オリーブ

オリーヴから転送)

オリーブ(橄欖、: olive [ˈɒlɨv]学名: Olea europaea)は、モクセイ科常緑高木。実が食用油オリーブ・オイル)の原料や食用になるため、広く栽培されている。

オリーブ
Olea europaea subsp europaeaOliveTree.jpg
オリーブの樹
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : キク類 asterids
: シソ目 Lamiales
: モクセイ科 Oleaceae
: オリーブ属 Olea
: オリーブ O. europaea
学名
Olea europaea
和名
オリーブ
英名
Olive
オリーブの実

概要編集

果実は油分を多く含み、主要な食用油の一つであるオリーブ・オイルの原料である。 古代から重要な油糧作物として知られている。また原産地が西洋文明の発祥区域であった地中海沿岸であるため、旧約聖書で鳩がオリーブ(זַיִת zayit)の葉をくわえて帰ってきたのを見てノア洪水がひいたことを知った(創世記8章11節)という記述をはじめ多くの文化的記録が残っている。が小さくて硬く、比較的乾燥に強いことからスペインイタリアなどの地中海地域で広く栽培されている。

紀元前700年頃から古代ギリシアはオリーブの栽培によって国力を蓄え、今日の産油国のように繁栄を迎えた。オリーブには希少価値があり、ヘロドトスは紀元前5世紀頃に「アテナイを除き、世界のどこにもオリーブの木は存在しない」と記述している。ギリシアが地中海各地に植民市を建設するとともに、オリーブの木も移植され広まっていった。紀元前370年頃にイタリア半島へ移植され、やがてオリーブの主要生産地の一つとなった[1]

古代ギリシア語ではἐλαία (「エライアー」、オリーブの木やオリーブの実を指す)、あるいはἔλαιον (「エライオン」、オリーブ・オイルを指す)。前者は古くἐλαίϝα(「エライワー」)のように発音されており、それをラテン語に借用した形がŏlīva(「オリーワ」)である[2]ロマンス諸語のイタリア語oliva、スペイン語oliva、フランス語oliveはいずれもラテン語に由来する。英語のoliveは古フランス語からの借用である。なおオリーブ・オイルを指すἔλαιονの方はラテン語に借用されてoleumとなり、イタリア語olio、フランス語huile、英語oil(いずれも「油」を意味する)はいずれもこのラテン語に由来する[注 1]

日本語では基本的には英語やフランス語を音写した「オリーブ」と呼ばれ、まれに「橄欖(かんらん)」と呼ばれることもあるが、橄欖は本来オリーブとは全く異なるカンラン科の常緑高木である(カンラン (カンラン科)参照)。これは、オリーブに似た緑色の鉱物オリビン(olivine)を和訳する際に、まったく違う樹木である橄欖の文字を誤って当てて「橄欖石(かんらんせき)」と名づけてしまい、植物のほうも同様に誤字が流布してしまった結果であるという説がある。ただし、明治初期に和訳された新約聖書マタイによる福音書』の中に「橄欖山の垂訓」があり、当時はオリーブを用法の似た「かんらん」と混同ないし、同一視されていたため、鉱物の誤訳説には疑問がある。また別の説では、カンランの果実を塩蔵したものを英語で chinese olive と称したことによるとも言われる。

利用編集

オリーブの果実は油を搾るほか食用にされる。そのまま生食すると苦味が強いが、加熱すると苦味がやわらぐため、ピクルスピザの材料としたり、塩漬けにしてカクテルマティーニに添えられたりする。また種子からも油が取れるが、これはオリーブ核油といい、オリーブ油よりも品質が劣る。

日本国内の産地である香川県では、飼料にも使われている。葉の粉末入りの餌を与えた養殖ハマチはさっぱりした味わいになるという[3]。搾油後の果実は食用の地鶏に与えられている[4]

オリーブの木材は硬く(の先で押してもほとんど傷つかない)重く(比重は約0.9)緻密で、油分が多く耐久性がある。このため装飾品や道具類、特にまな板すり鉢すりこぎスプーン、調理用へらなどの台所用品を作るのによく用いられる。木製品としてはかなり高価である。日本では印鑑の材料にされることもある。辺材は黄白色、心材は黄褐色で、褐色の墨流しのような不規則なしま模様がある。オリーブ材の加工はフランスやイタリアなどで盛んだが、ヨーロッパのオリーブは幹が細いものが多く、加工用のオリーブ材はチュニジアなどのアフリカ産が多い。日本でも小豆島でオリーブ材をわずかに生産している。

害虫編集

4月頃から先端が青虫に食害されることが多い。これを防ぐためにフェニトロチオン等の乳剤の希釈液を幹にだけ塗布する樹幹散布が行われる。他にもオリーブアナアキゾウムシによる被害もある。

