オリヴァー・ネルソン

アメリカのジャズ・ミュージシャン

オリヴァー・エドワード・ネルソン (Oliver Edward Nelson, 1932年6月4日 - 1975年10月28日)は、アメリカ人ジャズサクソフォーン奏者、クラリネット奏者、編曲家作曲家兼バンド・リーダーである。[1]

オリヴァー・ネルソン
Oliver Nelson
生誕 (1932-06-04) 1932年6月4日
ミズーリ州セントルイス
死没 1975年10月28日(1975-10-28)(43歳)
カリフォルニア州ロサンゼルス
ジャンル ビバップ
ハード・バップ
ポスト・バップ
フュージョン
職業 演奏家
作曲家
編曲家
担当楽器 ソプラノ・サクソフォーン
アルト・サクソフォーン
テナー・サクソフォーン
クラリネット
レーベル ヴァーヴ
インパルス!
プレスティッジ
アーゴ
フライング・ダッチマン

1961年発表の画期的なアルバム『ブルースの真実』(インパルス)でよく知られている。この作品は、モダン・ジャズ時代の最も影響力の大きいレコーディングのひとつとして位置づけられている。このアルバムの肝は、彼の作品の中でも決定版と言える「ストールン・モーメンツ」である。1960年代初期の重要作品として、この他にも『続・ブルースの真実』と『サウンド・ピーシズ』があり、いずれインパルスからリリースされた。[2]

経歴編集

初期編集

オリヴァー・ネルソンは音楽一家に生まれた。兄はサクソフォーン奏者であり、1940年代にクーティ・ウィリアムスと共演している。姉はシンガー兼ピアノ奏者だった。6歳の時にピアノを習い始め、11歳の時にはサクソフォーンを演奏し始めた。1947年初頭にセントルイス周辺のローカル・バンドに参加し、1950年から翌年にかけてルイ・ジョーダン・バンドに在籍し、アルト・サクソフォーン奏者兼アレンジャーとして活躍した。[3][4]

1952年には兵役で海兵隊に入隊し、第3海兵師団音楽隊の木管楽器奏者として日本や朝鮮で演奏した。日本では東京フィルハーモニー交響楽団のコンサートを観に行く機会があり、モーリス・ラヴェルの『マ・メール・ロワ』やパウル・ヒンデミットの『交響曲変ホ調』を聴いた。ネルソンは後に「本当にモダンな音楽を聴いたのは、あの時が初めてだったんだよ。故郷のセントルイスじゃ、黒人がコンサートを観に行くことは許されなかったからね。全ての音楽がベートーベンやブラームスみたいに響かなくてもいいんだ、ということを認識したよ。僕が作曲家になろうと決めたのは、まさにあの時だったんだ。」と回想している。[5]

ネルソンはミズーリに戻り、セントルイス・ワシントン大学リンカーン大学で作曲法と音楽理論を学んだ。1958年には修士号を取得した。当時師事した作曲家に、エリオット・カーターロバート・ワイクスジョージ・トレンブレーがいる。[3][6]

故郷のセントルイスに戻っている間に、アイリーン・ミッチェルと出会い、結婚した。ミッチェルとの間には息子のオリヴァー・ネルソン・ジュニアが誕生したが、間もなく二人は離婚した。大学院を卒業後、地元出身のオードリー・マキーウェンと結婚し、生涯を共にすることとなった。オードリーとの間には息子のナイルズが誕生した。

学位を取得した後、ニューヨークに転居し、アースキン・ホーキンズワイルド・ビル・デイヴィスと共演し、ハーレムにあるアポロ・シアターのハウス・アレンジャーに就任した。短期間ではあるが西海岸でも活動し、1959年にはルーイー・ベルソン・ビッグ・バンドの一員として活動した。同年、コンボのリーダーとしてプレスティッジ・レコードでレコーディングするようになる。1960年から1961年にかけてカウント・ベイシー・ビッグ・バンドやデューク・エリントン・オーケストラにスポット参加した後、テナー・サクソフォーン奏者としてクインシー・ジョーンズ・ビッグ・バンドに加入し、全米とヨーロッパをツアーした。[3]

