オリオ (サド・ジョーンズのアルバム)

サド・ジョーンズのアルバム

オリオ』(Olio) は、トランペット奏者のサド・ジョーンズが名義上のリーダーであったプレスティッジ・オール・スターズ (the Prestige All Stars) によって1957年に録音され、同年中にプレスティッジ・レコードからリリースされたアルバム[2]。名義上は別として、テディ・チャールズ英語版を中心とするアルバムと考えられている[3]

オリオ
サド・ジョーンズ/プレスティッジ・オール・スターズスタジオ・アルバム
リリース
録音 1957年2月16日
ヴァン・ゲルダー・スタジオ
ニュージャージー州ハッケンサック
ジャンル ジャズ
時間
レーベル プレスティッジ PR 7084
プロデュース テディ・チャールズ
サド・ジョーンズ アルバム 年表
The Jones Boys
(1957年)
Olio
(1957年)
After Hours
(1957年)
テンプレートを表示
専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典評価
Allmusic4/5stars[1]

評価編集

オールミュージック (Allmusic) のレビューでスコット・ヤナウは、このアルバムについて「このアルバムはレギュラーに組まれているグループによるものではなく、また、明確なリーダーがいるとも言い切れないのだが、その音楽は、通常のジャム・セッションの水準より高い。挑戦的な素材に、若く偉大なメンバーが質の高い演奏を展開する本作は、モダンなメインストリームのセットとしては極めて曖昧模糊としたものだが、探求的に聴き込む価値がある」と述べている[1]

トラックリスト編集

全作曲: 特記のない限り、テディ・チャールズ
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「ポプリ (Potpourri)」(マル・ウォルドロン) 特記のない限り、テディ・チャールズ
2.「ブルース・ウィズアウト・ウォー (Blues Without Woe)」 特記のない限り、テディ・チャールズ
3.「トゥシェ (Touché)」(マル・ウォルドロン) 特記のない限り、テディ・チャールズ
4.「ダカール (Dakar)」 特記のない限り、テディ・チャールズ
5.エンブレイサブル・ユー (Embraceable You)」(ジョージ・ガーシュウィンアイラ・ガーシュウィン) 特記のない限り、テディ・チャールズ
6.「ハロー・フリスコ (Hello Frisco)」 特記のない限り、テディ・チャールズ

パーソネル編集

制作編集

脚注編集

  1. ^ a b Yanow, S.. “Various Artists / Olio”. Allmusic. 2013年1月24日閲覧。 “Although this was not a regular group and there is not an obvious leader, the music is on a higher level than that of a routine jam session. The challenging material and the high quality playing of the young greats makes this fairly obscure modern mainstream set well worth exploring”
  2. ^ Prestige Records discography accessed January 24, 2013
  3. ^ オリオ Prestige All-Stars”. タワーレコード. 2020年6月29日閲覧。