メインメニューを開く

オリンピック選手(オリンピックせんしゅ)とは、オリンピックに出場する選手のことで、多くの場合近代オリンピック夏季オリンピック冬季オリンピック)に出場した選手を指す。(本来はオリンピア(オリュンピア)人を意味する)「オリピアン」とも呼ばれる。

以下については、特に断り書きがない限り日本での事例について記述する。

選考基準編集

各競技の協会、連盟等によって定められることが多いが、競技によって選考基準は異なる。概ね国内外の代表選手選考競技会の上位入賞者が選ばれる。

曖昧な選考基準により物議を醸す場合もある。2000年シドニーオリンピック時の千葉すず水泳)のケースや、2004年アテネオリンピック時の高橋尚子マラソン)のケース、さらには2008年北京オリンピック時の谷亮子のケースなどが、それに該当するケースとして上げられる。

また、出場が危ぶまれた変わった例としては、アテネオリンピック(2004年)時にテコンドーの団体の分裂が原因の岡本依子のケースもある。

強化選手編集

オリンピック選手として選定された者のうち、日本オリンピック委員会によって強化選手の認定を受けた者は、健康診断やコーチング、強化合宿などの便宜を受けることができる。

大会時編集

選手は選手団を形成し、現地に設けられたオリンピック選手村に滞在する。競技場へは専用バスなどを利用して移動する。

大会後の進路編集

大会後は競技者に戻る者もいれば、あるいは競技者としては引退し、タレントなど別の分野で活動する者もいる。オリンピック出場経験(特に金メダリスト)は知名度が高くなるため、他の分野でも活動がしやすい。

関連項目編集

外部リンク編集