オリンピアコスBC

オリンピアコスBCギリシア語: ΚΑΕ Ολυμπιακός Σ.Φ.Π., 英語: Olympiacos B.C.)は、ギリシャの都市ピレウスにホームを置くバスケットボールクラブであり、現在トップチームはユーロリーグのみでプレーし、リザーブチームのオリンピアコスBC Bデベロップメント・チームが国内でプレーするチームとなった。総合スポーツクラブのオリンピアコスCFPの一部であり、ホームアリーナは、ピレウスにあるピース&フレンドシップ・スタジアムである。

オリンピアコス
ΚΑΕ Ολυμπιακός Σ.Φ.Π.
愛称 Thrylos (The Legend)
Erythrolefki (The Red-Whites)
Kokkini (The Reds)
所属リーグ ユーロリーグ
創設年 1931
本拠地 ピレウス
アリーナ ピース&フレンドシップ・スタジアム
収容人数 12,000[1][2][3][4]
チームカラー 赤、白
   
代表者 パナギオティス・アンゲロプーロス
ヘッドコーチ ゲオルギオス・バルツォカス
優勝歴 3 ユーロリーグ
1 FIBAインターコンチネンタルカップ
12 ギリシャ・バスケットリーグ
9 ギリシャカップ
1 三冠
公式サイト olympiacosbc.gr
Kit body olympiacosbc2021t.png
Thirdのジャージ
Kit shorts olympiacosbc2021t.png
チームカラー
Third
テンプレートを表示

概要編集

アリーナ編集

オリンピアコスBCのホームアリーナは、アテネピレウスにあるピース&フレンドシップ・スタジアムΣτάδιο Ειρήνης και Φιλίας)である。通称SEF(ΣΕΦ)。オリンピアコスFCのホームスタジアムであるカライスカキス・スタジアムの反対側にある。1985年に完成し、オリンピアコスBCは1991年からホームアリーナとして利用している。ヨーロッパでは最も大きなアリーナの一つで、座席は14,950席あった。しかし、近年オリンピアコスマッチの為に12,171席まで減らされた。2004年アテネオリンピックのバレーボール会場、1987年ユーロバスケット1998年バスケットボール世界選手権のメインアリーナとして利用された。2004年アテネオリンピックの為に一度改築されている。

主要歴代所属選手編集

ポイントガード
シューティングガード
スモールフォワード
パワーフォワード
センター

タイトル編集

国内タイトル編集

  • ギリシャリーグ:12回
    • 1948–49, 1959–60, 1975–76, 1977–78, 1992–93, 1993–94, 1994–95, 1995–96, 1996–97, 2011–12, 2014–15, 2015–16
  • ギリシャカップ:9回
    • 1975–76, 1976–77, 1977–78, 1979–80, 1993–94, 1996–97, 2001–02, 2009–10, 2010–11

ユーロリーグ編集

ファイナル開催地 優勝チーム 準優勝チーム スコア 備考
1996-97   ローマ   オリンピアコスBC   FCバルセロナ 73-58
2011-12   イスタンブール   オリンピアコスBC   CSKAモスクワ 62-61
2012-13   ロンドン   オリンピアコスBC   レアル・マドリード 100–88

脚注編集

外部リンク編集