メインメニューを開く

オホーツクスカイタワーは、北海道紋別市大山町の紋別山(通称:大山)にある観光施設であり、テレビ・FMの中継放送所となる紋別中継局でもある。本項では、紋別中継局からの電波を中継し補完しているミニサテライト局中渚滑中継局(なかしょこつちゅうけいきょく)についても記述する。

概要編集

 
タワー全景
  • 紋別市大山町の紋別山(標高333m)にあり、地下には放送施設、地上の一番上の階ではオホーツク海や紋別市街地を展望できる。入場料は大人200円、こども100円である。
  • 1994年(平成6年)にオープン。それに伴い、各テレビ局が個別(HTBUHBは共同施設として)に設置していた紋別中継局をここに集約して統合、同時にNHK北見放送局2波、HBCSTVのチャンネルはVHFからUHFへ移行した(後述)。NHK北見FMについては、送信機器の局舎がテレビ放送と共に統合されているものの、鉄塔及び送信空中線は統合されておらず、単独で鉄塔が別に設置されている。
    • テレビ放送の送信空中線は、前述のNHK北見FMを除き屋上に設置されている。

紋別テレビ・FM中継放送所編集

地上デジタルテレビジョン放送送信設備編集

リモコン
キーID
放送局名 物理
ch
空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面 開局日
1 HBC
北海道放送
32 10W 105W 北海道 約16,000世帯 水平偏波 2009年
1月16日
2 NHK
北見教育
23 110W 全国
3 NHK
北見総合
30 オホーツク圏
5 STV
札幌テレビ放送
29 105W 北海道
6 HTB
北海道テレビ放送
31 110W
7 TVh
テレビ北海道
25 約15,140世帯[1] 2013年
11月29日[1]
8 UHB
北海道文化放送
33 約16,000世帯 2009年
1月16日

地上アナログテレビジョン放送送信設備編集

チャンネル 放送局名 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面
37 HTB
北海道テレビ放送
映像100W/
音声25W
映像1.65kW/
音声410W
北海道 不明 水平偏波
39 UHB
北海道文化放送
41 HBC
北海道放送
映像1.4kW/
音声350W
43 STV
札幌テレビ放送
45 NHK
北見総合
オホーツク圏
47 NHK
北見教育
全国
33
(割当のみ)
TVh
テレビ北海道
(開局せず)
  • 2011年(平成23年)7月24日をもってすべて廃止された。
  • TVhはチャンネルの割り当て(33ch)がなされていたが、デジタル放送移行によりアナログ局の建設が凍結されたため、当該チャンネルはUHBのデジタル波のチャンネルに転用された。

FMラジオ放送編集

 
NHK北見FM
周波数
(MHz)
放送局名 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面
85.1 NHK
北見FM
100W 260W オホーツク圏 不明 垂直偏波

中渚滑中継局編集

地上アナログテレビジョン放送送信設備編集

チャンネル 放送局名 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面
49 NHK
北見教育
映像100mW/
音声25mW
映像1.95W/
音声490mW
全国 不明 水平偏波
51 HTB
北海道テレビ放送
北海道
53 UHB
北海道文化放送
55 STV
札幌テレビ放送
57 NHK
北見総合
オホーツク圏
59 HBC
北海道放送
北海道
(割当なし) TVh
テレビ北海道
(開局せず)
  • オホーツクスカイタワーにある紋別中継局からの電波が届きにくい、紋別市中渚滑方面をカバーするために開局したミニサテライト局。
  • 地上デジタル放送については、当初、紋別中継局のカバー状況を見ながら2010年に開局する予定だったが、2009年9月に紋別中継局でカバー出来ることが判明、「置局不要」と判定された。このため、中渚滑中継局は放送終了(廃局)が決定した。

備考編集

送信所について編集

 
旧 NHK紋別中継局
  • HBCはかつて11chで放送していた。そのため、紋別市大山町でHBCの映りが悪い地域向けに紋別大山中継局(41ch・1979年開局)が併設されていたが、オホーツクスカイタワーへの移転を機にHBCは紋別局のチャンネルを41chとしてそのまま使うことになった。
    HBC以外にも、NHK北見放送局・STVもかつてはVHF帯で送信していた(NHK北見総合9ch、NHK北見教育2ch、STV7ch)。HTB・UHBは現在のチャンネルと同じ。
  • なお、正式名称としてはHBCは「紋別送信所」(中継局は通称)、NHKは「紋別テレビ・FM中継放送所」という。そのほかは紋別中継局。
  • NHK北見放送局の旧局舎は、北海道大学の気象観測用施設に転用されている。

放送エリア編集

  • 紋別市全域(中渚滑を除く)、雄武町湧別町のほぼ全域、興部町の一部という広い範囲をカバーしている[3]
    • 過去に、西興部村ではにしおこっぺむらコミュニケーションネットワークがオホーツクスカイタワーの電波を使って民放各局のアナログ地上波を再送信していた(すり鉢山で受信し、ケーブルで本局に伝送されている。なお、NHKは西興部中継局の電波を本局で直接受信していた)。現在は興部中継局の電波を使ってNHK・民放各局のデジタル波を再送信している。

その他編集

  • アナログテレビジョン放送については民放各局は音声多重放送非実施(NHK北見は実施)。字幕放送・アナログデータ放送は利用できるが、特殊な機器がないと利用できない
  • デジタルテレビジョン放送については、字幕放送・データ放送・民放の音声多重放送も一般の受像機で利用できる。

脚注・出典編集

アクセス編集

  • 紋別市街地から車で約5-10分であるが、現地までは急カーブ・急傾斜がところどころにある。

関連項目編集