オリンピックのレスリング競技

オリンピックのレスリング競技(オリンピックのレスリングきょうぎ)は、1896年のアテネオリンピックから実施された。1900年パリオリンピックでは実施されなかったが、以降の夏季大会からは継続して実施されている。1896年当初の種目は男子グレコローマンのみで、男子フリースタイルは1904年セントルイスオリンピックから、女子フリースタイルは2004年アテネオリンピックから加わり[1]2012年ロンドンオリンピックまでにそれぞれ25回、24回、3回の大会に参加した[2]

オリンピックのレスリング競技
Wrestling pictogram.svg
統括団体 世界レスリング連合 (略称: UWW)
種目数 18 (男子 12, 女子 6)
大会

1980年のモスクワオリンピックでは、ソ連の双子の兄弟アナトリー・ベログラゾフ英語版ロシア語版セルゲイ・ベログラゾフ英語版ロシア語版が共に金メダルを獲得した[3]

実施階級編集

男子グレコローマン編集

階級/年 96 00 04 08 12 20 24 28 32 36 48 52 56 60 64 68 72 76 80 84 88 92 96 00 04 08 12 16 20 合計
ライトフライ級 7
フライ級 14
バンタム級 23
フェザー級 23
ライト級 26
ウェルター級 21
ミドル級 26
ライトヘビー級 20
ヘビー級 26
スーパーヘビー級 13
無差別級 1
種目数 1 - 0 4 5 5 6 6 7 7 8 8 8 8 8 8 10 10 10 10 10 10 10 8 7 7 7 6 6

男子フリースタイル編集

階級/年 96 00 04 08 12 20 24 28 32 36 48 52 56 60 64 68 72 76 80 84 88 92 96 00 04 08 12 16 20 合計
ライトフライ級 8
フライ級 15
バンタム級 25
フェザー級 24
ライト級 26
ウェルター級 24
ミドル級 25
ライトヘビー級 18
ヘビー級 26
スーパーヘビー級 13
種目数 0 - 7 5 0 5 7 7 7 7 8 8 8 8 8 8 10 10 10 10 10 10 10 8 7 7 7 6 6

女子フリースタイル編集

階級/年 04 08 12 16 20 合計
フライ級 5
バンタム級 5
ウェルター級 2
ミドル級 5
ライトヘビー級 2
ヘビー級 5
種目数 4 4 4 6 6

メダル獲得数の国別一覧編集

国・地域
1   ソビエト連邦 (URS) 62 31 23 116
2   アメリカ合衆国 (USA) 57 45 40 142
3   日本 (JPN) 37 22 17 76
4   ロシア (RUS) 31 14 14 59
5   トルコ (TUR) 29 18 19 66
6   スウェーデン (SWE) 28 27 31 86
7   フィンランド (FIN) 26 28 29 83
8   ハンガリー (HUN) 20 17 19 56
9   ブルガリア (BUL) 16 32 23 71
10   イラン (IRI) 11 15 21 47
11   韓国 (KOR) 11 11 14 36
12   キューバ (CUB) 11 6 10 27
13   ルーマニア (ROU) 7 8 19 34
14   イタリア (ITA) 7 4 11 22
15   EUN (EUN) 6 5 5 16
16   ドイツ (GER) 5 12 11 28
17   ポーランド (POL) 5 9 13 27
18   エストニア (EST) 5 2 4 11
19   アゼルバイジャン (AZE) 4 8 13 25
20   ウクライナ (UKR) 4 6 8 18
21   ユーゴスラビア (YUG) 4 6 6 16
22   フランス (FRA) 4 4 10 18
23   スイス (SUI) 4 4 6 14
24   ROC (ROC) 4 0 4 8
25   カナダ (CAN) 3 7 7 17
26   ジョージア (GEO) 3 6 10 17
27   イギリス (GBR) 3 4 10 17
28   北朝鮮 (PRK) 3 2 5 10
29   中国 (CHN) 2 5 8 15
30   アルメニア (ARM) 2 4 3 9
31   エジプト (EGY) 2 3 3 8
32   東ドイツ (GDR) 2 3 2 7
33   ウズベキスタン (UZB) 2 2 4 8
34   ノルウェー (NOR) 2 2 2 6
35   チェコスロバキア (TCH) 1 7 7 15
36   カザフスタン (KAZ) 1 5 11 17
37   東西統一ドイツ (EUA) 1 5 3 9
38   西ドイツ (FRG) 1 4 4 9
39   ギリシャ (GRE) 1 3 7 11
40   セルビア (SRB) 1 0 1 2
41   ベラルーシ (BLR) 0 7 7 14
42   モンゴル (MGL) 0 4 6 10
43   デンマーク (DEN) 0 3 6 9
44   キルギス (KGZ) 0 3 3 6
45   ベルギー (BEL) 0 3 0 3
46   インド (IND) 0 2 5 7
47   オーストラリア (AUS) 0 1 2 3
  レバノン (LBN) 0 1 2 3
49   リトアニア (LTU) 0 1 1 2
50   ラトビア (LAT) 0 1 0 1
  メキシコ (MEX) 0 1 0 1
  ナイジェリア (NGR) 0 1 0 1
  プエルトリコ (PUR) 0 1 0 1
  スロバキア (SVK) 0 1 0 1
  シリア (SYR) 0 1 0 1
  タジキスタン (TJK) 0 1 0 1
57   オーストリア (AUT) 0 0 2 2
  コロンビア (COL) 0 0 2 2
59   チェコ (CZE) 0 0 1 1
  スペイン (ESP) 0 0 1 1
  モルドバ (MDA) 0 0 1 1
  北マケドニア (MKD) 0 0 1 1
  パキスタン (PAK) 0 0 1 1
  サンマリノ (SMR) 0 0 1 1
  チュニジア (TUN) 0 0 1 1
Total 428 428 500 1356

