ORESKABAND

日本のスカ・ロックバンド
オレスカバンドから転送)

ORESKABAND(オレスカバンド)は、日本のガールズスカロックバンド。所属レーベルはTERRY DOLLAR RECORD$。所属事務所はフラッグシップ・アーティスツ[1]

ORESKABAND
OreSkaBand.jpg
基本情報
別名 オレスカ
出身地 日本の旗 日本大阪府堺市
ジャンル スカロック
活動期間 2003年 -
レーベル Sony Music Associated Records
Sony Music Associated Records/TERRY DOLLAR RECORD$
Victor Music Arts
TERRY DOLLAR RECORD$
公式サイト ORESKABAND Official website
メンバー iCas(ボーカルエレクトリック・ギター
tae(ドラムス
HAYAMI(トロンボーン
ADD(テナー・サックス
YUME(エレクトリックベース
旧メンバー morico(テナー・サックス
SAKI(トランペット
tomi(エレクトリックベースボーカル
CC(キーボード
ORESKABAND
YouTube
チャンネル
活動期間 2008年 -
ジャンル 音楽
登録者数 約1.0万人
総再生回数 約100万回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2021年12月17日時点。
テンプレートを表示

2003年5月に結成。2006年メジャー・デビューし、全米ツアーや、アルゼンチン、ブラジル公演など、日本にとどまらず海外まで活動の幅を広げている。

概要編集

2003年5月、中学3年生の時に同級生のブラスバンド部を中心に結成。同10月に初ライブを行う。高校入学後も積極的にライブ活動を行い、2006年2月にソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズと契約締結。7月にデビュー・ミニ・アルバム『俺』でメジャー・デビュー。

メンバー編集

初期メンバーは全員大阪府堺市月州中学校出身。

元メンバー編集

  • morico  テナー・サックス(2003-2016)1988年9月12日 2015年3月から体調不良を理由に活動を休止。同年6月に結婚と妊娠を発表し[2]、2016年1月31日に育児に専念するため脱退[3]
  • SAKI トランペット(2003-2018)1989年1月12日 DUBFORCEのメンバーとしても活動。現在はMAYSON's PARTY のメンバーとして活動中。[4]
  • Tomi エレクトリックベース、ボーカル(2003-2020)1988年7月29日 mahol-hulMariner Valley Cruiseのベーシストとしても活動していた。現在はサポート活動をメインにしている。
  • CC キーボード(2019-2020)1988年5月24日 宮城県仙台市出身。PANAIIのメンバー、ソロとしても活動中。

サポート編集

  • Hisae トランペット(2019)1989年7月3日
  • カワノアキ エレクトリックベース(2020-2021)
  • Natsuka トランペット(2020-)
  • 亜万菜 キーボード(2021-)

 

経歴編集

メジャー・デビュー前編集

2003年5月、中学のブラスバンド部のメンバーを中心に「俺たちカスカスローソンスカバンドウィズカッターシャツ」結成。その後ライブハウスのスタッフにバンド名が長いと言われ「オレスカバンド」へ改名[5]。10月に初ライブを行った。

2004年にメンバーが高校進学し、本格的にライブ活動を開始。

2005年6月に自主制作盤『ペンパル』リリース。

メジャー・デビュー後編集

2006年1月21日に初の自主企画イベント「平成サラダ合戦」開催。2月にソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズと契約締結。プライベートレーベル「TERRY DOLLAR RECORD$」および専属マネジメント「TERRY DOLLAR PRODUCTION$」を設立。7月19日にデビュー・ミニ・アルバム『俺』をリリース。11月1日に1stシングル「アーモンド」リリース。

2007年はメンバーが高校を卒業し、3月からアメリカ最大の音楽見本市「サウス・バイ・サウスウエスト」を皮切りにアメリカでのライブを含む全国ツアー「We Are Oreskaband TOUR '07」を開催。5月に1stフル・アルバム『WAO!!』をリリース。