大躍進とその後編集

プレスティッジ・レーベルには、1959年から1961年にかけて6枚のリーダー・アルバムを残した。それらの中で共演したのはケニー・ドーハムジョニー・ハモンド・スミスエリック・ドルフィーロイ・ヘインズキング・カーティスジミー・フォレストらである。その後の『ブルースの真実』の発表によりネルソンは大躍進を遂げ、作曲家・アレンジャーとしての地位が定着する。そして、『アフロ・アメリカン・スケッチ』や『フル・ネルソン』を含む相当な数のビッグ・バンド・アルバムを録音し続けた。[3]

ネルソンはアレンジャーとして、数々のミュージシャンの大人数編成アンサンブル・アルバムを手掛けた。キャノンボール・アダレイソニー・ロリンズエディー・ロックジョー・デイヴィスジョニー・ホッジスウェス・モンゴメリーバディ・リッチジミー・スミスビリー・テイラースタンリー・タレンタインアイリーン・レイドジーン・アモンズはその一例である。1966年から1975年にかけて、いくつかのライヴ・パフォーマンスでオールスター・ビッグ・バンドを率いた。また、同時期にはソリストとしても活動し、ソプラノ・サクソフォーンを中心に演奏した。

1967年にはロサンゼルスに移り、テレビや映画のBGMを手掛けるようになった。テレビ関連のプロジェクトを挙げると、『鬼警部アイアンサイド』、『四次元への招待』、『刑事コロンボ』、『600万ドルの男』や『復讐の鬼探偵ロングストリート』などがある。ネルソンが手掛けた映画音楽は、『ガンファイターの最後』(1969)、『Skullduggery』(1970)、『Zig Zag』(1970)などである。[4] 彼はまた、ソニー・ロリンズの『アルフィー (1966年の映画)』(1966)やガトー・バルビエリの『ラストタンゴ・イン・パリ』(1972)といった映画音楽の編曲を手掛けた。この時期に、ナンシー・ウィルソンジェームス・ブラウンテンプテーションズダイアナ・ロスといったポップ・スター達のアルバムのプロデュースやアレンジを手掛けた。

ビッグ・バンドでのライヴ出演(ベルリンモントルー、ニューヨーク、ロサンゼルス)と並行して、少人数コンボで西アフリカ・ツアーを行った。あまり知られてはいないが、ネルソンはいくつかの交響曲を残している。また、ジャズ教育にも深く関与しており、母校のセントルイス・ワシントン大学に戻り、1969年夏には5週間のクリニックを行っている。そのクリニックにはフィル・ウッズメル・ルイスサド・ジョーンズローランド・ハナ、そしてロン・カーターがゲスト出演した。1966年にはエチュード集『Patterns for Improvisation』を出版し、現在でも高い評価を得ている。

最期編集

1975年10月28日、心臓発作により死去。没年43。[4]