参加国編集

国・地域/年 96 00 04 08 12 20 24 28 32 36 48 52 56 60 64 68 72 76 80 84 88 92 96 00 04 08 12 16 20 合計
  アフガニスタン (AFG)   7
  アルバニア (ALB)   3
  アルジェリア (ALG)   9
  アルゼンチン (ARG)   16
  アルメニア (ARM)   7
  アメリカ領サモア (ASA)   3
  オーストラリア (AUS)   22
  オーストリア (AUT)   20
  アゼルバイジャン (AZE)   7
  ベルギー (BEL)   18
  ボスニア・ヘルツェゴビナ (BIH)   1
  ベラルーシ (BLR)   7
  ボリビア (BOL)   1
  ブラジル (BRA)   7
  バーレーン (BRN)   1
  ブルガリア (BUL)   16
  中央アフリカ (CAF)   1
  カンボジア (CAM)   2
  カナダ (CAN)   23
  チリ (CHI)   2
  中国 (CHN)   10
  コートジボワール (CIV)   2
  カメルーン (CMR)   8
  コロンビア (COL)   10
  クロアチア (CRO)   5
  キューバ (CUB)   13
  キプロス (CYP)   2
  チェコ (CZE)   7
  チェコスロバキア (TCH)   15
  ボヘミア (BOH)   2
  デンマーク (DEN)   19
  ドミニカ共和国 (DOM)   5
  エクアドル (ECU)   6
  エジプト (EGY)   20
  難民 (EOR)   1
  エルサルバドル (ESA)   3
  スペイン (ESP)   11
  エストニア (EST)   12
  フィンランド (FIN)   26
  フランス (FRA)   25
  ミクロネシア連邦 (FSM)   1
  ガンビア (GAM)   1
  イギリス (GBR)   23
  ギニアビサウ (GBS)   7
  ジョージア (GEO)   7
  ドイツ (GER)   15
  西ドイツ (FRG)   5
  東ドイツ (GDR)   5
  東西統一ドイツ (EUA)   3
  ギリシャ (GRE)   26
  グアテマラ (GUA)   5
  ギニア (GUI)   3
  グアム (GUM)   7
  ハイチ (HAI)   1
  ホンジュラス (HON)   1
  ハンガリー (HUN)   25
  インドネシア (INA)   1
  インド (IND)   20
  イラン (IRI)   16
  アイルランド (IRL)   5
  イラク (IRQ)   6
  アイスランド (ISL)   1
  イスラエル (ISR)   8
  アメリカ領ヴァージン諸島 (ISV)   1
  イタリア (ITA)   26
  ヨルダン (JOR)   1
  日本 (JPN)   21
  カザフスタン (KAZ)   7
  ケニア (KEN)   1
  キルギス (KGZ)   7
  韓国 (KOR)   18
  コソボ (KOS)   1
  ラトビア (LAT)   10
  レバノン (LBN)   9
  リトアニア (LTU)   8
  ルクセンブルク (LUX)   8
  マダガスカル (MAD)   1
  モロッコ (MAR)   11
  モルドバ (MDA)   7
  メキシコ (MEX)   18
  モンゴル (MGL)   14
  北マケドニア (MKD)   5
  マルタ (MLT)   2
  モーリシャス (MRI)   1
  モーリタニア (MTN)   2
  ナミビア (NAM)   2
  ニカラグア (NCA)   1
  オランダ (NED)   10
  ナイジェリア (NGR)   11
  ノルウェー (NOR)   24
  ニュージーランド (NZL)   9
  パキスタン (PAK)   10
  パナマ (PAN)   9
  ペルー (PER)   9
  フィリピン (PHI)   8
  パラオ (PLW)   3
  ポーランド (POL)   19
  ポルトガル (POR)   10
  北朝鮮 (PRK)   10
  プエルトリコ (PUR)   9
  ルーマニア (ROU)   19
  南アフリカ (RSA)   11
  ロシア (RUS)   8
  ROC (ROC) 1
  EUN (EUN)   1
  ソビエト連邦 (URS)   9
  サモア (SAM)   2
  セネガル (SEN)   13
  サンマリノ (SMR)   1
  セルビア (SRB)   4
  セルビア・モンテネグロ (SCG)   1
  ユーゴスラビア (YUG)   14
  独立参加 (IOP)   1
  スイス (SUI)   20
  スロバキア (SVK)   5
  スウェーデン (SWE)   26
  シリア (SYR)   7
  タジキスタン (TJK)   4
  トルクメニスタン (TKM)   2
  チャイニーズタイペイ (TPE)   4
  チュニジア (TUN)   10
  トルコ (TUR)   21
  ウクライナ (UKR)   7
  アメリカ合衆国 (USA)   26
  ウズベキスタン (UZB)   7
  ベネズエラ (VEN)   9
  ベトナム (VIE)   4
  イエメン (YEM)   1
  北イエメン (YAR)   1
参加国数 5 - 1 14 18 19 26 29 18 29 28 36 30 42 39 45 50 41 35 44 69 59 75 55 66 59 71 66 61