2008年は2度目となる「サウス・バイ・サウス・ウエスト」への出演[6]や「WARPED TOUR '08」で日本人として初の46都市全公演出演を果たす[7]10月22日、2ndミニ・アルバム「What a Wonderful World vol.1」、WARPED TOURライブ&ドキュメンタリーDVD「46 ORESKABAND ~WARPED TOUR 2008~」を同時リリース。

2009年10月に所属事務所をSME内の「Steezlab Music」へ移籍(今までマネジメントを行っていた「TERRY DOLLAR PRODUCTION$」はソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ内に置かれていた)。4月15日、3rdミニ・アルバム「What a Wonderful World vol.2」リリース。

2010年11月24日に3rdフル・アルバム『COLOR』リリース。

2011年、全国ツアー『COLOR collection 2011』を開催。

2013年2月27日に4thフル・アルバム「Hot Number」リリース。6月にアメリカで5年ぶりとなるロサンゼルス公演、7月には初のブラジル公演を行った。

2014年2月26日初のベスト・アルバム「BEST (2003-2013)」をリリース。

ビクターミュージックアーツ移籍後編集

2014年にレコード会社をビクターミュージックアーツへ移籍、バンド名を英語表記の「ORESKABAND」へ改名。7月には初のアルゼンチン公演を行った。9月10日、4thミニ・アルバム『Carry On!』リリース。

2016年1月31日、moricoが育児に専念するため脱退を発表[3]3月6日スカレゲエカルチャー系イベント「Stay Irie, Go Rudy」を渋谷club aisaにて開催。

3月9日、5thシングル「NEXSPOT / ¡Fiebre!」リリース。6月にサポートメンバーのADD(テナー・サックス)の正式加入を発表、11月23日、5thフルアルバム「Slogan」をリリース。「Slogan」リリースツアー "HAPPY!! SURVIVE!! 2017"を開催。梅田クラブクアトロ名古屋E.L.L.恵比寿LIQUIDROOMにて東名阪ワンマンライブを行う。

TERRY DOLLAR RECORD$移籍後編集

2017年11月3日、デビュー当時設立されたプライベートレーベル「TERRY DOLLAR RECORD$」の名を引継ぎ、自主レーベル「TERRY DOLLAR RECORD$」より、初の7インチEP盤「Groovin' Work Stylee」をリリース。同タイトル楽曲では、Rub A Dub MarketJa-ge Georgeと初のコラボレーションを行った。11月19日、「Stay Irie, Go Rudy 2017」を渋谷club aisaにて開催。その後12月にかけて初となるヨーロッパでのライブツアーを行う。(チェコドイツオーストリアイタリアフランススイスの6都市、全11公演)

2018年8月25日、毎年香港で開催される「Hong Kong International Reggae Ska Festival 2018」に出演し、アジア進出する。10月10日、大阪にて定期開催されているライブハウス体験型イベント「NANIWAdelic」のテーマソングとして、配信限定シングル「ITOKASHI」をよしもとミュージックよりリリース。12月29日、SAKI(Tp)が音楽作家活動に専念するため2018年を以てバンド活動を休止することを発表。[4]

2019年4月19日、「第11回沖縄国際映画祭」に出演し、映画祭のテーマソングである「笑顔のまんま」をスカカバーを配信限定リリース。7月13日済州島韓国)のロックフェス「Stepping Stone Festival」に出演。7月28日、「FUJI ROCK FESTIVAL’19」Gypsy Avalonステージへ出演。8月31日台湾で行われたスカフェスティバル「Taiwan Ska Fest Vol. 3」へ出演。10月27日、「Stay Irie, Go Rudy 2019」を代官山UNITにて開催。CC(Key)がバンドに加入。

2020年8月16日、初の配信ストリーミングライブ「さよならホームラン!〜君の瞳に乾杯〜」を開催。Tomi(Ba)がバンドを脱退。

2021年7月1日、YUME(Ba)がバンドに加入。

ディスコグラフィ編集

シングル編集

  発売日 タイトル 規格品番 チャート
オリコン
[8]
Sony Music Associated Records
1st 2006年11月1日 アーモンド AICL-1777 (CD) 75位
TERRY DOLLAR RECORD$ (Sony Music Associated Records)
2nd 2007年3月7日 忘れもの/チャック AICL-1811/2 (CD+DVD) 88位
3rd 2007年5月9日 爪先 AICL-1888 (CD) 44位
4th 2010年4月27日 自転車 AICL-2117 (CD) 75位
AICL-2115/6 (CD+DVD)
Victor Music Arts
5th 2016年3月9日 NEXSPOT/¡Fiebre! VMAN-6 (CD) -

