オリビエ・グルイヤール

オリビエ・グルイヤールOlivier Grouillard1958年9月2日 - )は、フランスの元レーシングドライバー。1989年から1992年にF1世界選手権へ出走していた。

オリビエ・グルイヤール
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 同・トゥールーズ
生年月日 (1958-09-02) 1958年9月2日(63歳)
F1での経歴
活動時期 1989-1992
所属チーム '89 リジェ
'90 オゼッラ
'91 フォンドメタル
'91 AGS
'92 ティレル
出走回数 41
タイトル 0
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 1
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初勝利 -
最終勝利 -
最終戦 1992年オーストラリアGP
テンプレートを表示

経歴編集

初期の経歴編集

1981年よりレース活動を開始、多くのドライバーが幼少・少年期頃からレース活動を始めるのに対し、この時点で既に23歳と遅めのスタートだった。レース活動開始年齢が遅い理由は同国の先輩であるアラン・プロストと似ており、少年期からサッカー選手を目指していたためであった。

1983年、フランスF3でランキング4位と頭角を現し、1984年にオレカチームのマルティニ・MK39 アルファロメオを駆りフランスF3チャンピオンを獲得。

1985年、F3時代から所属するオレカチームより国際F3000選手権にステップアップ。1988年の国際F3000選手権で3度のポール・ポジションを獲得、決勝レースでもシーズン2勝を挙げランキング2位を獲得。F3000に4年参戦することになったが、この年の活躍により母国フランスのチームリジェから声がかかりF1にたどり着いた。

F1編集

1989年

リジェ・JS33をドライブ。予選落ちも4度喫するなど下位グリッドに埋もれることも多かったが、ベテランのチームメイトルネ・アルヌーを予選成績で12勝4敗と圧倒し、時折10位・11位等の好グリッドにも付けていた。

決勝でも4度のシングルフィニッシュを記録し、うち第7戦フランスGPでは6位入賞。最終的には、これがF1キャリア唯一の入賞となった。

1990年

1カー体制となったオゼッラに移籍。オゼッラはイタリアの小規模プライベイトチームであり2回の予備予選落ち・5度の予選落ちを喫したが、過半数は決勝まで進出。特に開幕戦アメリカGPでオゼッラでは驚異的ともいえる8番手グリッドにつけファンや関係者の目をひいた。

決勝では、第5戦カナダGP・最終戦オーストラリアGPでの13位が最高位となった。

1991年

1991年も、フォンドメタルに改称した旧オゼッラチームから出走。予備予選の突破も困難な状況となったが、初めて予備予選を突破した第6戦メキシコGPでは、予選10位の好グリッドで決勝に進出[1]

第7戦フランスGPでも2戦連続の予選突破を果たすなど、第13戦ポルトガルGP終了時点で、計4度[2]決勝に進出(決勝最高位は20位)していたが、ポルトガルGP後に突然契約解除され、チームは後任としてガブリエル・タルキーニを加入させた。

一方的に放出されたグルイヤールは、チームに見解を求めるも取り合って貰えず、第14戦スペインGPには、それまでタルキーニが在籍していたAGSから参戦するも予備予選不通過に終わる。AGSは深刻な資金不足に陥っており、そのレース限りでF1撤退した為、結局AGSからの参戦はこの1戦のみとなった。

1992年

イギリスの名門ティレルのレギュラーシート獲得に成功する。ティレルは前年に使用したホンダエンジンや中嶋悟ステファノ・モデナの両ドライバーとも失うという転換期であったが、グルイヤールにとってはそれまでより上位チームからのF1参戦が実現。 マシンはエンジンをイルモアエンジンに乗せ換えた020Bシャシーであったが、ホンダV10エンジンよりもイルモアエンジンが軽量だったことが駆動系の負担を減らし、シャシーバランスが良化していた。開幕戦南アフリカGPで予選12位につけ、雨の第4戦スペインGPで一時5位に浮上する等(最終的にはリタイヤ)、見せ場も皆無ではなかったがチームメイトとなったアンドレア・デ・チェザリスに対し、予選では2勝14敗。決勝でもデ・チェザリスが8ポイントを稼ぎ、チームをコンストラクターズ選手権6位に導いたのに対し、グルイヤールは第5戦サンマリノGPでの8位が最高位でノーポイントに終わった。リタイヤも終盤の7戦連続を含め計12度記録し、速さ・安定性ともデ・チェザリスの影に隠れる結果となった。最後のF1出走となった第16戦オーストラリアGPではスタート直後にピエルルイジ・マルティニジョニー・ハーバートを巻き込みクラッシュしリタイアに終わる。これ以後F1シートを得ることは無かった。

F1以後編集

F1を去った後は、CARTFIA GT選手権など様々なカテゴリーを転々とした。

全日本GT選手権にも出場経験があり、1996年のオールスター戦にTOYOTA TEAM SARDのデンソーサードスープラGTで出場し、翌1997年の開幕戦にも同チームから出場し2位を獲得した。しかし第2戦からは谷川達也に交代し、以降は参戦していない。