2020年大会以降の中核競技からの除外検討編集

近代オリンピックにおいて第1回からただ1回を除いて続いてきたレスリングであるが、2013年2月12日、IOC(国際オリンピック委員会)理事会において選定された2020年夏季オリンピックの「中核競技」から除外され、同年5月のプレゼンテーションを経て9月のIOC総会で追加される1枠を、他の7競技(野球・ソフトボール、ウエークボード、空手、スカッシュ、スポーツクライミング、ローラースポーツ、武術太極拳)と争うこととなった[4]

IOCはこの決定について、人気度や競技人口などがこの決定に繋がったと説明している。2008年北京オリンピックで実施された競技に関するIOCの評価報告ではチケット売上、取材申請数、テレビ視聴者数、報道記事数、FILA(国際レスリング連盟)やIOCのウェブページへのアクセス数などにおいて、近代五種テコンドーホッケーカヌーなど、投票の対象となった他競技と比べて著しい遜色はなかったが[5][2]、2012年ロンドンオリンピックの評価報告では人気度やFILAの体制面、男女別種目数の不均衡(14対4)などで低評価だったとされ、これが理由となった[6]。しかし、2013年5月29日に公表されたロンドン五輪の評価報告では、テレビ放送実績などによる5段階のランク分けでレスリングはテコンドーと並び4番目のDで低評価ではあったが、Eランクの近代五種は上回っていた[7]

2013年5月のプレゼンテーションを経て、レスリングは野球・ソフトボールやスカッシュとともに最終候補に残った[8][9]。危機感を持った国際レスリング連盟が、役員の女性登用などの組織改革や3分2ピリオドのトータル・ポイント制を導入するルールの改正、種目数の男女均衡化(フリースタイルでは男女とも6種目)などの競技の近代化を短期間で断行した。そして、同年9月8日のIOC総会での評決において他の2候補の得票を上回り、2020年及び2024年夏季オリンピックへの競技残留が決定した。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集