オンゲルマン川(オンゲルマンがわ)、ないし、オンゲルマネルベンスウェーデン語: Ångermanälven)は、スウェーデンで最も長い川のひとつであり、長さは 460キロメートル (290 mi) に達する。また、流量の上でもイェータ川ルーレ川英語版に次ぐ、第三の大河となっている。

オンゲルマン川
Ångermanälven.jpg
現地の呼称 Ångermanälven  (スウェーデン語)
所在
 スウェーデン
特性
河口・合流先 ボスニア湾
 • 座標
北緯62度48分 東経17度56分 / 北緯62.800度 東経17.933度 / 62.800; 17.933座標: 北緯62度48分 東経17度56分 / 北緯62.800度 東経17.933度 / 62.800; 17.933
 • 標高
0 m (0 ft)
延長 460 km (290 mi)[1]
流域面積 31,864.0 km2 (12,302.8 sq mi)[2]
流量  
 • 平均 500 m3/s (18,000 cu ft/s)[1]
流域

名称編集

英語などにおける表記では、かつては「Ångermann」ないし「Angermann」が正式であった[3]。この名称は、古ノルド語で「深いフィヨルド」を意味する「anger」に由来しており、ノルウェーにそうした地名がしばしば見出されるほか、「ånger」としてノールランドの海岸部に関連する地名が見出される[4]

流路編集

この川は、スウェーデンラップランド地方南部に位置するスカンディナヴィア山脈に源を発する。次いで、イェムトランド地方を通り、水の勢いを増してオンゲルマンランド地方を流れるが、この地方名は川の名称が由来となっている。おもな支川には、ボイモン川スウェーデン語版フェルシュ川スウェーデン語版ファックス川スウェーデン語版がある。また脈川ベンイェル川スウェーデン語版がある。

海から 50キロメートル (31 mi) ほどまでは、船で遡行することができる[3]。最下流の 30キロメートル (19 mi) ほど、地図にソレフテオスウェーデン語版という町が記載されているあたりから先は、オダレンスウェーデン語版と称される風景の美しい河谷となっている。オンゲルマン川は、最後はクラムフォルススウェーデン語版の町の近くで、バルト海ボスニア湾に注ぐ。

河口部には、スウェーデン最長の吊り橋であるヘガクステン橋がかかっている[5]

脚注編集

  1. ^ a b NE (2010).
  2. ^ SMHI (2010).
  3. ^ a b EB (1878).
  4. ^ SV (2016).
  5. ^ The High Coast Bridge”. Höga Kusten. 2021年5月30日閲覧。

参考文献編集