配信限定シングル編集

発売日 タイトル レーベル
2017年11月3日 Upside Down TERRY DOLLAR RECORD$
Groovin’ Work Stylee (feat. Ja-ge George)
2018年10月10日 ITOKASHI YOSHIMOTO MUSIC
2019年2月13日 ITOKASHI(NANIWA delic 2018.11.25)@心斎橋Club Drop
2019年4月17日 笑顔のまんま
2021年11月10日 I'll Be There TERRY DOLLAR RECORD$
2021年12月1日 SHE

フル・アルバム編集

  発売日 タイトル 規格品番 チャート
オリコン
[9]
TERRY DOLLAR RECORD$ (Sony Music Associated Records)
1st 2007年5月23日 WAO!! AICL-2009 (CD) 29位
AICL-2007/8 (CD+DVD)
2nd 2007年9月4日 ORESKABAND TDR-001 (CD) -
3rd 2010年11月24日 COLOR AICL-2217 (CD) 140位
4th 2013年2月27日 Hot Number AICL-2512 (CD) 197位
AICL-2510/1 (CD+DVD)
Victor Music Arts
5th 2016年11月23日 slogan VMAN-015 (CD) 250位

ミニ・アルバム編集

  発売日 タイトル 規格品番 チャート 備考
オリコン
[9]
TERRY DOLLAR RECORD$ (Sony Music Associated Records)
1st 2006年7月19日 AICL-2006 (CD) 49位 -
2006年7月27日 SYUM-0666 (12inch) - FILE RECORDSより発売
2nd 2008年10月22日 What a Wonderful World! vol.1 AICL-2019 (CD) 78位 -
3rd 2009年4月15日 What a Wonderful World! vol.2 AICL-2020 (CD) 73位 -
Victor Music Arts
4th 2014年9月10日 Carry On! VMAN-1 (CD) - -
5th 2017年11月3日 Groovin' Work Stylee (7inch) - -

ベスト・アルバム編集

  発売日 タイトル 規格品番 チャート
オリコン
[9]
TERRY DOLLAR RECORD$ (Sony Music Associated Records)
1st 2014年2月26日 BEST (2003-2013) AICL-2642 (CD) 233位
AICL-2640/1 (CD+DVD)

映像作品編集

  発売日 タイトル 規格品番 チャート
オリコン
[10]
TERRY DOLLAR RECORD$ (Sony Music Associated Records)
1st 2008年10月22日 46 ORESKABAND -WARPED TOUR 2008- AIBL-9169 (DVD) 139位

その他編集

  • 「ペンパル」(2005年6月)枚数限定版 自主制作
  • 「PUNCH☆PARTY」(2005年8月)スプリットCD
  • オムニバス「通天MUSIC-関西早耳アワード-vol.2」(2005年10月)タワーレコード限定
  • コンピレーション「100PROOF」(2006年5月17日)
  • オムニバス「JAPA-RICO〜RICO RODRIGUEZ MEETS JAPAN」(2006年6月28日、「MONKEY MAN」収録)

ミュージック・ビデオ編集

公開年 監督 曲名 備考
2006年 高野彩絵美 ナイフとフォーク
福和敏 ピノキオ
アーモンド
2007年 忘れもの
チャック
爪先
2008年 24カラット
UGICHIN 君ストライプ
2009年 What a Wonderful World
2010年 深津昌和 自転車
easeback 街を出るよ
2013年 牧野孝彬 Walk
2014年 斎藤俊明 Carry On!
2015年 Hands Up Girls
2016年 クラウディ !Fiebre!
NEXSPOT
Free Now
2021年 天谷あむ 美しい男
長棟航平 No.9

