オルドルフ (ザクセン公)

オルドルフ(Ordulf, ? - 1072年3月28日)またはオットー(Otto)は、ビルング家出身のザクセン公(在位:1059年 - 1072年)。オルドルフはザクセン公ベルンハルト2世とアイリカ・フォン・シュヴァインフルト(ノルトガウ辺境伯ハインリヒ・フォン・シュヴァインフルトの娘)の間の子。

オルドルフ
Ordulf
ザクセン公
Wartburg-Duke.Orthilius.von.Sachsen.JPG
ザクセン公オルドルフ、ヴァルトブルク城歴史画(19世紀)
在位 1059年 - 1072年

死去 1072年3月28日
埋葬 リューネブルク、聖ミヒャエル教会
配偶者 ヴルフヒルト
  ゲルトルート・フォン・ハルデンスレーベン
子女 マグヌス
ベルンハルト
家名 ビルング家
父親 ベルンハルト2世
母親 アイリカ・フォン・シュヴァインフルト
テンプレートを表示
ハインリヒ4世からオルドルフへの書簡

生涯編集

1043年、オルドルフは敵対していたデンマーク王スヴェン2世と同盟を結び、リルスコフ・ヘーデの戦いにおいて、ノルウェー王マグヌス1世側についたザクセン貴族とともにオボドリド族の軍を破った。デンマークの年代記によると、優勢とみられたスラヴ軍を攻撃するようマグヌスを説得したのはオルドルフであったという。

1059年、オルドルフは父ベルンハルト2世の跡を継いでザクセン公となった。彼の統治期間に起こったことは、ノルダルビンギア地方の支配の喪失、オボドリド族の支族であるヴァグリ族によるシュトルマルン地方の荒廃とハンブルクの破壊、そしてそれら失われた領地の奪還の失敗である。スラヴ人に対する連敗から、同時代の人々はオルドルフを「無駄な努力をする人」(ブレーメンのアダム)と評した。

オルドルフは1072年に死去し、リューネブルクの聖ミヒャエル教会に埋葬された。

子女編集

1042年11月にノルウェー王オーラヴ2世の娘ヴルフヒルトと結婚し、1男をもうけた。

  • マグヌス(1045年頃 - 1106年) - ザクセン公(1072年 - 1106年)

2度目に、ゲルトルート・フォン・ハルデンスレーベン(ハルデンスレーベン伯コンラートの娘)と結婚し、1男をもうけた。

  • ベルンハルト - 落馬しリューネブルクで死去

参考文献編集

先代:
ベルンハルト2世
ザクセン公
1059年 - 1072年
次代:
マグヌス