メインメニューを開く

オンバト+』(オンバトプラス)は、2010年4月16日より2014年3月23日までNHK総合テレビで放送されていたお笑い番組。略称は「オンバト」など。1999年3月27日より2010年3月26日までNHK総合テレビで放送された『爆笑オンエアバトル』の後継番組。

オンバト+
ジャンル バラエティ番組
出演者 司会者
お笑い芸人10組
制作 NHK/NHKエンタープライズ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2010年4月16日 - 2014年3月23日[1]
放送時間 放送日時を参照

特記事項:
放送時間・司会・テーマ曲の変遷については放送日時歴代司会者番組テーマ曲の項も参照

目次

番組概要編集

2010年3月に終了した爆笑オンエアバトルを受け継ぐ形で放送が開始された。10組中5組がオンエアされる点など、爆笑オンエアバトルと同じ部分もあるが、ネタ終了時の音楽の変更や新視聴者投票システムの導入など異なる点もある。

リニューアル後はみんなの広場ふれあいホールオープンスタジオ)だけでなく、全国各地のコンサートホールや体育館に出張して収録をする機会の頻度が多くなっていた(下記参照)。また、2013年度においては大阪放送局での収録も行われた。

2014年3月23日(22日深夜)に放送された「第4回チャンピオン大会」をもって最終回となり、爆笑オンエアバトル時代から通じた「オンバト」シリーズは15年の歴史に幕を下ろした[1][2]。119回の放送で334組の芸人が出場し、175組の芸人がオンエアを果たした。

地方収録の収録地編集

所在地順。

ルール・審査方法編集

詳細に関しては、爆笑オンエアバトルを参照。

初回放送は天竺鼠ラバーガールが同点5位で6組オンエアであったが、当初は5組オンエアで点数が同じ二組を同点決勝を行い、票が多かった方をオンエアする予定であった(同点決勝の結果はラバーガールが341KB、天竺鼠が289KBでラバーガールがオンエア)。しかし収録後のスタッフの協議で「一組でも多くネタを放送した方が番組のコンセプトに叶っている」という結論に至った為、6組オンエアとなった[3]

番組記録編集

5位までを記載。同数の場合は達成順。同時達成の場合は五十音順。

通算オンエア回数
順位   回数
1 風藤松原 16
ラバーガール
3 THE GEESE 15
エレファントジョン
5 うしろシティ 14
通算オフエア回数
順位   回数
1 アイデンティティ 7
ランチランチ
勝又
3 やさしい雨 6
ラブレターズ
ツィンテル
連勝記録
順位 連勝数
1 ラバーガール 16
2 THE GEESE 15
3 ザ・ゴールデンゴールデン 9
キャプテン渡辺
うしろシティ
連敗記録
順位 連敗数
1 やさしい雨 6
2 オレンジサンセット 5
スパローズ
アナログタロウ
5 アボカドランドリ 4
オーバー500獲得数
順位   回数
1 THE GEESE 6
2 タイムマシーン3号 5
3 ラバーガール 4
バイきんぐ
ニッチェ
ジグザグジギー
最高KB
順位   KB 収録場所
1 ジグザグジギー 541 茨城県つくば市
2 THE GEESE 537 岐阜県羽島市
スーパーマラドーナ 岐阜県・羽島市
4 タイムマシーン3号 533 東京・渋谷
井下好井 長野県駒ヶ根市
最高オフエアKB
順位   KB 収録場所
1 ニッチェ 457 愛知県春日井市
2 花香芳秋 453 長野県・佐久市
3 スパローズ 449 秋田県秋田市
4 ムートン 445 北海道清水町
5 天狗 441 静岡県焼津市
ぽ〜くちょっぷ 愛知県・長久手市
最低オンエアKB
順位   KB 収録場所
1 閃光花火 285 東京・渋谷
2 クマムシ 313 岐阜県・羽島市
3 オキシジェン 321 東京・渋谷
4 春夏笑冬 333 東京・渋谷
わらふぢなるお 333 三重県松阪市
  • 東京収録に限定した最高オフエアKBはや団が記録した433KB。
最低KB(事実上含む)
順位   KB 収録場所 備考
1 ソーセージ 0 愛知県・長久手市 収録後にメンバーの不祥事が発覚し、出演を辞退した。
(実際の計量は449KBで4位オンエアであった)
2 ブーブートレイン[4] 105 東京・渋谷 実際に計量を行った芸人に限定した最低KB。
3 浜口浜村 117 大阪府堺市
4 カブトムシ 121 東京・渋谷
ミスマッチグルメ
ミラクルパワーズ

歴代司会者編集

いずれもNHKアナウンサー

  • 斉藤孝信(2010年4月16日 - 2012年3月31日) / 第1期 - 第2期
  • 古賀一(2012年4月7日 - 2013年3月24日) / 第3期
  • 柴崎行雄(2013年4月6日 - 2014年3月23日) / 第4期

チャンピオン大会編集

原則的に年度末に開催。以下の出場条件のいずれかを満たした組が出場し年間王者を決定する。

  • 前回大会のチャンピオン
  • 「視聴者投票枠」に選出される(下記参照)
  • 期間内にオンエアを規定回数以上勝ち取り、その合計KBランキングで上位に入る

視聴者投票編集

+1(2010年度)編集

オフエアになった組で視聴者投票(1回につき1組だけに投票できる)を行い、最多得票数の組が次回放送の中で+1(プラスワン)として放送される。

記録

+1の最高・最低KBは上記表を参照。

視聴者投票最高獲得数
順位   票数
1 モンスターエンジン 1845
2 少年少女 1827
3 パンサー 1705
4 エリートヤンキー 1615
5 ソーセージ 1540
視聴者投票最低獲得数
順位   票数
1 ジャウー 114
2 カオポイント 151
3 やさしい雨 157
4 ブルーセレブ 182
5 ワンツーギャンゴ 184
+1を逃がした視聴者投票最高獲得数
順位   票数 備考
1 スーパーマラドーナ 1474 1位は1705票のパンサー
2 我人祥太 1338 1位は1370票のものいい
3 ノンスモーキン 1163 1位は1845票のモンスターエンジン
4 スマイル 1152 1位は1493票の少年少女
5 夙川アトム 1023 1位は1290票の平成ノブシコブシ