タイアップ編集

楽曲 タイアップ
花のスカダンス 江崎グリコポッキースペースシャワーTV限定CMソング (2006年4月 - 6月)[11]
テレビ東京系「JAPAN COUNTDOWN」オープニングテーマ (2005年8月)
ピノキオ 江崎グリコ「ポッキー」スペースシャワーTV限定CMソング (2006年7月 - 9月)[11]
テレビ東京系アニメ「NARUTO -ナルト-」エンディングテーマ (2006年)
チャック テレビ東京系「PVTV」エンディングテーマ (2007年3月)
テレビ東京系「PVTV」オープニングテーマ (2007年4月)
爪先 テレビ東京系アニメ「BLEACH」エンディングテーマ (2007年)
カメレヨン ヤマザキナビスコ「ビッツサンド」CMソング (2008年)[12]
24カラット HONDA CARS中部 エコトクキャンペーンソング (2009年)[13]
ジェットウェーブ 南日本酪農協同スコール」CMソング (2009年)[14]
自転車 テレビ東京系アニメ「NARUTO -ナルト- 疾風伝」エンディングテーマ (2010年)[15]
関西サイクルスポーツセンター CMソング (2010年)
ダンスナンバー802 大阪デザイナー専門学校CMソング (2010年)[15]
Hands Up Girls MBSラジオ松井愛のすこ〜し愛して♥」テーマソング (2015年3月29日 - )

ライブ編集

ワンマンライブ・主催イベント編集

  • 2008年〜2009年 - What a Wonderful World Tour 2008-2009
  • 2013年 - ORESKABAND LIVE TOUR 『Hot Spice 2013』
  • 2014年 - ORESKABAND presents"ORESKABAND Best Album Release Tour"BEST VIBRATION""
  • 2014年 - ORESKABAND presents" Love & Call ORESKABAND × BIGNOUN"
  • 2014年11月16日 - ワンマンライブ「Carry On! TOUR 2014」in 東京
  • 2014年11月18日 - ワンマンライブ「Carry On! TOUR 2014」in 名古屋
  • 2014年11月25日 - ワンマンライブ「Carry On! TOUR 2014」in 大阪

出演イベント編集

脚注編集

  1. ^ 株式会社フラッグシップ・アーティスツ”. www.flagship-a.net. 2022年10月27日閲覧。
  2. ^ オレスカバンドmoricoが結婚&妊娠を発表 ナタリー (2015年6月23日)
  3. ^ a b オレスカバンドmoricoが脱退、育児に専念 ナタリー (2016年1月31日)
  4. ^ a b Inc, Natasha. “オレスカバンドSAKIがバンド活動休止、アニメ音楽の作家活動に専念するため” (日本語). 音楽ナタリー. 2019年1月5日閲覧。
  5. ^ いっぱい泣いて、いっぱい笑った10年を越えてオレスカバンドが初のベストアルバム『BEST(2003-2013)』を手にネクストフェイズへと向かう東名阪ツアーが開幕!バンドと人生を回顧するiCas(vo&g)インタビュー&動画コメント ぴあ関西版 (2014年3月21日)
  6. ^ オレスカバンド、2年連続で<SXSW>に出演決定 Barks (2008年3月10日)
  7. ^ オレスカバンド、日本人初<WARPED TOUR>にフル参戦 Barks (2008年3月19日)
  8. ^ オレスカバンドのシングル作品 オリコン
  9. ^ a b c オレスカバンドのアルバム作品 オリコン
  10. ^ オレスカバンドのDVD作品 オリコン
  11. ^ a b スペースシャワーTVコラボレーション 歴代アーティスト紹介 江崎グリコ
  12. ^ オレスカ、レコ発ツアースタート&新曲がCMソングに ナタリー (2008年11月17日)
  13. ^ オレスカバンド、アルバム曲がHONDA CMソングに起用 ナタリー (2009年1月13日)
  14. ^ オレスカバンド、西日本の名物乳性飲料を爽やか演出 ナタリー (2009年7月6日)
  15. ^ a b オレスカバンド、楽しめる音楽という原点を見つめて6人が全速力で音の中を疾走するNEWシングル「自転車」大特集 Barks (2010年4月28日)

外部リンク編集