メインメニューを開く

オリエンタルエアブリッジ

日本の長崎県の航空会社

オリエンタルエアブリッジ株式会社(略称 : ORC)は、長崎空港を拠点とする日本航空会社である。

オリエンタルエアブリッジ
ORIENTAL AIR BRIDGE CO.,LTD (ORC)
Orclogo3.jpg
IATA
OC
ICAO
ORC
コールサイン
ORIENTAL BRIDGE
法人番号 9310001008713
設立 1961年6月12日
(長崎航空として)
ハブ空港 長崎空港
保有機材数 4機(2018年12月現在)
就航地 7都市(2018年12月現在)
本拠地 長崎県大村市箕島町
代表者 代表取締役社長 小澤美良
外部リンク https://www.orc-air.co.jp/
テンプレートを表示
オリエンタルエアブリッジ株式会社
ORIENTAL AIR BRIDGE CO.,LTD
Orclogo3.jpg
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 ORC
本社所在地 日本の旗 日本
856-0816
長崎県大村市箕島町593-2
設立 1961年6月12日
業種 空運業
法人番号 9310001008713
事業内容 国内定期航空運送事業
航空機の受託運航および整備業務
航空機使用事業
代表者 代表取締役社長 小澤美良
資本金 10億7200万円
従業員数 96名(2016年9月1日現在)
主要株主 長崎空港ビル28.8%
長崎県 11.0%
九州ガス5.6%
親和銀行 4.8%
十八銀行 4.8%
ANAホールディングス 4.7%
長崎銀行 3.0%
西日本商事 3.0%
主要子会社 ORCエアサービス
外部リンク https://www.orc-air.co.jp/
特記事項:会社基礎情報等は、業務提携時の全日本空輸資料から。
テンプレートを表示

目次

概要編集

 
長崎空港にあるORCの手続き所

1961年長崎県などが出資する第三セクターの航空会社長崎航空として設立され、長崎県内の離島空港と長崎、福岡間を定期運航してきた。1990年代末から、従来は県OBが就任していた社長職に民間の航空関係者を招き入れる、県の出資割合を減らすなどの経営改善策を進め、2001年3月1日に社名をオリエンタルエアブリッジに変更した。

同時期にそれまでの機材より大型で就航率が高い新機材 (DHC-8-200 (DASH 8)) を導入した。その後は長崎 - 五島福江対馬宮崎鹿児島線などを開設する一方で、福岡路線や小型機材を使用していた上五島小値賀線は廃止又は休止した。

ICAOの航空会社コードは長崎航空時代から続くNGKであったが、現在ではORC

設立以来、航空機使用事業・航空機運航受託事業を行っており、測量・航空写真撮影等のほか、長崎県の漁業取締航空機のチャーター運航や防災ヘリコプター受託運航等、第三セクター企業として行政需要に応えた業務展開を図ってきた。航空機使用事業については1999年エス・ジー・シー佐賀航空に事業譲渡して大幅に縮小しているが、長崎県の防災ヘリコプター受託運航については現在も継続している。

 
ボンバルディア DHC-8-Q200

2016年になり国土交通省内に持続可能な地域航空のあり方に関する研究会(座長竹内健蔵東京女子大学教授)が設置され、議事進行の過程において、ANAウイングスが運用しているDHC-8-Q400をリース導入し、福岡 - 宮崎線の開設を明らかにした[1]

2017年10月、ANAウイングス機材であるQ400を使用して福岡 - 宮崎線を開設。福岡 - 五島福江線の一部もQ400で運航開始。なお、Q400の乗務員はORCではあるが、ANAウイングスとの共通事業機でANAの塗装となる。そして、特定の機体番号の機材を集中的に使用するわけではない。またORC塗装のQ400も存在しない。

沿革編集

機材編集

 
ボンバルディア DHC-8-Q200

ターボプロップ機を2機保有している。通常、2機稼働のスケジュールとなっており、予備機がない為、年に数回、整備点検などにより、運航便が欠航になる場合がある[7]

保有している2機は2019年2020年に構造寿命を迎え、2016年には更新機材の方針を決定する必要があるが、現行機種はボンバルディア・エアロスペースで既に製造が終了している。更新機材の候補として、2013年12月11日にはATR社製・ATR 42に絞り、導入検討が進められている[9]、壱岐空港の滑走路設備の都合上、ANA系列後継機候補のQ400では定員を大幅に減らしての運用が必要となる為[10]、空港設備を運営する行政との間で重量制限したQ400か、滑走路延長か、パイロット・整備士を養成してJAL系列で使用しているATR42を導入するかなどの案で交渉が続いていて[11]、これに合わせ国交省「持続可能な地域航空のあり方に関する研究会」での議論を元にJAC天草エアラインで先行しているATR42での共通運用を礎に同社も合流して九州地区の地域航空会社3社が系列を超えて、機材の統一化、運航・整備業務の共同化を先行して模索することを国交省航空局が2018年12月18日に報告書を提出している[12]

しかしながらいずれの話も具体的な動きがなく、地元紙の長崎新聞は当面のつなぎとして中古のDHC-8-Q200型機を調達するとの記事を掲載した[13]。あわせて2018年度末でのJA801Bの退役も報じたが、現時点ではJA801Bの退役も中古機材の導入も行われていない。

ANAウイングスとの共通事業機としてDHC-8-Q400を導入し、その後ANAウイングスからのリースに切り替え、2018年現在2機運行中[14][15]。リース機扱いではあるが、特定の機体番号の機材が集中してORCで運用されるわけではない。また、通常は後述就航空港設備などの問題もあり自社機は長崎県内路線、リース機は県外路線をそれぞれ主に運航している。

自社機材不具合による欠航が発生した場合、Q400による臨時便運航が就航する場合がある。なお、自社就航地の壱岐空港は滑走路長が1,200mでANAウィングスQ400では安全運用制限によって大幅な旅客定員減を伴うため、基本臨時便運用はされない。

退役機材編集

  • 航空機使用事業用
    • セスナTU206
    • セスナ172
    • 航空機使用事業用の機材は、測量・航空写真撮影等のほか、長崎県の漁業取締航空機としてのチャーター運航にも使用された。1999年以降は、事業譲渡に伴ってエス・ジー・シー佐賀航空に移管されている。エス・ジー・シー佐賀航空も長崎空港内に長崎支店を開設し、漁業取締航空機運航等に対応している。

就航路線編集

2018年10月28日現在。福岡-五島福江線の一部と福岡-宮崎線を除く全便がORCの機材・乗務員を用いるANAとのコードシェア便。福岡-五島福江線の一部と福岡-宮崎線の全便はANAウイングスの機材・ORCの乗務員を用いるANAとのコードシェア便。

長崎県内空港就航路線は主に自社機運用のため、曜日によって運航便数、時間が変更になることがある。

2018年10月28日現在、ORCの就航地で長崎県外にある空港は福岡空港、宮崎空港、小松空港である。

運航・整備受託業務編集

その他編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集