生産編集

 
オリーブの生産地

オリーブは重要な商品作物である。国際連合食糧農業機関(FAO)の統計資料によると、98%以上の生産国は地中海に面し、そのうち、2/3がヨーロッパ州に集中している。

2002年のオリーブの実の生産量は1398万トンであり、全体の30.8%をスペインが生産(430万トン)していた。生産上位10カ国は、スペイン、イタリア(19.5%)、ギリシャ(14.3%)、トルコ(10.7%)、シリア(7.1%)、モロッコ(3.0%)、ポルトガルエジプトアルジェリアヨルダンである。

1960年には年産400万トンだったが、1990年に1000万トンを超えた。2002年までの10年間に生産量が著しく増加した国は、スペイン(140万トン)、シリア(80万トン)、トルコ(70万トン)、エジプト(30万トン)。ギリシャ(20万トン)、ヨルダン(15万トン)である。逆に、減少が著しい国はイタリア(50万トン)、チュニジア(20万トン)である。

2002年時点で、地中海に面した国のうちオリーブ生産量(果実)が少ないのはアルバニア(2.7万トン)、キプロス(1.8万トン)、フランス(2万トン)、マルタのみである。地中海以外であっても、地中海性気候に属する地域を含む国ではオリーブは生産されている。例えば、イラン(4万トン)である。中央アジアでもわずかに生産されているが統計データとしてはごく少量である。

北米大陸では、カナダ南部ソルトスプリング島でも生産されるようになっている[5]

日本編集

日本では江戸時代平賀源内ホルトノキをオリーブと誤認して栽培に取り組んだ。明治維新後、殖産興業をめざす明治政府は海外の有用動植物を移入して国内での繁殖・栽培を試み、暖地性作物については1878年に神戸に3000の園地を設け、ゴムノキのほかオリーブを植えた。当時は「神戸阿利襪(オリーブ)園」と書き、現在の神戸北野ホテル近くにあった。主導したのは、フランス留学時に多くの植物を持ち帰った薩摩藩出身の前田正名である。1882年には実の塩蔵品とオリーブ・オイルを生産するに至り、その味はフランス出身のお雇い外国人ボアソナードが絶賛する程であった。西南戦争で財政難に陥った明治政府はオリーブ園の売却を決め、1888年に前田に払い下げ、前田は後に川崎正蔵川崎造船所創業者)に売った。日露戦争を機に日本が北洋漁業を拡大したため缶詰用オリーブ・オイルの需要が増えため、1905年から神戸市農会諏訪山に残っていた300本を管理したが、神戸市街の拡大に伴い1908年にオリーブ園事業は完全に中止された。神戸市内の湊川神社にあるオリーブは、神戸オリーブ園由来の古木である。続いて政府がオリーブ栽培地として目を付けたのが小豆島で、神戸で園長を務めた福羽逸人が搾油の指導に当たった[6]

小豆島での栽培は1910年頃に初めて成功した。現在は香川県を含む四国全域、岡山県広島県兵庫県九州関東地方中部地方東北地方など全国各地で栽培されている。宮城県石巻市東日本大震災からの復興の一環として、"北限のオリーブ"栽培に取り組んでいる[7]。2015年から北海道豊浦町でも栽培が行われている[8]

なお、果実から種を取り出すための専用器具も販売されている。

程度差はあるが自家不和合性が有るため同一品種の花粉では結実し難い[9]

耐用年数編集

日本の平成20年度税制改正において、法人税等の「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」が改正され、別表第四「生物の耐用年数表」によれば平成20年4月1日以後開始する事業年度にかかるオリーブ樹の法定耐用年数は25年となった。

