メインメニューを開く

オリンピック支援集団とは、かつて日本国内でオリンピックが行われる際にその準備や競技中の支援を行うために臨時編成されていた陸上自衛隊の部隊である。

目次

概要編集

オリンピック競技大会に対する協力は自衛隊法第100条の3及び自衛隊法施行令第126条の12に定められており、関係機関からの依頼に基づき防衛大臣が自衛隊の任務遂行に支障を生じない範囲において必要な協力を命ずることができる。

主にオリンピックを開催する都市を管轄する方面隊の隊員を中心に、会場の準備や各種競技の支援等を行うために臨時編成していた。集団規模の部隊は陸上自衛隊の創隊から現在までの間、二度(1964年に開催された東京オリンピック及び1972年に開催された札幌オリンピック)編制している。

東京オリンピック支援集団編集

東部方面総監部が置かれていた市ヶ谷駐屯地に臨時編成された東京オリンピック支援のための部隊。

東京オリンピック支援集団長(陸将
氏名 在任期間 前職 後職
梅澤治雄 1963.12.10 - 1964.11.19 統合幕僚会議事務局第4幕僚室長
→1963.8.1東部方面総監部付
第11師団長

札幌オリンピック支援集団編集

真駒内駐屯地に編成されていた札幌冬季五輪支援の為の部隊。

  • 札幌オリンピック開催に伴い北部方面隊及び全国の部隊より要員等の支援を受け編成
  • 冬季オリンピック開催と言うこともあり、準備は事前計画を含め2年で雪の運搬や会場準備等の計画を立案し、支援を行っていた。

沿革編集

  • 1970年(昭和45年)8月1日:札幌オリンピック支援集団準備本部真駒内駐屯地にて編成完結
  • 1971年(昭和46年)8月3日:札幌オリンピック支援集団司令部編成完結
  • 1972年(昭和47年)1月11日:札幌オリンピック支援集団編成完結
    • 2月15日:オリンピック支援の功績により第1級賞状受賞。
    • 3月15日:任務終了に伴い編成解組

編成編集

※編成に関しては各種目毎・目的別の支援部隊が編成されていた

  • 支援集団司令部
  • 司令部付隊
  • 航空支援隊
  • 通信支援隊
  • 輸送支援隊
  • 衛生支援隊
  • 式典支援隊
  • オリンピック村支援隊
  • 距離競技支援隊
  • ジャンプ競技支援隊
  • 回転競技支援隊
  • 滑走競技支援隊
  • バイアスロン競技支援隊
  • ボブスレー競技支援隊
  • リュージュ競技支援隊
  • 管理隊
札幌オリンピック支援集団長(陸将補
氏名 在任期間 前職 後職
西田秀男 1972.1.11 - 1972.3.15 北部方面総監部幕僚副長 自衛隊体育学校

参考文献編集

  • 北部方面隊のあゆみ(北部方面総監部監修)
  • 自衛隊法施行令
  • 『自衛隊1982ユニフォーム・個人装備』池辺茂彦 編、KKワールドフォトプレス、1981年。

関連項目編集

司令部は編成されなかったが、日本国内で開催された試合において各種支援を実施。本大会が日韓合同で開催されることに伴い、自衛隊法施行令を改正し、新たに自衛隊が支援をすることができる運動競技会の態様に追加をした。国家行事に該当するため、業務従事者は第39号防衛記念章(当時・現在は第40号)の授与対象となった。

外部リンク編集

  • 駐屯地の沿革 - 陸上自衛隊真駒内駐屯地サイト(2012年4月8日閲覧)