オリオン座デルタ星

オリオン座δ星は、オリオン座恒星で2等星。オリオン座の「三つ星」と呼ばれる恒星の中で最も西に位置する。

オリオン座δ星[1]
Delta Orionis
オリオンの三ツ星、右上の星がδ星
オリオンの三ツ星、右上の星がδ星
星座 オリオン座
見かけの等級 (mv) 2.23[2]
2.20 - 2.32(変光)[3]
2.41 (Aa) / 3.76 (Ab)[4]
変光星型 アルゴル型変光星[1]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α)  05h 32m 00.40009s[1]
赤緯 (Dec, δ) −00° 17′ 56.7424″[1]
赤方偏移 0.000062[1]
視線速度 (Rv) 18.50km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: 0.64 ミリ秒/年[1]
赤緯: -0.69 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 4.71±0.58[5]
Orion IAU.svg
Cercle rouge 100%.svg
δ星の位置
物理的性質
スペクトル分類 O9.5II(Aa1)/B1V(Aa2)/B0IV(Ab)[6]
色指数 (B-V) -0.22[2]
色指数 (U-B) -1.05[2]
色指数 (R-I) -0.22[2]
他のカタログでの名称
オリオン座34番星[1]
BD -00 983[1]
FK5 206[1]
HD 36486[1]
HIP 25930[1]
HR 1852[1]
SAO 132220[1]
WDS J05320-0018A[1]
Template (ノート 解説) ■Project
オリオン座δ星B[7]
見かけの等級 (mv) 14.0[7]
位置
元期:J2000.0[7]
赤経 (RA, α)  05h 31m 58.7429520991s[7]
赤緯 (Dec, δ) −00° 18′ 18.746218247″[7]
固有運動 (μ) 赤経: -3.535 ミリ秒/年[7]
赤緯: -2.090 ミリ秒/年[7]
年周視差 (π) 3.4531 ± 0.0767ミリ秒[7]
他のカタログでの名称
BD -00 983B[7]
Gaia DR2 3220756809465268352[7]
WDS J05320-0018B[7]
Template (ノート 解説) ■Project
オリオン座δ星C[8]
見かけの等級 (mv) 6.83[8]
位置
元期:J2000.0[8]
赤経 (RA, α)  05h 32m 00.4062922775s[8]
赤緯 (Dec, δ) −00° 17′ 04.345829128″[8]
固有運動 (μ) 赤経: 1.635 ミリ秒/年[8]
赤緯: -1.762 ミリ秒/年[8]
年周視差 (π) 2.5727 ± 0.0767ミリ秒[8]
物理的性質
スペクトル分類 B2Vsn [8]
色指数 (B-V) -0.16[9]
色指数 (U-B) -0.71[9]
他のカタログでの名称
オリオン座34番星C[8]
BD -00 982[8]
HD 36485[8], HR 1851[8]
SAO 132221[8]
WDS J05320-0018C[8]
Template (ノート 解説) ■Project

特徴編集

ほぼ天の赤道上にあるので、ほぼ真東からのぼり、ほぼ真西に沈む。

5つ以上の星からなる多重連星系と考えられている。δ星Aは三重連星で、5.732日の周期で周回するAa1とAa2からなるAa星系の周囲をAbが346年以上の周期で周回している[6]。A星は、Aa1とAa2が互いに掩蔽し合うことで変光するアルゴル型変光星に分類される[1]。この他に、δ星BとB型主系列星のδ星Cが存在する。

位置天文衛星ヒッパルコスによる観測結果では、太陽系から約690光年(約212パーセク)の位置にあるとされるが、δ星系が属すると考えられているオリオン座OBアソシエーションの他の恒星は約1,240光年(約380パーセク)以上の距離にあると考えられており、正確な距離はわかっていない[6]。また、2018年に公開されたガイア計画の第2期データでは、δ星Bは約1270光年、δ星Cは約940光年の距離にあるとされており、この数値が正しければC星は連星系を成していない可能性が高い[7][8]

以下の表は、太陽系からの距離を約1240光年とした場合のδA星系のパラメータである[6]

指標 構成要素
Aa1 Aa2 Ab
スペクトル型 O9.5II B1V B0IV
絶対等級 -5.74 ± 0.13 -3.0 ± 0.5 -4.5 ± 0.4
質量 (M) 24 +10
−8
8.4 22.5 +24
−14
半径 (R) 16.5 ± 1 6.5 +2
−1.5
10.4 ±2
光度 (L) 190,000 (105.28) 16,000 (104.2) 63,000 (104.8)
表面温度 (K) 29,500 ± 500 25,600 ± 3,000 28,400 ± 1,500

