メインメニューを開く

オリンピックのウエイトリフティング競技

ウエイトリフティング

オリンピックのウエイトリフティング競技(オリンピックのウエイトリフティングきょうぎ)は、1896年の第1回アテネオリンピックから男子のみ実施された。1900年パリオリンピックでは実施が見送られ、1904年セントルイスオリンピックで再度実施されたものの、1908年ロンドンオリンピックでは再び実施が見送られた。当時は体操競技の一部として捉えられ体重別の階級もなかったが、1920年アントワープオリンピックからオリンピックに復帰し、ウエイトリフティング競技として単独で実施されるとともに階級も整備され現在に至る。2000年シドニーオリンピックからは女子種目も追加され、階級の名称も「ヘビー級」や「ミドル級」などから「105 kg超級」、「77 kg級」などへ正式に改められた。2017年6月9日IOC理事会はドーピング多発によりウエイトリフティングの2024年夏季オリンピック(のちのパリオリンピック)からの排除を検討していたが条件つき残留とした[1]。IOC会長のトーマス・バッハは排除の可能性はあることも示唆した。

種目編集

1896年アテネオリンピックと1904年セントルイスオリンピックでは体重制限のない片手ジャークと両手ジャークが実施されたが、1920年アントワープオリンピックより前述のように体重別の階級分けがなされた。1920年当初は、最重量級でも82.5 kg超であったが、徐々に大型化が進み最盛期には110 kg超、1996年のアトランタオリンピックでは10階級にまで膨らんだ。2000年シドニーオリンピックから2016年リオデジャネイロオリンピックまでは男子は8階級で実施されている。2017年6月9日IOC理事会は2020年東京オリンピックでは男子は7階級に減らすことを決定した[1]。女子は正式種目化時から7階級となっている。

男子編集

  • 56 kg級
  • 62 kg級
  • 69 kg級
  • 77 kg級
  • 85 kg級
  • 94 kg級
  • 105 kg級
  • 105 kg超級

女子編集

  • 48 kg級
  • 53 kg級
  • 58 kg級
  • 63 kg級
  • 69 kg級
  • 75 kg級
  • 75 kg超級

メダル獲得数一覧編集

順位 国・地域
1   ソビエト連邦 39 21 2 62
2   中国 34 15 8 57
3   アメリカ合衆国 16 16 11 43
4   ブルガリア 12 16 8 36
5   フランス 9 3 3 15
6   トルコ 8 1 2 11
7   イラン 7 5 6 18
8   ドイツ 6 7 7 20
9   ギリシャ 6 5 4 15
10   ポーランド 5 6 21 32
11   カザフスタン 5 5 4 14
12   イタリア 5 4 5 14
13   EUN 5 4 0 9
14   タイ 5 2 5 12
15   エジプト 5 2 4 11
16   北朝鮮 4 6 5 15
17   ロシア 3 13 10 26
18   韓国 3 4 5 12
19   オーストリア 3 4 2 9
20   チェコスロバキア 3 2 3 8
21   ウクライナ 3 2 2 7
22   ハンガリー 2 9 9 20
23   ルーマニア 2 7 5 14
24   日本 2 3 9 14
25   西ドイツ 2 2 3 7
26   コロンビア 2 2 2 6
27   チャイニーズタイペイ 2 1 5 8
28   キューバ 2 1 2 5
29   ジョージア 2 0 2 4
30   ベラルーシ 1 5 6 12
31   東ドイツ 1 4 6 11
32   エストニア 1 3 3 7
  イギリス 1 3 3 7
34   ベルギー 1 2 1 4
35   デンマーク 1 2 0 3
36   オーストラリア 1 1 2 4
37   フィンランド 1 0 2 3
38   クロアチア 1 0 1 2
39   メキシコ 1 0 0 1
  ノルウェー 1 0 0 1
  ウズベキスタン 1 0 0 1
42   インドネシア 0 5 5 10
43   アルメニア 0 2 5 7
44   スイス 0 2 2 4
45   カナダ 0 2 1 3
46   トリニダード・トバゴ 0 1 2 3
47   アルゼンチン 0 1 1 2
  ラトビア 0 1 1 2
49   レバノン 0 1 0 1
  ルクセンブルク 0 1 0 1
  ナイジェリア 0 1 0 1
  フィリピン 0 1 0 1
  シンガポール 0 1 0 1
  ベトナム 0 1 0 1
55   スウェーデン 0 0 4 4
56   オランダ 0 0 3 3
57   モルドバ 0 0 2 2
58   イラク 0 0 1 1
  インド 0 0 1 1
  カタール 0 0 1 1
  リトアニア 0 0 1 1
  ベネズエラ 0 0 1 1
  アゼルバイジャン 0 0 1 1
  スペイン 0 0 1 1
214 209 212 635

脚注編集

  1. ^ a b IOC Executive Board charts the course for future Olympic Games”. Olympic.org (2017年6月9日). 2018年11月9日閲覧。 “With regard to the inclusion of weightlifting, the Executive Board decided that this will be contingent on the International Weightlifting Federation demonstrating to the Executive Board by its meeting in December 2017 that it has addressed, or has put in place plans to address, the serious incidence of doping in the sport and ensure the integrity in this and every regard within its own and the administration of each of its member National Federations.”

関連項目編集

外部リンク編集