オロデス1世Orodes I、在位:紀元前80年 - 紀元前76年/75年)は、アルサケス朝パルティア王国の王。

オロデス
ارد يکم
オロデス1世
OrodesIParthiaCoinHistoryofIran.jpg
オロデス1世のコイン
在位 紀元前80年 - 紀元前76年/75年
戴冠式 紀元前80年

テンプレートを表示

生涯編集

紀元前80年の記録で、バビロニア出土の粘土板に初めて現れる。代わりにそれまでのパルティア王ゴタルゼス1世の名は現れなくなる。おそらくゴタルゼス1世との争いがあったと思われる。オロデス1世は短期間しか統治しなかった。紀元前76年または75年の粘土板にはアルシャカン(おそらくシナトルケス)という名の王と、彼の姉妹で妻であったイスブバルザという王妃の名が現れる。[1]

脚注編集

  1. ^ デベボイス 1993,p45

参考資料編集


先代:
ゴタルゼス1世
パルティア王国の君主
前80年頃 - 前76年/75年
次代:
シナトルケス