オリンピックのロシア選手団

オリンピックのロシア選手団は、1900年パリオリンピックから初参加した。1917年のロシア革命によりソビエト連邦が建国され、第二次世界大戦以降はソビエト連邦代表としてオリンピック出場を続けた。このソビエト連邦時代にはアメリカと肩を並べるほどの強豪国となったが、1991年のソビエト連邦の崩壊に伴い、翌年のオリンピックのEUN選手団を経て、1994年リレハンメルオリンピックから再びロシアとしてのオリンピック復帰を果たした。

オリンピックのロシア選手団
Flag of Russia.svg
ロシアの国旗
IOCコード RUS
NOC ロシアオリンピック委員会
公式サイト
オリンピック
メダル

197

168

190

555
夏季オリンピックロシア選手団
19001904190819121920-19921996200020042008201220162020
冬季オリンピックロシア選手団
19941998200220062010201420182022
関連選手団
ソビエト連邦 ソビエト連邦 (1952-1988)
EUN EUN (1992)
ロシアからのオリンピック選手 ロシアからのオリンピック選手 (2018)
ROC ROC (2020-2022)

1991年のソ連崩壊後、ロシアの成績は下落を続け、2010年のバンクーバー冬季オリンピックでは崩壊後最低の11位(金3)にまで落ち込んだが、プーチン大統領が再登板以降の2011-15年に冬季・夏季種目にかかわらず自国の選手1000人以上に薬物を服用させて、成績を上向きにさせた[1]。2014年の自国開催のソチ冬季オリンピックでは情報機関の要員らがRUSADAに潜入し、ドーピング隠蔽をしたことで、合計23個のメダル(金13)獲得で総合1位となった(2022年時点でドーピング発覚で11の金メダル剥奪)[1]。2014年12月にドイツのドキュメンタリー番組が「ロシアのオリンピック・チームでは99%が禁止薬物を服用し、国が尿のサンプルを捏造している」と暴露以降から、過去の数々のドーピングが発覚した。女子フィギュア・スケートにおける未成年選手への体重増加阻止目的の水分制限や思春期を遅らせるルプロンなどの薬物強制も発覚している。2022年2月19日時点でオリンピックにおけるドーピング最多摘発国(47人)だが、朝鮮日報は実際のドーピング数ははるかに多いはずと指摘している[1][2]

2018年平昌オリンピック以降は、国家的ドーピングが発覚したため、「ロシア選手団」として出場許可されていない。平昌冬季では個人参加としてのみ許可された[1]。2020年東京オリンピック以降、ロシアの選手達は「ロシアオリンピック委員会(ROC)」名義のOAR(ロシアからの五輪選手)として参加している[2]。本稿ではこれらについても扱う。

概要編集

これまで最も多くメダルを獲得した夏季オリンピックは、2004年アテネオリンピックの90個。冬季オリンピックは2014年ソチオリンピックの30個である。また、最も多くのメダルを獲得した夏季オリンピック競技は体操競技新体操トランポリンを含む)の64個、冬季オリンピック競技はクロスカントリースキーの33個となっている。

しかし、国ぐるみのドーピング問題でロシアの国内オリンピック委員会(NOC)が国際オリンピック委員会(IOC)制裁下に置かれ、2018年平昌オリンピックでは「ロシア選手団」として出場できず、代わりに国家を代表しない「ロシアからのオリンピック選手(Olympic Athletes from Russia)」として出場した。IOCコードも通常のロシア選手団と区別するために「RUS」ではなく「OAR」(Olympic Athletes from Russia)が用いられる。

2020年東京オリンピック2020年東京オリンピックのロシアオリンピック委員会選手団)および2022年北京オリンピック2022年北京オリンピックのロシアオリンピック委員会選手団英語版ロシア語版)でも平昌オリンピック同様に国家としての参加が認められず、「ROC」名義での参加となった。「ROC」はロシアオリンピック委員会(Russian Olympic Committee)の英語表記の略称である。

メダル獲得数一覧編集

夏季オリンピック編集

大会名
1900 パリ 0 0 0 0
1904 セントルイス 不参加
1908 ロンドン 1 2 0 3
1912 ストックホルム 0 2 3 5
1952-1988   ソビエト連邦時代
1992 バルセロナ   EUNでの参加
1996 アトランタ 26 21 16 63
2000 シドニー 32 28 29 89
2004 アテネ 28 26 36 90
2008 北京 24 13 23 60
2012 ロンドン 20 20 28 68
2016 リオデジャネイロ 19 17 20 56
2020 東京   ROC (ROC)での参加
合計 150 129 155 434

