コンボCOMBO )は、オペルが製造し同ブランドおよびボクスホールブランドにて販売している小型ライトバンおよびLAVである。

初代(1986年–1993年)編集

オペル・コンボ(初代)
 
概要
製造国   イギリス
  ポルトガル
販売期間 1986年1993年
ボディ
乗車定員 2名
ボディタイプ 3ドアバン
テンプレートを表示

2代目(1993年-2001年)編集

オペル・コンボ(2代目)
 
概要
製造国   ポルトガル
販売期間 1993年 - 2001年
ボディ
乗車定員 2名
ボディタイプ 3ドアバン
パワートレイン
エンジン 1.4/1.6/1.7L 直列4気筒
テンプレートを表示

1994年に2代目コルサの派生車種として発売された。Bピラー部分まではルーフスポイラーを除いてほとんどコルサと共通であったが、貨物車のため、車体のサイズは大型化され、またリアドアは観音開き式であった。

1995年にはLCVの販売台数増加により分割可倒式のシートを装備した5人乗りのモデルのコンボツアーを追加した。

主要市場は欧州であったが、ほかの市場でも販売された。生産はポルトガルのGMアザンブージャ工場。

販売ブランドと市場編集

3代目(2001年-2011年)編集

オペル・コンボ(3代目)
 
概要
製造国   ポルトガル
  スペイン
販売期間 2001年 - 2011年
ボディ
乗車定員 2-5名
ボディタイプ 4/5ドアバン
パワートレイン
エンジン 1.3/1.4/1.6/1.7L 直列4気筒
車両寸法
ホイールベース 2,715 mm
全長 4,330 mm
全幅 1,685 mm
全高 1,800 mm
テンプレートを表示

2001年には3代目にモデルチェンジが行われた。同クラスのパネルバンはベースにコンパクトカーを用ないようになったが、先代同様コルサがベースとなり、Aピラーまでがコルサと共通になった。コルサに用いられたガンマプラットフォームは、車体幅を制限した。

初代コンボとの違いとして、助手席側のみあるいは両側のリアサイドドアにスライドドアが採用された。

また5人乗りのモデルのコンボツアーも引き続き設定され、さらにRV (LAV)モデルのコンボツアートランプ(一部市場での名称はコンボツアーアリゾナ)も設定された。コンボツアートランプにはサスペンションチューニングや最低地上高の増加が行われ、シャシープロテクトカバーが装備された。なお、コンボツアーはイギリスにおいては販売されていない。

コンボツアートランプには標準装備で、コンボツアーにはオプションでテールゲートタイプのリアドアが選択できたが、商用タイプには引き続き観音開き式のものが採用された。

2006年にはポルトガルのGMアザンブージャ工場が閉鎖されたため、生産拠点はスペインサラゴサに移管された。

販売ブランドと市場編集

  • オペル - イギリスを除く欧州、シンガポール
  • ボクスホール - イギリス
  • ホールデン - オーストラリア、ニュージーランド
  • シボレー - チリ

4代目(2011年-2017年)編集

オペル・コンボ(4代目)
 
概要
製造国   トルコ
販売期間 2011年 - 2017年
ボディ
乗車定員 2-5名
ボディタイプ 4/5ドアバン
パワートレイン
エンジン ガソリン:1.4L 直列4気筒
ディーゼル:1.4L 直列4気筒
CNG:1.6L 直列4気筒
変速機 5/6速MT
5速AT
車両寸法
ホイールベース SWB:2,755 mm
LWB:3,105 mm
全長 SWB:4,390 mm
LWB:4,740 mm
全幅 1,830 mm
全高 SWB:1,845 mm
LWB:1,880 mm
その他
姉妹車 フィアット・ドブロ
テンプレートを表示

2010年にフィアットとGMの間で締結された「商用車の供給に関する契約」に基づき、自社生産からOEMによる供給に切り替えた[1]

ベースとなるのはドブロで、外板の一部こそオペル流に手直しされているが、メカニズムは基本的にドブロのものを流用する。

シートバリエーションは5人乗りと7人乗り(ショートのみ)、ホイールベースは2.755mm(全長4.390mm)と3.105mm(同4.740mm、5人乗りのみ)の2種、全高は1.850mmと2.100mm(5人乗りのみ)が用意される。

また、エンジンは2種(90PSと105PS)の1.6Lターボディーゼルと同ecoFLEX、1.4Lガソリンと同ecoFLEX、同ターボCNG・ecoFLEXの7種から選択できる。90PS仕様のディーゼルecoFLEXのみイージートロニックで、それ以外はすべて5速MTもしくは6速MTとなる。

販売ブランドと市場編集

  • オペル - イギリスを除く欧州、シンガポール
  • ボクスホール - イギリス

5代目(2018年-)編集

オペル・コンボ(5代目)
 
写真はコンボライフのもの
 
概要
製造国   スペイン
販売期間 2018年 -
ボディ
プラットフォーム PSA・EMP2プラットフォーム
車両寸法
全長 SWB:4,400 mm
LWB:4,750 mm
全幅 1,850 mm
その他
姉妹車 シトロエン・ベルランゴ
プジョー・パートナー
プジョー・リフター
トヨタ・プロエースシティ[2]
テンプレートを表示

2017年3月にGMからオペルとボクスホールブランドを買収したPSAグループは、プジョーシトロエン、オペル、ボクスホールブランド共通のミニバンを開発する計画にそってシトロエン・ベルランゴの姉妹車として「コンボE」をジュネーブモーターショーにて発表した[3]。イギリスではボクスホールブランドで販売される。商用車仕様は「コンボ」、乗用車仕様は「コンボライフ」と呼ばれる[4]

プラットフォームはPSAグループの「EMP2」を採用し、5人乗りのショートボディと7人乗りのロングボディが設定される。

ギャラリー編集

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集