9月21日閲覧。
  4. ^ オフサイドトラップの競走成績”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年9月21日閲覧。
  5. ^ オフサイドトラップ 競走成績”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年9月21日閲覧。
  6. ^ a b c 血統情報:5代血統表|オフサイドトラップ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2016年8月1日閲覧。
  7. ^ オフサイドトラップの血統表 競走馬データ”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2017年8月26日閲覧。
  8. ^ 『優駿』1998年10月号、日本中央競馬会、140頁

参考文献編集

  • 平松さとし「不屈 - オフサイドトラップ、GI制覇までの長き道のり」(『優駿』1999年2月号〈日本中央競馬会〉所収)
  • 河村清明「'98秋GI勝ち馬の故郷 村本牧場 - 大いなる一年」(『優駿』1999年2月号〈日本中央競馬会〉所収)
  • 杉本清の競馬談義164 柴田善臣騎手」(『優駿』1998年12月号〈日本中央競馬会〉所収)

外部リンク編集