オポールアヤム(Opor ayam)は、チキンココナッツミルクで調理した中部ジャワ発祥のインドネシア料理である [1]。スパイス混合物(バンブー)には、ガランガルレモングラスシナモン、タマリンドジュース、パームシュガーコリアンダークミンキャンドルナッツニンニクエシャロットコショウが含まれている [2]。オポ-ルアヤムは、レバランやイド・アル=フィトルの人気のある料理でもあり、通常、 ケトゥパット、サンバルゴレンアティ(サンバルで和えた牛レバー)と一緒に食べられる。

オポールアヤム
Opor Ayam Telur Pindang.JPG
オポールアヤム
発祥地 インドネシア
地域 ジャワ、インドネシア全国
関連食文化 インドネシア料理
主な材料 鶏肉ココナッツミルク
テンプレートを表示

オポ-ルアヤムはインドネシアのほぼすべての地域で広く知られている料理である。オポールアヤムはレモングラス、ケンカールなどのさまざまなスパイスが加えられた濃厚なココナッツミルクで調味されたゆで鶏肉である。 ジャワの伝統では、通常レバランのお祝いに、卵とサンバルで揚げた牛のレバーを添えたケトゥパトを作る。

脚注編集

  1. ^ Patrick Witton and Mark Elliott (2003), Lonely Planet Indonesia. Lonely Planet Publications, p. 108
  2. ^ Brissenden, Rosemary (2007). Southeast Asian Food, Classic and modern dishes from Indonesia, Malaysia, Singapore, Thailand, Laos, Cambodia and Vietnam. Periplus. p. 98. ISBN 0794604889. https://books.google.com/books?id=AzIfdz0M0JEC&printsec=frontcover&hl=id#v=onepage&q&f=false 2014年10月31日閲覧。 

外部リンク編集