メインメニューを開く

オレゴンから愛』(オレゴンからあい)は、アメリカオレゴン州ロケーション撮影されたフジテレビジョンテレビドラマ木曜劇場シリーズの第1作目でもある。

オレゴンから愛
Mounthoodoregonwithsnow.jpg
オープニング映像などで使われたフッド山
ジャンル テレビドラマ
脚本 黒土三男
演出 冨永卓二
横田安正
出演者 古谷一行
木の実ナナ
石和摂
今福将雄
寺泉哲章
伊藤蘭
平泉成
宇沙美ゆかり
オープニング さだまさし
「オレゴンから愛」
時代設定 現代
プロデューサー 中村敏夫
制作 フジテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1984年10月4日 - 12月27日
放送時間 22:00 - 22:54
放送枠 木曜劇場
テンプレートを表示

北の国から』のアメリカ版ともいわれ、同名タイトルの主題歌も「北の国から」と同じくさだまさしが歌った。さだまさし曰く「『北の国から』みたいな曲を作って下さい」と言われたという[1]

シリーズ編集

主演は古谷一行石和摂で、1984年10月4日から12月27日(全13話)まで『ナショナル木曜劇場[2]の枠で放送され、連続ドラマ終了後も単発のスペシャルが放送された[3]

ストーリー上のつながりがあるのは第1作の連続ドラマから『オレゴンから愛'88ホームステイサマー』までで、以後はテーマ曲がさだまさしのものであることと主演に(原則として)古谷一行と石和摂が起用されている点などが共通しているほかは、各回とも独立した一話完結の内容となっている。これは1990年より、宮内恭子役の木の実ナナが『阿国 OKUNI』に出演することになったため、スケジュールが調整できなくなったことによると言われている。

  • オレゴンから愛'85 - 1985年8月22日
  • オレゴンから愛'86 - 1986年8月21日
  • オレゴンから愛'87 - 1987年8月28日(『金曜女のドラマスペシャル』枠)
  • 夏休みスペシャル オレゴンから愛'88ホームステイサマー - 1988年8月26日(『男と女のミステリー』枠)
  • オレゴン日記'89 - 1989年10月6日(『秋のドラマスペシャル』)
  • オレゴンから愛II オレゴン日記'90 - 1990年8月31日(ドラマスペシャル)
  • オレゴンから愛'92 ―そよ風をトラックにのせて― - 1992年8月28日(『金曜ドラマシアター』枠。この回のみ大竹しのぶ主演)
  • オレゴンから愛'96 ラブレター 大自然の中で父と子が向き合った - 1996年9月6日(感動ドラマスペシャル。石和摂に替わり加藤晴彦が出演)

単発シリーズのうち「夏休みスペシャル オレゴンから愛'88ホームステイサマー」などの一部タイトルはVHSソフト化されているが、連続ドラマシリーズなどソフト化されたことのないタイトルも多い。

2018年現在DVDでの発売はないが、2010年12月7日 - 12月15日および2011年1月2日に「超解像リマスター版」として連続ドラマ全13話がフジテレビTWOで一挙放送された。

1989年、オレゴンから愛'88に対して、第26回ギャラクシー賞・選奨を受賞[4]

あらすじ編集

両親を亡くし、オレゴン州に住む叔母夫婦にひきとられることになった9歳の明は、水泳を続けるために日本の中学校に残った姉と1年間の約束で離れ離れになってしまう。

オレゴンの雄大な自然・人々に触れながら、人間としての成長を遂げる明。

日本を忘れられない明であったが、親代わりとして育ててくれる叔父叔母と共にオレゴンで生きていく決心をする。

サブタイトル編集

話数 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率[5]
第1話 10月4日 SPRING1 黒土三男 富永卓二 14.7%
第2話 10月11日 SPRING2 12.2%
第3話 10月18日 SPRING3 11.8%
第4話 10月25日 SPRING4 11.7%
第5話 11月1日 SUMMER1 横田安正 13.8%
第6話 11月8日 SUMMER2 富永卓二 12.8%
第7話 11月15日 SUMMER3 10.7%
第8話 11月22日 SUMMER4 14.4%
第9話 11月29日 SUMMER5 10.6%
第10話 12月6日 AUTUMN1 横田安正 11.7%
第11話 12月13日 AUTUMN2 11.9%
第12話 12月20日 AUTUMN3 10.3%
第13話 12月27日 AUTUMN4 富永卓二 12.6%

