メインメニューを開く
ボート

オリンピックのボート競技(オリンピックのボートきょうぎ)は、男子競技は第2回パリ大会(1900年)、女子競技は第21回モントリオール大会(1976年)から採用されている。(第1回アテネ大会(1896年)でも開催が予定されていたが、悪天候のため中止)

レース編集

男性種目は2000 mが主流であるが、1900年大会 (1750 m)、1904年大会 (1.5マイル)、1906年大会(様々)、 1908年大会 (1.5マイル) 、1948年大会 (1880 m)は括弧内の距離で開催された。

女性種目は1992年大会で2000 mに変わるまで、1000 mで行われていた。

現在のように1レース6艇で競うようになったのは1936年大会からである。それまでは2~3艇程度で競われていた。

開催種目編集

Oが開催種目を示す。(14種目)WCと表された種目は、世界選手権で行われている種目である。(Oの種目は世界選手権でも行われるが、夏季オリンピックが開催される年にはWCの種目のみ行われる。)

種目 男子 軽量級男子 女子 軽量級女子
1x シングルスカル O WC O WC
2x ダブルスカル O O O O
2- 舵手なしペア O WC O
2+ 舵手つきペア WC
4x クオドルプルスカル O WC O WC
4- 舵手なしフォア O O WC
4+ 舵手つきフォア WC
8+ エイト O WC O

選考方法編集

  • 前年度の世界選手権で各種目ごとに設けられた基準順位を上回る。

というのが主な基準である。そのほかに、

  • 各地区予選(アジアアフリカラテンアメリカ)で各種目ごとに設けられた基準順位を上回る。
  • オリンピック最終予選(だれでも参加可能)で各種目ごとに設けられた基準順位を上回る。

という基準もある。

世界選手権で争われる出場資格は国に与えられるので、本大会までにクルー変更をしてもよい。その他は個人に与えられるので、変更はできない。(怪我や病気をのぞく)

メダル獲得数の国別一覧編集

順位 国・地域
1   アメリカ合衆国 (USA) 33 32 24 89
1   東ドイツ (GDR) 33 7 8 48
3   イギリス (GBR) 31 24 13 68
4   ドイツ (GER) 23 13 15 51
5   ルーマニア (ROU) 19 10 9 38
6   ソビエト連邦 (URS) 12 20 10 42
7   オーストラリア (AUS) 11 15 14 40
8   ニュージーランド (NZL) 11 4 14 29
9   イタリア (ITA) 10 14 14 38
10   カナダ (CAN) 9 17 15 41
11   フランス (FRA) 8 15 14 37
12   オランダ (NED) 7 12 12 31
13   スイス (SUI) 7 8 9 24
14   デンマーク (DEN) 7 5 12 24
15   西ドイツ (FRG) 4 4 6 14
16   東西統一ドイツ (EUA) 4 4 1 9
17   ポーランド (POL) 4 3 11 18
18   ノルウェー (NOR) 3 6 8 17
19   ブルガリア (BUL) 3 4 7 14
20   フィンランド (FIN) 3 1 3 7
21   チェコスロバキア (TCH) 2 2 7 11
22   ベラルーシ (BLR) 2 1 4 7
23   中国 (CHN) 1 4 4 9
24   クロアチア (CRO) 1 3 1 5
  チェコ (CZE) 1 3 1 5
26   スロベニア (SLO) 1 1 3 5
  ユーゴスラビア (YUG) 1 1 3 5
28   アルゼンチン (ARG) 1 1 2 4
29   南アフリカ (RSA) 1 1 1 3
  ウクライナ (UKR) 1 1 1 3
31   ロシア (RUS) 1 0 2 3
32   混合チーム (ZZX) 1 0 0 1
33   ベルギー (BEL) 0 6 2 8
34   オーストリア (AUT) 0 3 2 5
35   エストニア (EST) 0 2 1 3
36   スウェーデン (SWE) 0 2 0 2
37   ウルグアイ (URU) 0 1 3 4
38   ハンガリー (HUN) 0 1 2 3
  ギリシャ (GRE) 0 1 2 3
  リトアニア (LTU) 0 1 2 3
41   スペイン (ESP) 0 1 0 1
  アイルランド (IRL) 0 1 0 1
43   EUN (EUN) 0 0 1 1
256 256 260 772

関連項目編集

外部リンク編集