オペル・ヴィヴァーロ

ヴィヴァーロVivaro )は、オペルが販売するLCV(Light Commercial Vehicle:小型商用車)である。イギリスではボクスホール・ヴィヴァーロとして販売されている。

概要編集

ヴィヴァーロA(2001 - 2014年)編集

 
初代 ヴィヴァーロA(後期型)

ルノーではトラフィックとして販売されている。2001年に販売が開始され[1]、パネルバン、バス、バンのモデルが存在する。エンジンはディーゼルエンジンとガソリンエンジンがあり、2種類のホイールベースと2種類の全高のモデルがラインアップされている。

オペルおよびボクスホールを傘下に有するゼネラルモーターズと、ルノーとの合弁で生産されており、ルノー傘下日産自動車でもプリマスターとして販売されている[1]

イギリスのGMMルートンおよびバルセロナ日産モトール・イベリカで生産される。

ヴィヴァーロB(2014 - 2019年)編集

 
2代目 ヴィヴァーロB(後期型)

2014年3月18日に発表[1]。初代と同じくルノーとの共同開発車で[2]ルノー・トラフィックのほか、日産・NV300も兄弟車にあたる。ルノーが新開発した1.6L直列4気筒ターボディーゼル「CDTI」を搭載し、シングルターボとツインターボが選択できる。

ヴィヴァーロC(2019年 - )編集

 
3代目 ヴィヴァーロC

2017年3月にグループPSAGMからオペルボクスホールブランドを買収したことに伴い、2019年にシトロエン・ジャンピー英語版プジョー・エキスパート英語版トヨタ・プロエースと兄弟車あたるモデルに切り替えられた[3]

また、電動化された「ヴィヴァーロ e」が2020年後半に発売される予定[4]

乗用車仕様は「オペル・ザフィーラライフ」と呼ばれ、シトロエン・スペースツアラー、プジョー・トラベラー、トヨタ・プロエース ヴァーソが兄弟車にあたる[5]。ただし、英国では「ボクスホール・ヴィヴァーロライフ」と呼ばれる[6]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c オペルの主力商用車、ヴィヴァーロ 新型 発表…ルノーと共同開発”. Response. (2014年3月24日). 2020年8月8日閲覧。
  2. ^ ルノー の小型商用車、トラフィック 新型を発表…3世代目が登場” (2014年3月19日). 2020年8月8日閲覧。
  3. ^ Opel Vivaro (2019): Nutzfahrzeug mit PSA-Technik” (ドイツ語). motor1.com (2019年1月23日). 2020年8月8日閲覧。
  4. ^ Kleintransporter mit Elektroantrieb” (ドイツ語). auto-motor-und-sport (2019年11月5日). 2020年8月8日閲覧。
  5. ^ Минивэн Opel Zafira Life: четвертый брат в семействе” (ロシア語). autoreview (2019年1月9日). 2020年8月8日閲覧。
  6. ^ Новый вэн Opel Zafira оказался «автобусом» и клоном” (ロシア語). drive (2019年1月9日). 2020年8月8日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集