ギャラリー編集

象徴としてのオリーブ編集

  • オリーブの樹は「太陽の樹」とも呼ばれる。オリーブの樹や枝は「太陽の象徴」(または「金星の象徴」)である。
  • 古代エジプトでは、女神イシスがオリーブの栽培と利用を教えたとされる。ラムセス3世太陽神ラーに神殿の灯油のためのオリーブ畑を捧げたとされる。
  • ホメーロスはオリーブ・オイルを「液体の黄金」と謳った。オリーブ・オイルは古代地中海貿易の主要商品の一つであった。オリーブは「豊穣・富の象徴」とされる。
  • オリーブはフクロウとともに、女神アテーナーに付随するシンボルである。アテナイの発行した4ドラクマ銀貨は、表に女神アテーナー、裏にフクロウとオリーブの枝と三日月が刻印されていた。
  • オリーブは「生命の木」の一つとされる。生命の木は神話上の概念であるが、そこに具体的な植物を当てはめようとしたとき、ナツメヤシ、イチジク、ボダイジュ、オリーブ、オーク、トネリコ、キスカヌや、クリスマスツリーにも使われる、スギ、モミ、トウヒ、マツなどの、生命力溢れる常緑樹(evergreen tree)が、生命の木の候補とされる。
  • オリーブは「勝利の象徴」ともされる。
  • ギリシア神話では、女神アテーナーは海神ポセイドーンアッティカの領有権を争い、どちらが市民に役立つ贈り物をするかを競い、ポセイドーンは塩水の湧き出る泉もしくは戦に役立つ馬を、アテーナーは食用となる実とオリーブオイルの採れるオリーブの樹(の森)を贈り、アテーナーはアッティカの守護女神に選ばれ、アッティカの中心となるポリスは「アテナイ」と呼ばれるようになった。
  • オリュンピア大祭(古代オリンピック)では、勝者に授けられる冠にクレタ島のオリーブの樹から作られたオリーブ冠が使われた。これを月桂冠とするのは誤りで、月桂冠は太陽神アポローンの聖地であるデルフォイで行われるピューティア大祭の勝者に授けられた。
  • ユダヤ教キリスト教イスラム教では、オリーブオイルは戴冠式聖別などの宗教儀礼での「聖油」としても用いられる。
  • オリーブの枝は、とともに「平和の象徴」となっている。これは『旧約聖書ノアの箱舟のくだりで「が起こした大洪水のあと、陸地を探すためにノアの放った鳩が、オリーブの枝をくわえて帰ってきた。これを見たノアは、水が引き始めたことを知った」との一節(『創世記』8章8-12節)に基づいている。斜に構えた見方をすれば、オリーブや鳩の象徴する「平和」とは、「(神罰・世界の終末による)大災厄により、ほとんどの(悪しき)人間が滅びた後の、「新世界」における平和」ともいえる。
  • 旧約聖書やギリシヤ神話の故事から、オリーブの花言葉は「平和」「安らぎ」「知恵」「勝利」である。
  • 聖書は、イエス・キリストは普段からオリーブ山のふもとのゲッセマネ(「オリーブの油搾り」)の園で祈ることを好み[10]最後の晩餐の後もゲッセマネの園で最後の祈り(ゲツセマネの祈り)を捧げた[11]、と伝えている。
  • ヨハネの黙示録11:4に、オリーブの木が登場する。「彼らは、全地の主のみまえに立っている二本のオリーブの木、また、二つの燭台である。」この2本のオリーブの木は太陽と金星を象徴している。
  • オリーブの枝は、ベネディクト会のシンボルであり、同会は「オリーブ会」とも呼ばれる。
  • オリーブの枝は、国際連合旗や、いくつかの国の国旗国章にも使われている。
  • オリーブは、ギリシャ(国樹)、イスラエル(国樹)、ポルトガル(国花)の、国樹・国花である。
  • イタリア政党連合にも「オリーブの木」というのがあった。
  • 米ドル紙幣に描かれたハクトウワシの右脚には「オリーブの枝」、左脚には「」が握られている。
  • 日本では、香川県の県の木、県の花に指定されている。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ スペイン語: óleoもラテン語oleumに由来するが、この語は通常油絵の油を指し、油一般を意味する語はaceite(アラビア語由来)である。

出典編集

  1. ^ ビル・ローズ著 柴田譲治訳『図説:世界史を変えた50の植物』原書房、2012年、pp140-143
  2. ^ Palmer, L. R. (1987) [1954]. The Latin Language. University of Oklahoma Press. pp. 50,215,220. ISBN 080612136X 
  3. ^ さぬきオリジナル オリーブハマチ(2018年9月27日閲覧)。
  4. ^ 「オリーブ地鶏」食べて/香川、「牛」「豚」に続き販売開始産経WEST(2018年4月23日)2018年9月27日閲覧。
  5. ^ エミリー・オルセン「すべてのオッズに対して:カナダからの最初のオリーブオイル」Olive Oil Times(2017年6月16日)2020年2月8日閲覧
  6. ^ 中西テツ(神戸大学名誉教授)「オリーブ園 神戸で再び芽◇140年前に国営で開園も20年で閉園 国内初の油生産にも貢献◇」日本経済新聞』朝刊2020年2月3日(文化面)2020年2月8日閲覧
  7. ^ “北限のオリーブ栽培実験の取組創設”. 石巻市. (2016年5月20日). http://m-nkaigi.sub.jp/wadai/20160520/20160520_ishinomaki.pdf/ 
  8. ^ 北海道に「北限のオリーブ」出現、商業生産へ始動『日本経済新聞』電子版2020年2月5日(2020年2月8日閲覧)
  9. ^ 大場和彦、下高敏彰、泉哲也、中道隆広「長崎県におけるオリーブ栽培適地性の農業気象学的解析 」『長崎総合科学大学紀要』2012, No.52
  10. ^ ルカによる福音書』 22:40
  11. ^ 『ルカによる福音書』22:43~44

関連項目編集

外部リンク編集