ディスコグラフィ編集

リーダー/共同リーダー作品編集

録音 アルバム Notes レーベル
1959 Meet Oliver Nelson Quintet with Kenny Dorham and Ray Bryant Prestige
1960 Taking Care of Business Quintet with Johnny "Hammond" Smith and Lem Winchester Prestige
1960 Screamin' the Blues Sextet with Eric Dolphy and Richard Williams Prestige
1960 Nocturne Quintet with Lem Winchester Moodsville
1960 Soul Battle Sextet with King Curtis and w:Jimmy Forrest Prestige
1961 ブルースの真実
The Blues and the Abstract Truth
Septet with Bill Evans, Roy Haynes, Eric Dolphy, Paul Chambers and Freddie Hubbard Impulse!
1961 Straight Ahead Quintet with Eric Dolphy Prestige
1961 Main Stem Sextet with Joe Newman Prestige
1961 Afro/American Sketches Oliver Nelson Orchestra Prestige
1962 Impressions of Phaedra Oliver Nelson Orchestra United Artists
1962-3 Full Nelson Oliver Nelson Orchestra Verve
1964 Fantabulous Oliver Nelson Orchestra Argo
1964 続ブルースの真実
More Blues and the Abstract Truth
Sextet/Septet/Octet arranged and conducted by Oliver Nelson Impulse!
1965 Rita Reys Meets Oliver Nelson Rita Reys with Orchestra arranged and conducted by Oliver Nelson Philips
1966 プレイズ・ミッシェル
Oliver Nelson Plays Michelle
Oliver Nelson Orchestra Impulse!
1966 サウンド・ピーシズ
Sound Pieces
Oliver Nelson Orchestra/Quartet Impulse!
1966 Happenings Hank Jones and the Oliver Nelson Orchestra featuring Clark Terry Impulse!
1966 Encyclopedia of Jazz Encyclopedia of Jazz All Stars [split album] Verve
1966 The Sound of Feeling Encyclopedia of Jazz All Stars [split album] Verve
1967 The Spirit of '67 Pee Wee Russell and the Oliver Nelson Orchestra Impulse!
1967 The Kennedy Dream Oliver Nelson Orchestra Impulse!
1967 ライブ・フロム・ロサンジェルス
Live from Los Angeles
Oliver Nelson's Big Band Impulse!
1967 Jazzhattan Suite Jazz Interactions Orchestra Verve
1968 Soulful Brass Oliver Nelson with Steve Allen Impulse!
1969 3-2-1-0 Nobuo Hara and His Sharps & Flats composed and arranged by Oliver Nelson Columbia (Japan)
1969 ブラック・ブラウン&ビューティフル
Black, Brown and Beautiful
Oliver Nelson Orchestra Flying Dutchman
1970 Zig Zag Original Motion Picture Score MGM
1970 オリヴァー・ネルソン・イン・トーキョー
In Tokyo
Nobuo Hara and His Sharps & Flats and Oliver Nelson Columbia (Japan)
1970 Berlin Dialogue for Orchestra Oliver Nelson and the "Berlin Dreamband" Flying Dutchman
1971 スイス組曲
Swiss Suite
Oliver Nelson Orchestra featuring Gato Barbieri and Eddie "Cleanhead" Vinson Flying Dutchman
1974 Oliver Edward Nelson in London with Oily Rags Oliver Nelson with Oily Rags Flying Dutchman
1975 スカル・セッション
Skull Session
Oliver Nelson Flying Dutchman
1975 ストールン・モーメンツ
Stolen Moments
Oliver Nelson East Wind

コンピレーション編集

  • A Dream Deferred (Flying Dutchman 1969-75 [1976]) - 未発表曲2曲を含むFlying Dutchman時代のコンピレーション
  • Back Talk (Chess, 1964 [1976]) with Lou Donaldson - Argo・Cadet時代のコンピレーション
  • Images (Prestige 1961 [1976]) with Eric Dolphy - Prestige時代のコンピレーション
  • Three Dimensions (Impulse! 1961-66, [1978]) - 未発表曲2曲を含むImpulse!時代のコンピレーション
  • Black, Brown and Beautiful (Bluebird, 1970-75 [1989]) - ジョニー・ホッジズの『3 Shades of Blue』の再発版。ネルソンのリーダー作からも数曲収録
  • Verve Jazz Masters 48 (Verve, 1962-67 [1995]) - Verve時代のコンピレーション
  • The Argo, Verve and Impulse Big Band Studio Sessions (Mosaic, 1961-67 [2006])

