オレクサンドル・ウシク 対 ムラト・ガシエフ戦

オレクサンドル・ウシク 対 ムラト・ガシエフ戦(オレクサンドル・ウシク たい ムラト・ガシエフせん)は、2018年7月21日にロシアモスクワオリンピック・スタジアムで開催されたプロボクシングの試合。WBCWBO世界クルーザー級王者のウシクとWBAIBF世界クルーザー級王者のガシエフが行う4団体王座統一戦でWorld Boxing Super Seriesのクルーザー級の決勝戦。通算で3回目となる4団体統一戦となった。アンダーカードで準決勝でウシクに敗れた前WBC世界クルーザー級王者マイリス・ブリエディスの復帰戦が組まれた。

WBSS CRUISER FINAL
オレクサンドル・ウシク 対 ムラト・ガシエフ
開催日 2018年7月21日
認定王座 WBAWBCIBFWBO世界クルーザー級王座統一戦
リングマガジン世界クルーザー級王座決定戦
World Boxing Super Seriesクルーザー級決勝戦
開催地 ロシアモスクワ
会場 オリンピック・スタジアム
観衆 24000人[1]
リングアナ デビッド・ディアマンテ
主催 アレクサンデル・ポポフ(パトリオット・ボクシング・プロモーションズ)
ウィルフリード・ザウアーラント(ザウアーラント・イベント)
トム・ローファー(K2プロモーションズ)
アレクサンデル・クラスユク(K2プロモーションズウクライナ)
レオン・マグダレス(ウォリアーズ・ボクシング・プロモーションズ)
セシリア・ブレークフス(ファースト・レディー・プロモーションズ)

オレクサンドル・ウシク 対 ムラト・ガシエフ
The Cat (猫) Iron
比較データ
31歳 年齢 24歳
シンフェロポリ 出身地 ウラジカフカス
14戦 14勝 (11KO) 無敗 戦績 27戦 26勝 (19KO) 無敗 1無効試合
6フィート3インチ (190.5センチメートル) 身長 6フィート4インチ (193.0センチメートル)
199 lb (90 kg) 体重 199 lb (90 kg)
高度な的中率を誇る左フック、ボディアッパーからのフックのコンビネーション 特徴 強烈なプレッシャー、破壊力抜群の左右のフック
アナトニー・ロマチェンコ 指導者 アベル・サンチェス
ロンドンオリンピックヘビー級金メダリストWBC世界クルーザー級王者・WBO世界クルーザー級王者 評価 WBA世界クルーザー級スーパー王者IBF世界クルーザー級王者

結果 ウシク12回判定勝ち(3-0)
主審 セレスティーノ・ルイス(WBA・WBC・WBO)
副審 ロビン・テイラー(4団体)
マウロ・ディ・フォア(WBC)
フィリップ・バンバーク(WBA)

World Boxing Super Seriesクルーザー級決勝戦までの道のり編集

一回戦編集

2017年9月9日、ベルリンマックス・シュメリング・ハレWBO世界クルーザー級王者のウシクとWBO世界クルーザー級9位のマルコ・フックが対戦。ウシクが10回2分18秒TKO勝ちを収め3度目の防衛に成功し、WBSSの準決勝に進出した[2][3]

2017年9月23日、テキサス州サンアントニオアラモドームWBA世界クルーザー級王者のユニエル・ドルティコスとWBA世界クルーザー級6位でWBC世界クルーザー級シルバー王者のディミトリー・クドリャショフが対戦。ドルティコスが2回2分10秒KO勝ちを収め初防衛に成功し、WBSSの準決勝に進出した[4][5][6]

2017年9月30日、リガアリーナ・リガでWBC世界クルーザー級王者のマイリス・ブリエディスとWBC世界クルーザー級12位のマイク・ペレスが対戦。ブリエディスが12回3-0(116-110、115-111、114-112)の判定勝ちを収め初防衛に成功し、WBSSの準決勝に進出した[7][8]

2017年10月21日、ニュージャージー州ニューアークプルデンシャル・センターIBF世界クルーザー級王者のガシエフとIBF世界クルーザー級1位のクシシュトフ・ヴウォダルチクが対戦。ガシエフが3回1分57秒KO勝ちを収め初防衛に成功し、WBSSの準決勝に進出した[9][10]

準決勝編集

2018年1月27日、アリーナ・リガでWBO王者のウシクとWBC王者のブリエディスが対戦。ウシクが12回2-0(115-113×2、114-114)の判定勝ちを収めWBO王座の4度目の防衛とWBC王座の獲得に成功し、WBSSの決勝に進出した[11][12]

