オル・サッソン(Or Sasson 1990年8月18日- )は、イスラエルエルサレム出身の柔道選手。得意技は背負投。階級は100kg超級。身長193cm[1][2]

獲得メダル

オル・サッソン
イスラエルの旗 イスラエル
柔道
オリンピック
2016 リオデジャネイロ 100kg超級
ワールドマスターズ
2016 グアダラハラ 100kg超級
グランドスラム・パリ
2016 パリ 100kg超級
ヨーロッパ競技大会
2015 バクー 100kg超級
ヨーロッパ選手権
2016 カザニ 100kg超級

人物編集

2009年にユダヤ系アスリートの祭典として知られるマカビア競技大会の100kg級で優勝した[2]。その後もヨーロッパオープン・トビリシヨーロッパオープン・ワルシャワで優勝したものの、2014年に階級を100kg超級に変更した[2]。2015年にはヨーロッパ競技大会の決勝でアダム・オクルアシビリに敗れるも2位となった[2]世界選手権では初戦で韓国の金成民に敗れた[2]。2016年のグランドスラム・パリでは準決勝で日本の七戸龍背負投で破るも、決勝で同じ日本の原沢久喜の前に指導3で敗れた[2]ヨーロッパ選手権では決勝まで進んでテディ・リネールと対戦するが、指導3まで取られると終了直前に背負投にいった所を腕挫十字固に極められて敗れた[3][4]

リオデジャネイロオリンピックでは準決勝でリネールを相手に善戦するも、終了間際に技ありを取られて敗れた。しかし三位決定戦に勝利し、銅メダルを獲得した[1][5]。なお、今大会の初戦でエジプトのイスラーム・エルシャハビに一本勝ちしたが、その直後にサッソンが握手を求めるとエルシャハビは後ずさりをしてこれを拒み、畳から降りようとした。しかし、審判に呼び戻されて一礼はした。エルシャハビは自国の強硬派やマスコミからイスラエルとの対戦を拒否するように盛んに圧力がかけられていたという。それでも本人の意思により試合には出場したものの、握手は拒むこととなった。IJFによれば、柔道の試合で礼をすることは義務だが、握手は各選手の任意であるとの見解を示しており、この件で処分を科すか決まっていないという。一方でIOCは、「五輪精神に反した行動で受け入れることはできない」として事実関係を調査した結果、オリンピックにおけるフェアプレーと友好精神に悖る行為だと認めて厳重注意処分とした。また、エジプトオリンピック委員会にも選手への適切な教育を求めることとなった[6][7][8]。オリンピック以来約1年2か月ぶりの国際大会となった2017年10月のグランプリ・タシュケントでは優勝した[9]世界選手権(無差別)ではビザの発給をモロッコ当局に一旦は拒否されたものの、IJF会長であるマリウス・ビゼールの力添えで入国することができた。試合では2回戦で100kg級の選手であるフランスのシリル・マレに一本負けした[2][10][11]。2019年に地元のテルアビブで開催されたグランプリ・テルアビブでは優勝した[2]

IJF世界ランキングは1238ポイント獲得で14位(19/4/22現在)[12]

主な戦績編集

100kg級での戦績

100kg超級での戦績

(出典[2]JudoInside.com)。

脚注編集

外部リンク編集