オペラ座/血の喝采』(オペラざ/ちのかっさい、原題:Opera)は、1987年制作のイタリアジャッロ映画ダリオ・アルジェント監督。

オペラ座/血の喝采
Opera
監督 ダリオ・アルジェント
脚本 ダリオ・アルジェント
フランコ・フェリーニ
製作 ダリオ・アルジェント
製作総指揮 フェルディナンド・カプート
出演者 クリスティーナ・マルシラッチ
イアン・チャールソン
ウルバノ・バルベリーニ
ダリア・ニコロディ
音楽 クラウディオ・シモネッティ
撮影 ロニー・テイラー
編集 フランコ・フラティチェリ
製作会社 チェッキ・ゴーリ・グループ・タイガー
RAI
配給 日本の旗 ワーナー・ブラザース
公開 イタリアの旗 1987年12月19日
日本の旗 1989年2月11日
上映時間 95分
(劇場公開時)
107分
(完全版)
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
製作費 $8,000,000[1]
興行収入 イタリアの旗 7,207,592,000[2]
テンプレートを表示

2014年に約10箇所・約12分の追加シーンを挿入した完全版DVDとブルーレイが発売された[3]

あらすじ編集

新進女優のベティは、ミラノスカラ座で前衛的演出家マークが演出するヴェルディオペラマクベス』の主演に抜てきされた。当初主演をつとめる予定だった女優が交通事故に遭い、重傷を負ったためだった。だが、それは不幸を招くといわれているいわくつきのオペラであった。ベティは始め躊躇するが、周囲の説得と自らチャンスを掴みたいという想いから舞台に立つことを決意する。

しかし舞台の初日、照明係が何者かに襲われ殺されるという事件が起きる。さらに、ベティ自身にも悪夢のような出来事が振りかかる。ある夜、彼女は助監督で恋人のステファノの自宅に一緒にいるところを何者かに襲われて縛り上げられ、まぶたを閉じられないように目の下に針を貼り付けられ、目の前でステファノが惨殺されるところを見せつけられる。

その後、衣装係のジュリアも殺され、犯人に狙われていると感じたベティは警察に相談に行く。応対したサンティーニ警部は彼女に護衛を送るが、犯人はそれをあざわらうかのように現れ、護衛の警官とベティのエージェントのミラを殺害した。

途方に暮れたベティはマークに相談、マークは犯人が公演を見に来ると推測し、犯人をあぶり出すためのある作戦を立てる。

キャスト編集

脚注編集

外部リンク編集