メインメニューを開く

オメイサウルス中華人民共和国四川省で発見された中生代ジュラ紀中期の竜脚類の一種。体長15メートル~20メートル。名前は発見地の峨眉山(Mount Emei/Omei)にちなむ。

オメイサウルス
Cityplaza dinosaur fossil.JPG
Omeisaurus tianfuensisの骨格(香港での展示)
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 竜脚形亜目
Sauropodomorpha
下目 : 竜脚下目 Sauropoda
: マメンチサウルス科
Mamenchisauridae
: オメイサウルス
Omeisaurus
  • O. junghsiensis
  • O. changshouensis
  • O. fuxiensis
  • O. luoquanensis
  • O. maoianus
  • O. tianfuensis

オメイサウルスはマメンチサウルスには及ばないものの、非常に長い首を持つ(全長に占める首の割合はマメンチサウルスよりも大きいとされる)。またオメイサウルスの最たる特徴として、アンキロサウルス科と同様の「尾の先端についた骨質のハンマー」が挙げられる。竜脚類で他にこのような特徴を持つものはなく、非常に特殊な進化をしたと考えられている。