この項ではオルガン音楽のうち、特にパイプオルガンの作品の歴史について述べる。

中世とルネサンス編集

オルガンの楽器としての歴史と同様、オルガン作品の歴史も古くからあるはずだが、その解説は楽譜として残っているものに拠るしかない。従ってここではタブラチュアなどに記録されたものを対象に述べることになる。

主な作曲家と作品編集

※この時代の鍵盤音楽は、しばしばオルガン、クラヴィコード、チェンバロで演奏された。

バロック編集

主な作曲家と作品編集

古典派編集

ロマン派編集

オルガン音楽の復興は、19世紀フランスにおいて始まった。フランス革命によって、中世から存在したオルガンは、教会と共にその殆どが破壊された。そこへ現れたのが、名オルガン製作者カヴァイエ・コルであった。彼は、バロック期までのオルガンとは違って、オーケストラを一人で弾くようなオルガンを次々と製作した。彼の製作したオルガンの奏者たちは、その新たな楽器にふさわしい作品をこぞって作曲した。サン=サーンスフランクヴィドールといった人々がそうである。こうして、フランスに楽派が形成されることになる。

主な作曲家と作品編集

近代・現代編集

主な作曲家と作品編集

外部リンク編集