オルドーニョ3世 (Ordoño III de León, 926年頃 - 956年)は、レオン王(在位:951年 - 956年)。

オルドーニョ3世
Ordoño III
レオン王
Ordono III of León.jpg
10世紀に描かれたオルドーニョ3世
在位 951年 - 956年

出生 926年
死去 956年
Banner of arms kingdom of Leon.svg レオン王国サモラ
埋葬 Banner of arms kingdom of Leon.svg レオン王国、サン・イシドロ・デ・レオン教会
配偶者 ウラカ・デ・カスティーリャ
子女 オルドーニョ
テレサ
ベルムード2世
家名 アストゥリアス家
王朝 ペレス朝
父親 ラミロ2世
母親 アドシンダ・グティエレス
テンプレートを表示

生涯編集

ラミロ2世の子[1]。彼の即位に対抗する異母弟サンチョを支持するナバーラカスティーリャと対峙した。

彼はまた内部の反乱、アル・アンダルスムーア人からの攻撃、ガリシアの反乱に対処しなければならなかった。イスラム教徒への対応として、955年にリスボンにまで兵を送っている。この大事件以前、イスラム教徒は和平のために何もしなかった。和平交渉は、レオン王とコルドバ太守アブド・アッラフマーン3世との間で締結された条約で終了した。

彼は父が行ったように、領土の防衛強化、頑なで分離しようとするカスティーリャ伯フェルナン・ゴンサレスに対して王権を強化しようとし、フェルナン・ゴンサレスの娘ウラカと結婚した。しかし、のちにフェルナン・ゴンサレスとサンチョ王子の同盟が行われたことを理由に、ウラカを拒絶した。

子女編集

カスティーリャ伯フェルナン・ゴンサレスの娘ウラカは少なくとも2子をもうけた。

  • オルドーニョ - 早世
  • テレサ - 修道女

ベルムード2世もオルドーニョ3世の子であるが、彼がウラカの子か、オルドーニョ3世の愛妾の子か意見は分かれている。

脚注編集