メインメニューを開く

オラニア

南アフリカの白人居住地

オラニアアフリカーンス語: Orania)は、南アフリカ共和国北ケープ州にある都市。

オラニア
Orania
オラニア市の上空写真
オラニア市の上空写真
位置
オラニアの位置(北ケープ州内)
オラニア
オラニア (北ケープ州)
オラニアの位置(南アフリカ共和国内)
オラニア
オラニア (南アフリカ共和国)
座標 : 南緯29度48分51.6秒 東経24度24分35.5秒 / 南緯29.814333度 東経24.409861度 / -29.814333; 24.409861
行政
 南アフリカ共和国
  北ケープ州
  ピクスリー・カ・セメ郡英語版
 市 オラニア
人口
人口 2011年現在)
  市域 892人
その他
等時帯 南アフリカ標準時 (UTC+2)

アパルトヘイト廃止後唯一、南アフリカ国内でオランダ白人アフリカーナー)のみで構成された街として知られる。

目次

概要編集

元は1960〜70年代に建設労働者の集落として形成された街である。

現在の「オラニア」としての歴史は、1990年にカレル・ボショフ英語版ヘンドリック・フルウールト南アフリカ首相の娘婿)を初めとする11のアフリカーナーの家族たちがこの周辺の土地を購入し移住したのが始まりである。

現在でも市内ではアフリカーンス語のみが用いられ、地域通貨が流通している。治安も南アフリカ他都市に比べはるかに良好とされる。市民たちは「黒人を差別するためではなく、アフリカーナーの文化を守るためにここに住んでいる」としている。

政治編集

アフリカーナーを支持基盤とする政党「自由戦線プラス英語版」が選挙のたびに地滑り的大勝を収めている。

出典編集

関連項目編集

  • アフリカーナー
  • ボーア人国家アフリカーンス語版英語版(Volkstaat) - アパルトヘイト末期から始まったアフリカーナー(ボーア人)の運動のひとつで、南アフリカ国内におけるアフリカーナー(ボーア人)自治区の設置、もしくは黒人国家となった南アフリカ共和国からの分離独立を目的とする。オラニアの建設も、この構想の影響を受けている。

外部リンク編集