レース戦績編集

国際F3000選手権編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 順位 ポイント
1985年 オレカ・モータースポーツ SIL THR
8
EST
6
NÜR VLL
4
PAU
4
SPA
Ret
DIJ
7
PER
8
ÖST
8
ZAN DON 12位 7
1986年 Hotz-Formula Team Ltd. SIL VLL PAU SPA IMO MUG
4
PER ÖST
6
BIR
Ret
BUG JAR
9
16位 4
1987年 オレカ・モータースポーツ SIL
7
VLL
Ret
SPA
DNQ
PAU
4
DON
12
PER
Ret
BRH
15
BIR
6
IMO
Ret
BUG
Ret
JAR
Ret
17位 4
1988年 GBDAモータースポーツ JER
5
VLL
3
PAU
Ret
SIL
Ret
MNZ
Ret
PER
2
BRH
Ret
BIR
DNS
BUG
1
ZOL
1
DIJ
3
2位 34

F1編集

所属チーム エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC ポイント
1989年 リジェ フォード V8 BRA
9
SMR
DSQ
MON
Ret
MEX
8
USA
DNQ
CAN
DNQ
FRA
6
GBR
7
GER
Ret
HUN
DNQ
BEL
13
ITA
Ret
POR
DNQ
ESP
Ret
JPN
Ret
AUS
Ret
26位 1
1990年 オゼッラ フォード V8 USA
Ret
BRA
Ret
SMR
Ret
MON
DNQ
CAN
13
MEX
19
FRA
DNPQ
GBR
DNQ
GER
DNQ
HUN
DNPQ
BEL
16
ITA
Ret
POR
DNQ
ESP
Ret
JPN
DNQ
AUS
13
31位
(NC)
0
1991年 フォンドメタル フォード V8 USA
DNPQ
BRA
DNPQ
SMR
DNPQ
MON
DNPQ
CAN
DNPQ
MEX
Ret
FRA
Ret
GBR
DNPQ
GER
DNPQ
HUN
DNQ
BEL
10
ITA
Ret
POR
DNPQ
34位
(NC)
0
AGS フォード V8 ESP
DNPQ
JPN
AUS
1992年 ティレル イルモア V10 RSA
Ret
MEX
Ret
BRA
Ret
ESP
Ret
SMR
8
MON
Ret
CAN
12
FRA
11
GBR
11
GER
Ret
HUN
Ret
BEL
Ret
ITA
Ret
POR
Ret
JPN
Ret
AUS
Ret
24位
(NC)
0

全日本GT選手権編集

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 順位 ポイント
1997年 TOYOTA TEAM SARD トヨタ・スープラ GT500 SUZ
2
FSW SEN FSW MIN SUG 14位 15

ル・マン24時間レース編集

チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス 周回 総合順位 クラス順位
1990年   NISMO   ケニー・アチソン
  マーティン・ドネリー
日産・R90CK C1 0 DNS DNS
1994年   ジャカディ・レーシング   ミシェル・フェルテ
  ミシェル・ヌーガルテン
ベンチュリ―・600LM GT1 107 DNF DNF
1995年   ジロー・レーシング・チーム   ファビアン・ジロー
  ジャン=ドニ・デルトラズ
マクラーレン・F1 GTR GT1 290 5位 4位
1996年   ハロッズ マック・ワン・レーシング
  デビッド・プライス・レーシング
  アンディ・ウォレス
  デレック・ベル
GT1 296 6位 5位
1997年   クラージュ・コンペティション   マリオ・アンドレッティ
  マイケル・アンドレッティ
クラージュ・C36-ポルシェ LMP 197 DNF DNF
1998年   アンリ・ペスカロロ
  フランク・モンタニー
LMP1 304 15位 4位
2000年   ペスカロロ・スポール   セバスチャン・ボーデ
  エマニュエル・クレリコ
クラージュ・C52-プジョー LMP900 344 4位 4位

エピソード編集

周回遅れの時にも優勝争いやポイント争いをしているドライバーに進路を譲らない事から、上位ドライバーからはよく怒りのポーズを掲げられることがあった[3]。また弱小チームに所属していたためマシンの完走能力が低い場合が多く、コース上にオイルスモークを撒き散らすシーンが見られ、頻繁に後続車に迷惑を掛けた。日本でのテレビ中継ではこうした様子に対して、実況担当の古舘伊知郎が「周回遅れの天才ブロッカー」や「ミラーを見ない男」「妖怪油すまし」「F1界のヘビースモーカー」、「かつてのチームメイトであったルネ・アルヌー譲りの荒く強引で一人よがりのドライビング」、「一度速いマシンに乗せてみたいドライバーの1人」、「チームメイトのデ・チェザリスはかつての壊し屋、グルイヤールは現在の壊し屋」などと誇張し揶揄された。

予選中に走行ラインが交錯した問題でグルイヤールのピットにどなりこんできたナイジェル・マンセルの胸ぐらを逆に掴みかえした唯一の男でもある。また鈴鹿サーキットホテルの大浴場がお気に入りで、毎回鈴鹿での日本GPを楽しみにしていたという。

注釈編集

  1. ^ ただし、決勝ではスタート前のエンストで最後尾に回され、グリッドをフイにしている。
  2. ^ 予選進出は、その4度に第11戦ベルギーGPを加えた5度。
  3. ^ Formula One Rejects 『The "What Mirrors?" Award 3. Olivier Grouillard』の項目

関連項目編集