2018年2月3日、ロシアソチにあるボリショイ・アイス・ドームでIBF王者のガシエフとWBA王者のドルティコスが対戦。ガシエフが12回2分52秒TKO勝ちを収めIBF王座の2度目の防衛とWBA王座獲得に成功し、WBSSの決勝に進出した[13][14][15]

決勝編集

2018年5月11日、サウジアラビアジッダでWBSSの決勝戦が行われる予定であったが[16]、ウシクがトレーニング中に腕を負傷した為、夏頃に延期となった[17]

2018年6月20日、同年7月21日にロシアモスクワオリンピック・スタジアムで、WBC・WBO王者のウシクとWBA・IBF王者のガシエフによる4団体統一戦及びWBSS決勝戦が行われることが発表された[18]

2018年7月20日、前日計量が行われ、両者とも199ポンドを計測し両者とも一発で計量をパスした[19]

2018年7月21日、オリンピック・スタジアムで行われたWBA・WBC・IBF・WBO世界クルーザー級王座統一戦に於いて、ウシクが12回3-0(119-109×2、120-108)の判定勝ちを収め4団体統一に成功すると同時に、WBSSクルーザー級の優勝者となった[20]

トーナメント表編集

  一回戦
2017年9月9日(ベルリンマックス・シュメリング・ハレ
9月23日(サンアントニオアラモドーム
9月30日(リガアリーナ・リガ
10月21日(ニューアークプルデンシャル・センター
準決勝戦
2018年1月27日(アリーナ・リガ)
2月3日(ソチボリショイ・アイス・ドーム
決勝戦
7月21日(モスクワオリンピック・スタジアム
                           
TKO
10R 2:18
オレクサンドル・ウシク
判定2-0
マイリス・ブリエディス
12R
判定3-0
  12R
 
オレクサンドル・ウシク
判定3-0
ムラト・ガシエフ
12R
  KO
3R 1:57
ムラト・ガシエフ
KO
ユニエル・ドルティコス
12R 2:52
KO
2R 2:10

対戦カード編集

階級 契約 vs. 結果 ラウンド 時間 Notes
クルーザー級 200 lbs.   オレクサンドル・ウシク (c)   ムラト・ガシエフ (c) 判定3-0 12R - Note 1
スーパーミドル級 168 lbs.   ヒョードル・チュディノフ (c)   ナジブ・モハメディ 判定2-1 12R - Note 2
ミドル級 160 lbs.   マゴメド・マディエフ (c)   グイド・ニコラス・ピット 判定1-1 10R - Note 3
スーパーミドル級 168 lbs.   ウラジミール・シシュキン   ガサン・ガサノフ TKO 5R - Note 4
クルーザー級 200 lbs.   マイリス・ブリエディス   ブランドン・デロリエ 判定3-0 10R -
スーパーウェルター級 154 lbs.   コンスタンチン・ポノマレフ   セルゲイ・ボロビエフ 判定2-1 10R -
スーパーフェザー級 130 lbs.   デニス・シャフィコフ   ジョニー・ジェミノ 判定3-0 10R -
ウェルター級 147 lbs.   セシリア・ブレークフス (c)   インナ・サガイダコフスカヤ (c) 判定3-0 10R - Note 5
スーパーウェルター級 154 lbs.   セルヒイ・ボハチュク   ニコロジ・ギビニアシュヴィリ - - -
スーパーウェルター級 154 lbs.   シャクハバス・マクムフドフ   マルクハス・スジャスヴィリ - - -

^Note 1 WBAWBCIBFWBO世界クルーザー級王座統一戦、リングマガジン世界クルーザー級王座決定戦、World Boxing Super Seriesクルーザー級決勝戦
^Note 2 WBAインターナショナルスーパーミドル級タイトルマッチ及びWBA世界スーパーミドル級挑戦者決定戦
^Note 3 WBAアジアミドル級タイトルマッチ及びIBFインターナショナルミドル級王座決定戦
^Note 4 WBAインターコンチネンタルスーパーミドル級王座決定戦
^Note 5 WBA・WBC・IBF・WBO・IBO女子世界ウェルター級タイトルマッチ(サガイダコフスカヤが保持するWBC女子世界スーパーウェルター級暫定王座は懸けられない)