映画/テレビ・スコア編集

  • Dzjes Zien (1965) - Dutch Television Movie
  • Ironside (1967-1972, 邦題: 鬼警部アイアンサイド) - US TV Series
  • Run for Your Life (1967) - US TV Series
  • The Name of the Game (1968-1970, 邦題: ネーム・オブ・ザ・ゲーム) - US TV Series
  • It Takes a Thief (1969-1970, 邦題: スパイのライセンス) - US TV Series
  • Zig Zag (1970) - US Movie
  • Dial Hot Line (1970) - US TV Movie
  • Skullduggery (1970) - US Movie
  • Matt Lincoln (1970) - US TV Series
  • Lady Sings the Blues (1971) - US Movie - arranger only
  • Longstreet (1971, 邦題: 復讐の鬼探偵ロングストリート) - US TV Series
  • Night Gallery (1971-1972, 邦題: 四次元への招待) - US TV Series
  • Cutter (1972) - US TV Series
  • Columbo (1972, 邦題: 刑事コロンボ) - US TV Series
  • Last Tango in Paris (1972, 邦題: ラストタンゴ・イン・パリ) - French/Italian Movie
  • Banacek (1973) - US TV Series
  • I Love a Mystery (1973) - US TV Movie
  • The Six Million Dollar Man (1973-1975, 邦題: 600万ドルの男) - US TV Series
  • Chase (1973) - US TV series
  • Casino on Wheels (1973) - US TV Movie
  • The Alpha Caper (1973) - US TV Movie
  • Money to Burn (1973) - US TV Movie
  • Matt Helm (1975) - US TV Series
  • The Bionic Woman (1976, 邦題: 地上最強の美女バイオニック・ジェミー) - US TV Series

編曲・指揮編集

With Faye Adams

  • "You Can Trust In Me"/"Goodnight My Love" (Prestige, 1962)

With Cannonball Adderley

With Steve Allen

  • Soulful Brass #2 (Flying Dutchman, 1969)

With Gene Ammons

With Air Pocket

  • Fly On (East Wind, 1975) - producer

With Louis Armstrong

  • Louis Armstrong and His Friends (Flying Dutchman, 1970)

With Gato Barbieri

With Count Basie

With Elek Bacsik

  • Bird and Dizzy: A Musical Tribute (Flying Dutchman, 1975)

With James Brown

With Mel Brown

With Ray Brown and Milt Jackson

With Ruth Brown

With Henry Cain

  • The Funky Organ-ization Of Henry Cain (Capitol, 1967)

With Betty Carter

With Ray Charles

With Eddie "Lockjaw" Davis

With Lou Donaldson

With Jean DuShon

  • Feeling Good (Cadet, 1966) - arranger only

With Lorraine Ellison

  • :w:Heart & Soul|Heart & Soul (Warner Bros., 1966)

With Art Farmer

With Maynard Ferguson

  • Come Blow Your Horn (Cameo, 1964) - arranger only

With Jimmy Forrest

With Don Goldie

  • Trumpet Exodus (Verve, 1962)

With Leo Gooden

  • Leo Sings with Strings (L.G., 1963)

With Jackie & Roy

  • Changes (Verve, 1966)

With Jimmy Grissom

  • "I've Got You On My Mind"/"Lover's Reverie" (Prestige, 1962)

With Johnny Hartman

  • I Love Everybody (ABC-Paramount, 1967)

With Johnny Hodges

With Richard "Groove" Holmes

  • Six Million Dollar Man (Flying Dutchman, 1975)

With Paul Horn

  • Monday, Monday (RCA Victor, 1966)
  • Paul Horn & The Concert Ensemble (Ovation, 1969) - arranger only

With Paul Humphrey, Shelly Manne, Willie Bobo & Louis Bellson

  • The Drum Session (Philips (Japan), 1974) - producer

With Yujiro Ishihara

  • Nostalia (Teichiku Entertainment (Japan), 1974)

With Etta Jones

With Kimiko Kasai

  • Kimiko Kasai in Person (CBS/Sony (Japan), 1973)
  • Thanks, Dear (CBS/Sony (Japan), 1974) - musical supervisor

With Ramsey Lewis

With Herbie Mann

With Lloyd G. Mayers

  • A Taste of Honey (United Artists Jazz, 1962)

With Carmen McRae

With Thelonious Monk

With Wes Montgomery

With Lee Morgan

With Esther Phillips

  • Esther Phillips Sings (Atlantic, 1955)

With Della Reese

  • "Every Other Day"/"Soon" (ABC, 1967)
  • I Gotta Be Me...This Trip Out (ABC, 1968)

With Irene Reid

  • Room for One More (Verve, 1965)