2011年度以降編集

オンエアになった組で視聴者投票(ネタ披露中にそれぞれ1票、全組ネタ披露後に一番面白かったと思う組に1票)を毎週行い、視聴者投票で上位3位を獲得した挑戦者にはポイントが与えられる。

1位は5ポイント・2位は3ポイント・3位は1ポイントである。

合計ポイントで年間1位に輝いた挑戦者は毎年3月に放送の「チャンピオン大会」に視聴者投票枠として出場する。

視聴者投票記録編集

視聴者投票最高獲得数
順位   票数
1 うしろシティ 6038
2 デニス 5951
3 ニッチェ 5868
4 うしろシティ 5564
5 風藤松原 5438
視聴者投票最低獲得数
順位   票数
1 コンパス 518
2 笑撃戦隊 529
3 ウエストランド 563
4 閃光花火 588
5 TAIGA 629

オンバト+ PREMIUM編集

2010年度の地方収録で本編と併せて収録された番外編。「爆笑オンエアバトル」時代に活躍したOB・OG芸人が出演し、「芸人魂」を賭けてそれぞれますだおかだペナルティが率いる3組1チームの2チームに分かれて対戦する。勝敗は本編と同じように審査員による投票(金色のボールを使用)で決められ、獲得KBの多いチームが勝者となる。MCは岡田圭右ヒデが担当。

各コーナーは以下の通りで、放送1回につきこの中から3種類が行われる。

ネタバトル
両チームの代表1組が持ちネタを披露する。
会場アンケートでサプライズ!
観客に様々なお題でアンケートを取り、その内容について大喜利形式で解答する。
あてぶりコントでサプライズ!
両チームの代表者3人が、それぞれ相手チームの代表者1人によるナレーションに合わせてアドリブでコントを行う。
借り物しりとりでサプライズ!
観客の所持品をしりとり形式で次々と借りていき、制限時間内にどれだけ借りられるかを競う。
ご指定アイテムでサプライズ!
制限時間内に、お題に書かれた物をお題で指定された観客から借りる数を競う。

詳細は爆笑オンエアバトル#オンバトPREMIUMも参照。

出演芸人
放送日 収録場所 出場芸人
ますだおかだチーム ペナルティチーム
2010年5月28日 滋賀県
栗東市
パックンマックン オジンオズボーン スピードワゴン アジアン
2010年7月30日 京都府
精華町
アメリカザリガニ エレキコミック キャン×キャン ザブングル
2010年10月29日 北海道
中標津町
スピードワゴン 三拍子 パックンマックン 流れ星
2010年11月26日 栃木県
矢板市
インスタントジョンソン 髭男爵 ダイノジ U字工事
2011年1月28日 長野県
佐久市
エレキコミック ハマカーン 三拍子 キングオブコメディ
2011年2月25日 鳥取県
境港市
イワイガワ ダンディ坂野 スピードワゴン ユリオカ超特Q

番組テーマ曲編集

『オンバト+』では、オープニングテーマ、登場テーマ、オチ音、エンディングテーマなどの作曲・編曲・プロデュースを中塚武が担当している。

期間 オープニング曲 エンディング曲 備考
2010年4月 - 番組オリジナル 番組オリジナル

放送日時編集

いずれも総合テレビでの放送でJST。暦日を基準とする。つまり、午前0時以降に放送される場合は、前日の深夜に放送されていることになる。NHKワールド・プレミアムでも同時刻に放送されている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「オンバト+」終了のお知らせ”. NHK オンバト+ (2014年1月23日). 2014年1月23日閲覧。
  2. ^ “「オンバト」15年の歴史に幕”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2014年1月23日). http://natalie.mu/owarai/news/108369 2014年2月5日閲覧。 
  3. ^ オンバト+ +ブログ Vol.4
  4. ^ 本来出場予定だったワンツーギャンゴがメンバーの急死により出場を辞退したため、前説予定から急遽繰り上がっての出場だった。
  5. ^ 正確には第12戦だが、9月18日放送予定だった第11戦が休止になったため、先に放送。
  6. ^ 9月18日放送予定だったが、菅内閣閣僚の記者会見により休止。2週間後の10月2日に放送。
  7. ^ 11月20日放送分は野田佳彦内閣総理大臣の記者会見(インドネシア・バリ島からの中継録画。これは放送時間中、総理が帰国の途についているためである)のため総合テレビでは同日1:15-1:45、NHKワールド・プレミアムでは23日にそれぞれ変更して放送(ワールド・プレミアムでは開始冒頭、画面上に配信時間変更の字幕スーパーが表示された)。

外部リンク編集

NHK総合テレビ 金曜 24:15 - 24:45枠
前番組 番組名 次番組
トップランナー
※24:10 - 24:54
(第1週 - 第3週)
【土曜23時台後半枠へ移動】
爆笑オンエアバトル
※24:10 - 25:09
(第4週)
オンバト+
MAG・ネット
※24:15 - 25:00
(第1週)
Shibuya Deep A
※24:15 - 25:15
(第2週 - 第4週)
【共にBS2から移動】
NHK総合テレビ 土曜 24:50 - 25:20枠
再放送枠
オンバト+
-