採点表編集

ロシアボクシング連合
公式採点表
王座:WBAスーパーWBCIBFWBO世界ミドル級王座統一戦
リングマガジン世界ミドル級王座決定戦
  主審:セレスティーノ・ルイス(WBA・WBC・WBO)   立会人:マリアナ・ボリソヴァ(WBA:ブルガリア,国際コーディネーター)
アルベルト・レオン(WBC:アメリカ,WBC副会長)
ダーリル・ピープルズ(IBF:アメリカ,IBF会長)
イシュトヴァン・コバチ(WBO:ハンガリー,WBO副会長兼WBOヨーロッパ会長)
開催日:2018年7月21日 会場:モスクワオリンピック・スタジアム 主催:パトリオット・ボクシング・プロモーションズ
ザウアーラント・イベント
K2プロモーションズ
オレクサンドル・ウシク ムラト・ガシエフ オレクサンドル・ウシク ムラト・ガシエフ オレクサンドル・ウシク ムラト・ガシエフ
RS TS TS RS RS TS TS RS RS TS TS RS
10 1 9   10 1 9   10 1 9
9 19 2 19 10 10 20 2 18 9 10 20 2 18 9
10 29 3 28 9 10 30 3 27 9 10 30 3 27 9
10 39 4 37 9 9 39 4 37 10 10 40 4 36 9
10 49 5 46 9 10 49 5 46 9 10 50 5 45 9
10 59 6 55 9 10 59 6 55 9 10 60 6 54 9
10 69 7 64 9 10 69 7 64 9 10 70 7 63 9
10 79 8 73 9 10 79 8 73 9 10 80 8 72 9
10 89 9 82 9 10 89 9 82 9 10 90 9 81 9
10 99 10 91 9 10 99 10 91 9 10 100 10 90 9
10 109 11 100 9 10 109 11 100 9 10 110 11 99 9
10 119 12 109 9 10 119 12 109 9 10 120 12 108 9
119 109   119 109   120 108
副審:ロビン・テイラー(4団体) 副審:マウロ・ディ・フォア(WBC) 副審:フィリップ・バンバーク(WBA)
処分:なし 減点:なし 結果:ウシクの12回判定勝ち


脚注編集

  1. ^ WBSS初代優勝者にウシク 賞金11億円&アリトロフィー獲得 デイリースポーツ 2018年7月22日
  2. ^ Usyk punishes and stops Huck in WBSS opener Fightnews.com 2017年9月9日
  3. ^ PHOTOS: USYK DOMINATES, STOPS MARCO HUCK IN TENTH ROUND WBO公式サイト 2017年9月18日
  4. ^ WBSS: Dorticos demolishes Kudryashov in two Fightnews.com 2017年9月23日
  5. ^ Dorticos retains his WBA Cruiserweight Belt WBA公式サイト 2017年9月24日
  6. ^ ドネア再起戦勝利、ドルティコス強打対決KO勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2017年9月25日
  7. ^ Briedis retains WBC title, advances in WBSS Fightnews.com 2017年9月30日
  8. ^ ブリーディスがWBCクルーザー級V1、次戦はウシク Boxing News(ボクシングニュース) 2017年10月1日
  9. ^ WBSS: Gassiev destroys Wlodarczyk in three Fightnews.com 2017年10月21日
  10. ^ ガシエフが3回KO勝ち IBFクルーザー級兼WBSS Boxing News(ボクシングニュース) 2017年10月22日
  11. ^ Usyk edges Briedis to unify WBC/WBO belts Fightnews.com 2018年1月27日
  12. ^ ウシクがWBO&WBC王座統一 WBSS決勝進出 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年1月29日
  13. ^ WBSS: Gassiev KOs Dorticos, unifies WBA/IBF Fightnews.com 2018年2月3日
  14. ^ 風太がロシアで殊勲の勝利、ガシエフは王座統一 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年2月4日
  15. ^ Gassiev knocked out Dorticos and is the new WBA Cruiserweight Champion WBA公式サイト 2018年2月4日
  16. ^ WBSSクルーザー級準決勝日程、オルティス出場許可 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年12月7日
  17. ^ Promoter: If Usyk is Injured, I'd Love Briedis To Face Gassiev BoxingScene.com 2018年5月14日
  18. ^ ウシクvsガシエフ WBSS決勝7.21モスクワで挙行 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年6月20日
  19. ^ クルーザー級4冠統一戦あす未明 オッズはイーブン Boxing News(ボクシングニュース) 2018年7月21日
  20. ^ ウシクがクルーザー級4冠統一 ガシエフに大差勝利 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年6月20日

関連項目編集

外部リンク編集


先代:
マイリス・ブリエディス戦
オレクサンドル・ウシクの試合
2018年7月21日
次代:
トニー・ベリュー戦
先代:
ユニエル・ドルティコス戦
ムラト・ガシエフの試合
2018年7月21日
次代:
ヌリ・セフェリ戦