With Buddy Rich

With Sonny Rollins

With Diana Ross

With Jimmy Rushing

  • Every Day I Have the Blues (Bluesway, 1967)

With Shirley Scott

With Doc Severinsen

  • Rhapsody for Now! (RCA, 1973)

With Bud Shank

With Jimmy Smith

With Ringo Starr

With Carl Stokes

  • The Mayor and the People (Flying Dutchman, 1970)

With Billy Taylor

  • Right Here, Right Now! (Capitol Records, 1963)
  • Midnight Piano (Capitol, 1964)

With Jack Teagarden

  • Jack Teagarden (Verve, 1962)

With The Temptations

With Clark Terry

With Bob Thiele

  • I Saw Pinetop Spit Blood (Flying Dutchman, 1975)

With Leon Thomas

  • Leon Thomas in Berlin (Flying Dutchman, 1971)

With The Three Sounds

With Cal Tjader

With Stanley Turrentine

With Frank Wess

With Joe Williams

  • Jump for Joy (RCA Victor, 1963)
  • Me and the Blues (RCA Victor, 1964)

With Nancy Wilson

With Lem Winchester

  • Lem's Beat (Prestige, 1960)

With Kai Winding

サイドマン作品編集

With Cannonball Adderley

With Manny Albam

With Elek Bacsik

  • I Love You (Bob Thie, 1973)

With Louis Bellson

With Clea Bradford

  • These Dues (Tru-Sound, 1961)

With Chris Connor

  • Free Spirits (Atlantic, 1962)
  • Richard Rodgers' No Strings: An After-Theatre Version (Atlantic, 1962) with Bobby Short

With Duke Ellington

With Red Garland

With J.J. Johnson

  • J.J.! (RCA Victor, 1965)

With Etta Jones

With Quincy Jones

With Louis Jordan

  • "If You're So Smart How Come You Ain't Rich"/"How Blue Can You Get" (Decca, 1951)
  • "Please Don't Leave Me"/"Three-Handed Woman" (Decca, 1951)
  • "Trust in Me"/"Cock-a-Doodle Doo"/"Work Baby Work" (Decca, 1951)
  • "May Every Day Be Christmas"/"Bone Dry" (Decca, 1951)
  • "Louisville Lodge Meeting"/"Work Baby Work" (Decca, 1951)
  • "Slow Down" (Decca, 1951 [1952])
  • "Fat Sam from Birmingham" (Decca, 1951 [1953])
  • "There Must Be a Way" (Decca, 1951 [1953])
  • "Come And Get It" (Decca, 1951 [1954])

With Eddie Kirkland

  • It's the Blues Man! (Tru-Sound, 1962)

With Mundell Lowe

With Gary McFarland

With Joe Newman

With Shirley Scott

With Johnny "Hammond" Smith

With Leon Thomas

  • Leon Thomas in Berlin (Flying Dutchman, 1970)
  • Gold Sunrise on Magic Mountain (Flying Dutchman, 1970)

参考文献編集

  1. ^ Allmusic
  2. ^ Impulse! Records catalog at http://www.jazzdisco.org/impulse-records/
  3. ^ a b c d Joe Goldberg, "Focus on Oliver Nelson" – Down Beat magazine, February 15, 1962 Vol. 29, No. 4. page 17.
  4. ^ a b c Phil Woods, Reflections in E-flat – Saxophone Journal, September/October 1995 page 62.
  5. ^ Garland, Phyl (November 1968). “The Many 'Bags' of Oliver Nelson”. Ebony (Johnson Publishing Company): 118. ISSN 0012-9011. http://books.google.com/books?id=1OEDAAAAMBAJ&pg=PA110 2016年7月25日閲覧。. 
  6. ^ Garland, Phyl (November 1968). “The Many 'Bags' of Oliver Nelson”. Ebony (Johnson Publishing Company): 110. ISSN 0012-9011. http://books.google.com/books?id=1OEDAAAAMBAJ&pg=PA110 2015年10月13日閲覧。. 

外部リンク編集