冬季オリンピック編集

大会名
1956-1988   ソビエト連邦時代
1992 アルベールビル   EUNでの参加
1994 リレハンメル 11 8 4 23
1998 長野 9 6 3 18
2002 ソルトレークシティ 5 4 4 13
2006 トリノ 8 6 8 22
2010 バンクーバー 3 5 7 15
2014 ソチ 11 10 9 30
2018 平昌   ロシアからのオリンピック選手 (OAR)での参加
2022 北京   ROC (ROC)での参加
合計 47 39 35 121

夏季オリンピック競技別編集

競技
りくしよう  陸上競技20211960
  レスリング(フリースタイル)198734
  フェンシング135826
  レスリンググレコローマン126725
たいそう  体操10151944
  ボクシング1051530
しんたいそう  新体操104216
  アーティスティックスイミング100010
しやけき  射撃7141233
しゆうとう  柔道54716
きようえい  競泳49922
とひこみ  飛込48618
  ウエイトリフティング47718
きんたいこしゆ  近代五種4105
  テニス3328
してんしや  自転車ロード3148
してんしや  自転車トラック24410
  カヌースプリント23712
  トランポリン2204
  ハンドボール2114
  バレーボール1326
  ボート1034
  マラソンスイミング1001
  テコンドー0224
すいきゆう  水球0134
  セーリング0123
  アーチェリー0112
  バスケットボール0033
  カヌースラローム0011
  バドミントン0011
してんしや  マウンテンバイク0011
計 (競技数: 31)149129155433

冬季オリンピック競技別編集

競技
  フィギュアスケート159327
  クロスカントリースキー1410933
  バイアスロン105823
  スピードスケート35513
  ショートトラックスピードスケート3115
  スノーボード2215
  スケルトン1023
  リュージュ0303
  フリースタイルスキー0134
  アイスホッケー0112
  ボブスレー0112
  アルペンスキー0101
  ノルディック複合0011
計 (競技数: 13)483935122

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 【萬物相】ドーピングの国、ロシア-Chosun online 朝鮮日報”. archive.ph (2022年3月4日). 2022年3月4日閲覧。
  2. ^ a b c d e 15歳ワリエワ騒動を“ただのドーピング事件”にしてはいけない理由…選手たちが語った“ロシアフィギュア界の闇”「みんなやってるよ」(及川彩子)” (日本語). Number Web - ナンバー. 2022年3月4日閲覧。
  3. ^ GLOBE編集部. “「闇は、まだ広がっている」 旧東ドイツ・ドーピング被害者の告白” (日本語). withnews.jp. 2022年3月4日閲覧。
  4. ^ 東ドイツは不正国家だったのか? 東西ドイツ統一後明らかになったスポーツ選手のドーピング問題(川口 マーン 惠美) @gendai_biz” (日本語). 現代ビジネス. 2022年3月4日閲覧。
  5. ^ a b 日本放送協会. “ドーピング ~ロシア陸上チーム・暴かれた実態~|BS世界のドキュメンタリー|NHK BS1” (日本語). BS世界のドキュメンタリー|NHK BS1. 2022年3月4日閲覧。
  6. ^ a b ワリエワ選手のドーピング問題、コーチら周囲の大人に注目集まる” (日本語). CNN.co.jp. 2022年3月4日閲覧。
  7. ^ 「プーチンが私の命を狙っている」─ロシアの国家的ドーピングを告発した男が激白 | 世界を欺いた不正の首謀者は何を語るのか” (日本語). クーリエ・ジャポン (2020年8月30日). 2022年3月4日閲覧。
  8. ^ フィギュア・ワリエワのコーチが“ほぼクロ”で確定。「新薬が必要」と過去発言、同行医師はドーピング前科ありの問題児” (日本語). まぐまぐニュース! (2022年2月18日). 2022年3月4日閲覧。
  9. ^ a b c 独ドキュメンタリー番組、ロシアの国を挙げたドーピング事情暴く” (日本語). www.afpbb.com. 2022年3月4日閲覧。
  10. ^ 露陸連の会長が辞任へ、一連の薬物スキャンダル受け” (日本語). www.afpbb.com. 2022年3月4日閲覧。
  11. ^ a b 露反ドーピング機関の元幹部が急死、2週間で2件目” (日本語). www.afpbb.com. 2022年3月4日閲覧。
  12. ^ a b INC, SANKEI DIGITAL (2016年2月27日). “【ロシア万華鏡】ドーピング疑惑で渦中の人物が相次ぎ不審死…「裏切り者=死」の国で一体、何が起きているのか?” (日本語). 産経ニュース. 2022年3月4日閲覧。

外部リンク編集