メインメニューを開く

ザフィーラZafira )はオペルが生産、販売しているミニバン。宝石である「サファイヤ」の造語。

欧州ブランド車としては最初の小型ミニバンとして1999年に発売された。1997年フランクフルトモーターショーのアストラG販促CD内に1つだけミニバンの写真が収録されており、それが公開された最初の姿である。オペルの小型乗用車アストラをベースに開発されており、3列シートを持つ。3列目は3列目下に収納され、荷室を完全フラットにする事ができ広大な空間をとる事が可能。2005年には2代目モデルが発売された。現時点中古車でも人気がある、輸入車ミニバンである。

日本でのスバル・トラヴィック(初代モデルのみ。販売終了)のほか、英国ではボクスホールタイ王国中華民国ブラジルなどではシボレー、豪州ではホールデンといったブランド名でも販売されている。

歴史編集

ザフィーラA編集

オペル・ザフィーラ(初代)
ヨーロッパ仕様
ハイドロジェン3(燃料電池自動車)
ハイドロジェン3後部
販売期間 1999年2005年
乗車定員 7人
ボディタイプ 5ドア ミニバン
エンジン 水冷直列4気筒 1.8L DOHC
最大出力
125PS/5,600rpm
最大トルク
17.3kg-m/3,800rpm
駆動方式 FF
変速機 Nコントロール付4速AT
全長 4,315mm
全幅 1,740mm
全高 1,630mm
ホイールベース 2,695mm
車両重量 1,420-1,470kg
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2000年4月、ヤナセによる輸入・販売が開始された。エンジンはアストラなどに搭載されるX181型1.8Lで、それに4ATを組み合わせたCDXグレードのみで展開された。2001年モデルよりZ18型レギュラーガソリン仕様エンジンに変更され10馬力パワーアップした。しかし、後述のトラヴィックとの兼ね合いなどから販売不振に陥り、発売から僅か1年8ヶ月で販売が中止された。

燃料電池自動車「ハイドロジェン3」のベース車となっており、燃料は液体水素を採用、60kWの交流電動機を搭載する。日本では2003年にフェデックスに貸与して東京都内で配送車としてのモニター試験が行なわれた。JHFC プロジェクト参加車両:ハイドロジェン3

販売価格に関する問題編集

2001年8月、ザフィーラのOEM車である「トラヴィック」がスバル(当時は富士重工業だった)から発売された。同車はスピードスター等にも搭載された上級のサターン製2.2Lエンジンを搭載しており[1]、装備においてもザフィーラに優っていたも関わらず、その価格設定は50-100万円程度安価なものであった(但し、ザフィーラにおいてはサイドエアバッグが標準装備)。

同型輸入車のあからさまな販売価格の逆転は、日本における外国ブランド車の価格設定におけるプレミアム価格(上乗せ金)の存在を如実に示すものとして話題になった[1][2]。このような状況の下、ヤナセによる販売は累計3,300台程度をもって2001年12月に中止となり、オペルの日本市場撤退の最大要因となったと言われている。トラヴィックとザフィーラの併売期間は4ヶ月程度であった。

ザフィーラB編集

オペル・ザフィーラ(2代目)
販売期間 2005年
乗車定員 7人
ボディタイプ 5ドア ミニバン
駆動方式 FF
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2005年12月、ゼネラルモーターズの日本法人(日本ゼネラルモーターズ等)により2.2Lガソリンエンジン仕様の輸入・販売が開始された。

翌2006年、オペルブランドの日本市場撤退に伴い販売中止。2代目モデルの登録台数は265台(SPORT 133台。CD 132台)であった。

ザフィーラツアラーC編集

ザフィーラツアラー
フロント
リヤ
ザフィーラツアラー コンセプト
販売期間 2011年
乗車定員 7人
ボディタイプ 5ドア ミニバン
エンジン 水冷直列4気筒 1.4L DOHCターボ
水冷直列4気筒 1.4L DOHCターボ eco FLEX
水冷直列4気筒 1.8L DOHC
水冷直列4気筒 2.0L CTDI
水冷直列4気筒 2.0L CTDI eco FLEX
駆動方式 FF
変速機 5MT、6MT、6AT
全長 4,660mm
全幅 1,820mm
全高 1,690mm
ホイールベース 2,760mm
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2011年のジュネーブモーターショーでお披露目された「ザフィーラツアラーコンセプト」が源流であり、量産型は同年9月のフランクフルトモーターショーワールドプレミアとなり、同年12月に発売を開始。同社のEVであるアンペラに似た個性的なフロントマスクを採用。ベースとなっているのはアストラJであるが、サイズはひとまわりほど拡大され、かつて販売されていたシントラに近くなった。

なおツアラー登場後もザフィーラBは「ザフィーラファミリー」として併売される。

脚注編集

  1. ^ トラヴィックのモデル末期にZ18エンジン搭載車が追加された。
  2. ^ 販売価格の違いには、ザフィーラはドイツ製、トラヴィックはタイ製という生産国の違いによる生産コストの違いが原因にあるとも言われている。

関連項目編集