メインメニューを開く

オリンピック・スタジアム

オリンピック・スタジアム(Olympic Stadium) は、主に近代オリンピックの開催時につかわれた、または開催を目指して作られた競技場。現在も使用されている所もある。

フランス語でスタッド・オリンピック、ドイツ語でオリンピア・シュタディオン、イタリア語ではスタディオ・オリンピコ、スペイン語でエスタディオ・オリンピコと呼ぶ。

目次

概要編集

聖火台が置かれ、開会式閉会式のほか、陸上競技サッカーの決勝戦などにも用いられる場合がある。IOCの基準では、開閉会式や陸上競技などを行う会場(メインスタジアム)は、夏季五輪で「6万席」が最低基準になっているという[1][2][3][4][5]

開閉式屋根を断念した例では、1976年モントリオールオリンピックモントリオール・オリンピック・スタジアムや、2008年北京オリンピック北京国家体育場(コスト削減や安全面への配慮で中止)などがある[6]

総工費は、1996年・アトランタが約300億円[7]、2000年・シドニーが約510億円[8]、2008年・北京が約540億円[8]、2012年・ロンドンが約610億円[8][9]、2016年・リオが約550億円[10]で、2020年・東京は1490億円を予定。

2016年・リオのエスタジオ・ド・マラカナンは、サッカー専用競技場がメインスタジアムに使われる例では五輪初とされる。

既存施設を五輪用に改修したり[11]、一部の観客席を仮設としておき、五輪終了後に規模を縮小するパターン(近年では1996年・アトランタ、2000年・シドニー、2012年・ロンドン[12])もある。

近年の大会のメインスタジアムは屋根付きが増えているが、2012年ロンドンオリンピックオリンピック・スタジアムは、座席全体のうち前方の約40%が屋根に覆われていない構造だったともいわれる[13]

主なスタジアム編集

夏季および冬季会場編集

開閉会式会場となった競技場を中心に記す。

スタジアム 都市
(大会)
建設 収容
人員
現状
1896 パナシナイコスタジアム アテネ   ギリシャ 既存 80,000 現存
1900 ヴェロドローム・ド・ヴァンセンヌ パリ   フランス 既存 50,000 現存
1904 フランシス・フィールド セントルイス   アメリカ 既存 19,000 現存
1906 パナシナイコスタジアム アテネ   ギリシャ 既存 80,000 現存
1908 ホワイトシティ・スタジアム ロンドン   イギリス 新設 68,000 閉鎖
1912 ストックホルム・スタディオン ストックホルム   スウェーデン 新設 20,000 現存
1920 アントウェルペン・オリンピスフ・スタディオン アントワープ   ベルギー 新設 12,771 現存
1924 スタッド・オランピック・ド・シャモニー英語版 シャモニー   フランス 新設 45,000 現存
1924 スタッド・オランピック・イヴ=ドゥ=マノワール パリ   フランス 既存 45,000 現存
1928 サンモリッツ・オリンピック・アイスリンク英語版 サンモリッツ   スイス 新設 現存
1928 アムステルダム・オリンピスフ・スタディオン アムステルダム   オランダ 新設 31,600 現存
1932 レークプラシッド・オリンピック・スケーティング・リンク英語版 レークプラシッド   アメリカ 新設 7,500 現存
1932 ロサンゼルス・メモリアル・コロシアム ロサンゼルス   アメリカ 既存 101,574 現存
1936 グロッセ・オリンピアシャンツェドイツ語版 ガルミッシュ=パルテンキルヒェン   ドイツ 既存 現存
1936 ベルリン・オリンピアシュタディオン ベルリン   ドイツ 新設 110,000 現存
1948 サンモリッツ・オリンピック・アイスリンク サンモリッツ   スイス 既存 現存
1948 ウェンブリー・スタジアム ロンドン   イギリス 既存 82,000 閉鎖
1952 ビスレット・スタディオン オスロ   ノルウェー 既存 20,000 現存
1952 ヘルシンキ・オリンピックスタジアム ヘルシンキ   フィンランド 既存 70,000 現存
1956 スタディオ・オリンピコ・デル・ギアッチョ英語版 コルティナダンペッツォ   イタリア 新設 12,000 現存
1956 メルボルン・クリケット・グラウンド メルボルン   オーストラリア 既存 100,000 現存
1960 ブライス・アリーナ英語版 スコーバレー   アメリカ 新設 8,500 閉鎖
1960 スタディオ・オリンピコ・ディ・ローマ ローマ   イタリア 既存 90,000 現存
1964 ベルクイーゼルシャンツェ インスブルック   オーストリア 既存 12,000 現存
1964 国立霞ヶ丘陸上競技場 東京   日本 改修 71,556 閉鎖
1968 スタッド・オランピック・ド・グルノーブル英語版 グルノーブル   フランス 仮設 60,000 閉鎖
1968 エスタディオ・オリンピコ・ウニベルシタリオ メキシコシティ   メキシコ 既存 83,700 現存
1972 真駒内屋外競技場 札幌   日本 新設 30,000 現存
1972 ミュンヘン・オリンピアシュタディオン ミュンヘン   西ドイツ 新設 80,000 現存
1976 ベルクイーゼルシャンツェ インスブルック   オーストリア 既存 現存
1976 モントリオール・オリンピック・スタジアム モントリオール   カナダ 新設 70,000 現存
1980 レークプラシッド・エクウェストリアン・スタジアム英語版 (開会式) レークプラシッド   アメリカ 仮設 30,000 閉鎖
オリンピック・センター・アリーナ英語版 (閉会式) 新設 10,000 現存
1980 ルジニキ・スタジアム モスクワ   ソビエト連邦 既存 103,000 現存
1984 アシム・フェルハトヴィッチ・ハセ競技場 サラエボ   ユーゴスラビア 既存 50,000 現存
1984 ロサンゼルス・メモリアル・コロシアム ロサンゼルス   アメリカ 既存 92,516 現存
1988 マクマーン・スタジアム カルガリー   カナダ 既存 38,205 現存
1988 ソウルオリンピック主競技場 ソウル   韓国 既存 100,000 現存
1992 テアトル・ド・セレモニー英語版 アルベールビル   フランス 仮設 35,000 閉鎖
1992 エスタディ・オリンピック・リュイス・コンパニス バルセロナ   スペイン 既存 60,000 現存
1994 リスゴーズバッケン英語版 リレハンメル   ノルウェー 新設 35,000 現存
1996 センテニアル・オリンピックスタジアム
ターナー・フィールド
アトランタ   アメリカ 新設 85,000 現存[15]
1998 長野オリンピックスタジアム
(長野市営南長野運動公園総合運動場野球場)
長野   日本 新設 30,000 現存
2000 スタジアム・オーストラリア
(ANZスタジアム)
シドニー   オーストラリア 新設 114,714 現存
2002 ライス・エクルズ・スタジアム ソルトレイクシティ   アメリカ 既存 45,017 現存
2004 アテネ・オリンピックスタジアム アテネ   ギリシャ 既存 71,030 現存
2006 スタディオ・オリンピコ・ディ・トリノ トリノ   イタリア 既存 28,000 現存
2008 北京国家体育場 北京   中国 新設 91,000 現存
2010 BCプレイス・スタジアム バンクーバー   カナダ 既存 54,500 現存
2012 ロンドン・オリンピック・スタジアム ロンドン   イギリス 新設 80,000 現存
2014 ソチ・オリンピックスタジアム ソチ   ロシア 新設 40,000 現存
2016 エスタジオ・ド・マラカナン リオデジャネイロ   ブラジル 改修 74,738 現存
2018 平昌オリンピックスタジアム 平昌   韓国 仮設 50,000 使用中
2020 新国立競技場 東京   日本 建替 68,000 建設中
2022 北京国家体育場 北京   中国 既存 80,000 現存
2024 スタッド・ド・フランス パリ   フランス 既存 75,000 現存
2028 ロサンゼルス・メモリアル・コロシアム ロサンゼルス   アメリカ 既存 92,516 現存

