オマーンの国王

ウィキメディアの一覧記事

オマーンのスルターンアラビア語: سلاطين عمان‎)は、オマーン・スルターン国の君主にして、国家元首。 同国において最も高い地位である。

 オマーン・スルタン国
スルターン
سلطان عمان
Royal Standard of Oman.svg
スルターン旗
在位中のスルターン
Secretary Pompeo Meets with the Sultan of Oman Haitham bin Tariq Al Said (49565463757) (cropped).jpg
ハイサム・ビン・ターリク・アール=サイード
2020年1月11日より
詳細
敬称 陛下(his Majesty)
推定相続人 ディ・ヤザン・ビン・ハイサム
成立 751年
宮殿 アル・アラム宮殿
テンプレートを表示

歴代君主を輩出してきたブーサイード朝1749年からオマーンを支配しており、現在のスルターンであるハイサム・ビン・ターリク・アール=サイード2020年1月11日からその地位にある[1][2]

継承法の改定編集

2020年1月11日、新しいスルタンであるハイサム・ビン・ターリクは、国家の基本法を変更し、将来的な継承の安定化を目的として手続きを図式化した[3]

改定に基づき、継承権1位は法定推定相続人となるスルターンの長男となる。死去などによりスルターンの長男がもう存在しない場合、継承権1位はその長男(スルターンの孫)に移る。法定推定相続人に男子がいない場合、継承権は兄弟の長男に移される。法定推定相続人に兄弟がいない場合、継承権は長幼の序に従い、兄弟の長男の男子に移る。

法定推定相続人に兄弟が存在しない場合、継承法第2条の規定により、継承権は(父方の)叔父とその男子に移る。状態。また、推定相続人はムスリムで、オマーンのムスリムである両親から生まれた嫡出の男子でなければならないとも定められた。

継承法第3条では、21歳未満の者に権力の移転が行われる場合、スルターンの権限は、先代スルターンの意思によって任命された信託理事会によって代行される。事情によりスルターンの死去の前に信託理事会が任命されなかった場合、先代スルターンの兄弟から1人、従兄弟からの2人の計3人で構成される王室評議会が信託理事会を任命する。信託理事会の制度は勅令で定める。

第7条では、法定推定相続人の任命時に王室政令により、法定推定相続人に割り当てられる権限と特権および義務を引き継ぐことが規定されている。法定推定相続人は、その特権と義務を行使する前に、スルターンの前で宣誓するものとする。

第8条では、スルターンが一時的にその権限を行使することができない場合、法定推定相続人がその権限を代行するとしている。

この継承法に基づき、ハイサム・ビン・ターリクの長男であるディ・ヤザン・ビン・ハイサム英語版が法定推定相続人に指名された[4]

出典編集