オルーミーイェ湖

オルーミーイェ湖イランの北西にある塩湖。イラン最大の湖で、面積はおよそ5,960 km²である。ただし2000年代以降、水位低下が著しく進行しており実際の面積も減少傾向にある。ウルミア湖[1]ウルミエ湖[1]ともいう。

オルーミーイェ湖
オルーミーイェ湖の縮小の推移(1984年と2014年)
オルーミーイェ湖の縮小の推移(1984年と2014年)
オルーミーイェ湖の位置(イラン内)
オルーミーイェ湖
オルーミーイェ湖 (イラン)
所在地 イランの旗 イラン
位置 北緯37度40分 東経45度30分 / 北緯37.667度 東経45.500度 / 37.667; 45.500座標: 北緯37度40分 東経45度30分 / 北緯37.667度 東経45.500度 / 37.667; 45.500
面積 5,960 km2
最大水深 16 m
平均水深 5 m
貯水量 45 km3
淡水・汽水 塩湖
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

概要編集

以前は、中東ではカスピ海に次ぐ巨大な塩湖で[2]、最も深いところは深さ16 m。湖の中にはいくつかの島があり、渡り鳥の休憩地となっていた。

国立公園に指定されている。

流入する河川でのダム整備の影響で20年前から水位の低下が目立ち、現在では湖の半分が干上がって湖底が露出。乾燥して塩分が堆積し、周辺農地の塩害や大気汚染による健康被害が懸念される事態となっている[3]

交通編集

西岸のオルーミーイェと東岸のタブリーズとの間には、フェリーが運行されてきたが、湖岸線の後退に伴い船着き場を移動させ、新たな船着き場までは道路を建設することで航路は維持されていた。しかし、湖の縮小には歯止めが掛からず2008年9月に航路の停止が発表されている[4]

出典編集

  1. ^ a b デジタル大辞泉の解説”. コトバンク. 2018年2月4日閲覧。
  2. ^ 巨大湖が消える… 温暖化と過剰な取水で渇水が加速”. 日経スタイル (2018年2月28日). 2020年6月1日閲覧。
  3. ^ イラン:世界有数の塩湖、消滅の危機(毎日.JP.2011年9月5日)2011年9月8日閲覧
  4. ^ ウルミエ湖、急激な水位低下で船舶運航停止(Jam-e.Jam紙2008年09月03日付)2011年9月8日閲覧

外部リンク編集