名称編集

学名はδ Orionis (略称はδ Ori) 。固有名ミンタカ (Mintaka) の由来は、アラビア語で「ジャウザーの帯」という意味の「ミンタカ・アル=ジャウザー」 ( منطقة الجوزاء Minṭaqa al-Jawzā) (منطقة Minṭaqa 帯・ベルト)を語源としている[10]。2016年7月20日、国際天文学連合の恒星の固有名に関するワーキンググループは、Mintaka をオリオン座δ星Aaの固有名として正式に承認した[11]

10世紀に活躍した天文学者アブドゥッラフマーン・スーフィーの『星座の書 ( Kitāb Ṣuwar al-Kawākib ) 』では、「ジャッバール (al-Jabbār 巨人) すなわちジャウザーの星座」 (kawākib al-Jawzā') は37の星から成り立っており、そのうち第26星、第27星、第28星がオリオン座の三ツ星に当たるとしている。この三ツ星に対して、「ジャウザーの帯」という意味のミンタカ・アル=ジャウザー ( منطقة الجوزاء Minṭaqa al-Jawzā' ) やニターク・アル=ジャウザー ( نطاق الجوزاء Niṭāq al-Jawzā') 、またはニザーム ( النظام al-Niẓām 真珠の紐、首飾り) 」、ナズム ( النَظم al-Naẓm) 、ナズム・アル=ジャウザー ( نَظم الجوزاء Naẓm al-Jawzā' ジャウザーの真珠の紐、首飾り) 、ファカール・アル=ジャウザー ( فقار الجوزاء Faqār al-Jawzā' ジャウザーの背骨) などの呼び名を伝えている[12]。このうち現在のδ星にあたるのは第26星であり、「帯にある明るい三ツ星のうち、一番前のもので、2等星である」と説明されている[12]

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r Results for * del Ori”. SIMBAD Astronomical Database. CDS. 2019年11月26日閲覧。
  2. ^ a b c d Hoffleit, D.; Warren, W. H., Jr. (1995-11). “Bright Star Catalogue, 5th Revised Ed.”. VizieR On-line Data Catalog: V/50. Bibcode1995yCat.5050....0H. http://vizier.u-strasbg.fr/viz-bin/VizieR-5?-ref=VIZ5a76628e9487&-out.add=.&-source=V/50/catalog&recno=1852. 
  3. ^ del Ori”. The International Variable Star Index. AAVSO. 2019年11月26日閲覧。
  4. ^ Mason, Brian D. et al. (2001). “The 2001 US Naval Observatory Double Star CD-ROM. I. The Washington Double Star Catalog”. The Astronomical Journal 122 (6): 3466–3471. Bibcode2001AJ....122.3466M. doi:10.1086/323920. ISSN 00046256. http://vizier.u-strasbg.fr/viz-bin/VizieR-5?-ref=VIZ5ddd07582898&-out.add=.&-source=B/wds/wds&recno=28204. 
  5. ^ van Leeuwen, F. (2007). “Validation of the new Hipparcos reduction”. Astronomy and Astrophysics 474 (2): 653-664. arXiv:0708.1752. Bibcode2007A&A...474..653V. doi:10.1051/0004-6361:20078357. ISSN 0004-6361. http://webviz.u-strasbg.fr/viz-bin/VizieR-5?-out.add=.&-source=I/311/hip2&recno=25863. 
  6. ^ a b c d Shenar, T. et al. (2015). “A Coordinated X-Ray and Optical Campaign of the Nearest Massive Eclipsing Binary, δ Orionis Aa. IV. A Multiwavelength, Non-LTE Spectroscopic Analysis”. The Astrophysical Journal 809 (2): 135. arXiv:1503.03476. Bibcode2015ApJ...809..135S. doi:10.1088/0004-637X/809/2/135. ISSN 1538-4357. 
  7. ^ a b c d e f g h i j k l Results for * del Ori B”. SIMBAD Astronomical Database. CDS. 2019年11月26日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p Results for * del Ori C”. SIMBAD Astronomical Database. CDS. 2019年11月26日閲覧。
  9. ^ a b Hoffleit, D.; Warren, W. H., Jr. (1995-11). “Bright Star Catalogue, 5th Revised Ed.”. VizieR On-line Data Catalog: V/50. Bibcode1995yCat.5050....0H. http://vizier.u-strasbg.fr/viz-bin/VizieR-5?-ref=VIZ5a76628e9487&-out.add=.&-source=V/50/catalog&recno=1851. 
  10. ^ Paul Kunitzsch; Tim Smart (2006). A Dictionary of Modern star Names: A Short Guide to 254 Star Names and Their Derivations. Sky Pub. Corp.. p. 46. ISBN 978-1-931559-44-7 
  11. ^ IAU Catalog of Star Names”. 国際天文学連合. 2016年12月15日閲覧。
  12. ^ a b 鈴木孝典「アブドゥッラハマーン・スーフィーの『星座の書』における「オリオン座」および「おおいぬ座」・「こいぬ座」の記述」『東海大学文明研究所紀要』第13号、東海大学、1993年、 125-126頁、 NAID 110000195755

関連項目編集

外部リンク編集