ユースオリンピック編集

スタジアム 都市(大会) 建設 収容人員 現状
2010 Youth ザ・フロート@マリーナ・ベイ   シンガポール 既存 30,000 現存
2012 Youth ベルクイーゼルシャンツェ インスブルック   オーストリア 既存 現存
2014 Youth 南京奥林匹克体育中心 南京   中国 既存 61,443 現存
2016 Youth リスゴーズバッケン リレハンメル   ノルウェー 既存 35,000 現存
2018 Youth エスタディオ・モヌメンタル・アントニオ・ベスプチオ・リベルティ ブエノスアイレス   アルゼンチン 既存 61,321 現存
2020 Youth スタッド・ピエール・ド・クーベルタン ローザンヌ   スイス 既存 現存

その他編集

脚注編集

  1. ^ オリンピック・パラリンピック招致特別委員会速記録第3号 - 東京都
  2. ^ 再設計 厳しい制約 - 日本経済新聞、2015年7月18日 朝刊3面
  3. ^ 「新国立建設せず」も検討 自民、既存施設活用を提言 - 東京、2015年8月7日 朝刊
  4. ^ 文科相「8万人規模」継承 - 東京、2015年8月8日 朝刊2面
  5. ^ 遠藤氏「陸上競技は新国立で」 - 産経、2015年8月19日
  6. ^ 新国立競技場の迷走はチャンスだ!「聖地」に相応しい設備と思想を。(Number Web) - goo ニュース 2015年5月24日
  7. ^ 新国立競技場改築費 2520億円で決定 NHKニュース 2015年7月7日
  8. ^ a b c NEWSポストセブン 週刊ポスト 2015年7月10日号
  9. ^ 「産経新聞 2015年7月8日 朝刊26面」によるとアトランタ約220億円、シドニー約550億円、アテネ約210億円、北京約510億円、ロンドン約930億円、となっている。
  10. ^ W杯まであと1年も…間に合う!?スタジアム建設に遅れ スポーツニッポン 2013年6月12日
  11. ^ 新国立競技場問題シンポで世界のスタジアム改修事例を紹介 - ログミー
  12. ^ 新国立「新計画への提言」 仮設席撤去後の縮小を - スポーツ報知、2015年7月20日
  13. ^ 五輪の敵は「100年に1度」の大雨 レインコート25万着を用意 - ロンドン五輪2012特集 - MSN産経ニュース
  14. ^ “Atlanta to demolish Turner Field”. Associated Press. ESPN.com. (2013年11月12日). http://espn.go.com/mlb/story/_/id/9965245/turner-field-demolished-atlanta-braves-leave-new-stadium-2017-mayor-says 2013年11月12日閲覧。 
  15. ^ After the 1996 Paralympics, the stadium was reconfigured (as planned) into the baseball-specific Turner Field. It is scheduled to be demolished in 2017 after the Atlanta Braves, the stadium's main tenant since its reconfiguration, move into a new stadium in Cobb County, Georgia.[14]