オルガ・トヴェルスカヤ

オルガ・トヴェルスカヤ (Olga Tverskaya、1968年 - )は、 ソビエト連邦出身のイギリスのフォルテピアノ奏者である。

来歴編集

1968年生まれ。レニングラードでピアノを学ぶ。ソ連国内でのモダンピアノでの活躍ののち、1990年にイスラエルへ移住。ラビン・テル・アヴィブ音楽大学を卒業後、フォルテピアノに惹かれ1992年、ロンドンギルドホール音楽演劇学校 へ入学し、クリストファー・カイトに師事する。[1]

ウィグモア・ホールでデビュー。ロンドンを拠点にソロ演奏、室内楽、協奏曲、リート(歌曲)演奏で活躍し、デビュー数年後には、フォルテピアノの最も優れた演奏者のひとりとしての評価を30歳前後の年齢にして確立するに至った。

 録音でも高い評価を得、Opus111から非常にレヴェルの高い演奏のCDをソロ演奏、マイリ・ローソンレイチェル・ポッジャーなどとのアンサンブル、ファビオ・ビオンディとのデュオなどでリリースした。シューベルトのピアノソナタ録音は非常に評価が高く、日本でも吉田秀和がレコード芸術誌に掲載されたシューベルトのピアノソナタD959の録音への批評に於いて、トヴェルスカヤの演奏をリヒテル、グールドらの演奏解釈と並べ比較し称賛した。1999年には ‘Music at Restoration House’ 音楽祭のアーティスティックアドヴァイザーに任命された。

 しかし、惜しみない賛辞にもかかわらず、録音は2001年リリースの ヤン・ヴァーツラフ・ヴォジーシェク 作品集で途絶える。2003年時点では、コンサート活動が続いているのにもかかわらずCDは廃盤となっていた。

その後は情報が殆どなくなり、近年は公の演奏活動を行なっていない模様である。

録音編集

Opus111から11枚のCDが発売された。

・ハイドン: イングリッシュ・カンツオネッタとスコットランド、ウェールズ歌曲集 <トヴェルスカヤとマイリ・ローソンのデビューCD> (1994) 共演マイリ・ローソン(ソプラノ)、 レイチェル・ポッジャー(バロック・ヴァイオリン) オレグ・コーガン(チェロ) 使用楽器: ブロードウッド1816年製6オクターヴ(ベートーヴェンの所有したものと同型)、デイヴィッド・ウィンストン修復

・シューベルト: ヴァイオリン・ソナタ集 (1995) 共演 ファビオ・ビオンディ(バロック(クラシカル)ヴァイオリン) 使用楽器: コンラート・グラーフ1820年ごろ製作

・シューベルト:ピアノソナタD959、楽興の時  (1995) 使用楽器:コンラート ・グラーフ1820年頃製作・デイヴィッド・ウィンストン調整

・Music at the Court of St.Petersburg Vol.1. Piano Music (1996) グリンカ、フィールド、リゾグープなどの作品を収録

使用楽器: ヨーゼフ ・ブロートマン1823年ウィーン製のモデルによるデイヴィッド・ウィンストン製、イギリス・ビデンデン1995年

・ブラームス:チェロ・ソナタ 共演ペーター・ブルンズ 使用楽器:エラール

・モーツァルト: ヴァイオリン・ソナタ集 共演 ファビオ・ビオンディ 使用楽器:アントン・ヴァルター1790年代ウィーンのモデルによるポール・マクナルティー製


脚注編集

  1. ^ ファビオ・ビオンディ&オルガ・トヴェルスカヤ デュオリサイタル”. 2019年2月閲覧。