オレゴンから愛'87編集

明がオレゴンの叔母夫婦にひきとられて3年半、家族としての絆もますます深まった栄蔵一家に“いちご畑経営”の話がもち込まれる。売り手は日系人の父娘。やがて2つの家族は、このいちご畑をめぐって深い関わりを持つようになる。

オレゴンから愛'88ホームステイサマー編集

88年、明(石和摂)はオレゴンで農場を営む叔母夫婦の下で、すっかり成長した。その翌年、ホームステイツアーで明の昔の同級生たちがオレゴンにやってきた。最初は自然に感激する彼らだったが、生活に耐えられずステイ先の家を飛び出してしまう。雄大なオレゴンの暑い夏。自分たちの牧場を守るために、父と子の懸命な闘いが続いた。

(その後の放送についてはスタブ)

ハプニング編集

2006年2月22日放送の『トリビアの泉〜素晴らしきムダ知識〜』で、「古谷一行の主演のドラマには親子の感動的なシーンの後ろに交尾が映っている作品がある」として、『オレゴンから愛'96』での父(古谷)と息子(加藤晴彦)達が牧場で再会するシーンが紹介され、確かに画面の加藤の後方で牛が交尾している様子が確認された。しかし放送当時、カメラマンも編集も誰一人として気付かなかったそうである。

キャスト編集

オレゴンから愛編集

  • 古谷一行 - 宮内栄蔵(日系アメリカ人二世)
  • 木の実ナナ - 宮内恭子(栄蔵の妻・明の父の妹)
  • 石和摂(子役) - 原田明
  • 今福将雄 - 宮内武光(日系アメリカ人一世・栄蔵の父)
  • 寺泉哲章 - 宮内光二(日系アメリカ人二世・栄蔵の弟)
  • 伊藤蘭 - 島津陽子・のちに光二と結婚する
  • 平泉成 - 篠原信之(島津陽子の元婚約者)
  • 宇沙美ゆかり - 原田美奈子(明の姉)
  • 小野武彦 - 中条純一(美奈子の水泳コーチ・美奈子を引き取っている)
  • 田島令子 - コーチの妻
  • 生田智子 - 美奈子の友人・水泳仲間
  • 山本陽子(特別出演。6話のみ) - 旅行者
  • 石丸謙二郎(8話のみ) - 小柴(居酒屋の酔客)
  • 頭師孝雄(8話のみ) - 船山(酔客の上司)
  • 田中邦衛(特別出演。10話のみ) - 国枝正男
  • 土井千恵子(10話のみ) - 国枝チカ
  • 加藤嘉(7話のみ) - 山村新造(栄蔵の父の親友)
  • 寺田農(4.5話のみ) - 水沢邦雄(明のガールフレンドの父)
  • 天草四郎(8,9話のみ) - 宮内武春(宮内武光の弟)
  • 玉木潤(8話のみ) - 大下啓介(明の友達)
  • 笹尾幸世(8話のみ) - ゴンゾー(明の友達)
  • 斉藤盛次(8話のみ) - 安木(明の友達)

オレゴンから愛'92編集

スタッフ編集

オレゴンから愛編集

オレゴンから愛'92編集

  • 脚本 - 松原敏春
  • プロデュース - 鎌田敏郎
  • 監督 - 富永卓二
  • 音楽 - 渡辺俊幸

協力編集

関連書籍編集

  • オレゴンから愛 FROM OREGON WITH LOVE(フジテレビ出版 ISBN 4-89353-025-9、1984年11月1日) - 第1作の連続ドラマシリーズの脚本を主とした書籍。現地ロケ日記、およびプロデューサーと脚本家からのメッセージが添えられている。

脚注編集

  1. ^ さだまさし『噺歌集IV』(1989年 文春文庫 P26)。このためテーマ曲は「北の国から〜遥かなる大地より〜」と同じくスキャットで始まっている(ただし最後に短い歌詞がある)。
  2. ^ 当時は松下電器・松下電工(現:パナソニック)の提供だったため、『ナショナル』という冠が着いていた。
  3. ^ オレゴンから愛コトバンク
  4. ^ 第26回ギャラクシー賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2014年11月14日閲覧。
  5. ^ 「テレビ視聴率季報(関東地区)」ビデオリサーチ。
フジテレビ 木曜22時枠
前番組 番組名 次番組
乾いて候
【ここまで時代劇
オレゴンから愛
フジテレビ系 ナショナル木曜劇場
(なし)
オレゴンから愛
男の家庭科