オーガスターナ (Augustana) とは、アメリカ合衆国 ,カリフォルニア州 ,サンディエゴにて結成されたピアノ・ロックバンドである。

Augustana
Augustana - Chicago 2010.jpg
2010年のライヴ
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ,カリフォルニア州 ,サンディエゴ
ジャンル ピアノ・ロック
オルタナティヴ・ロック
活動期間 2003年~2011年
レーベル アメリカ合衆国の旗Epic Records
日本の旗ソニー・ミュージック
公式サイト sonymusic.co.jp
メンバー ダン・レイアス
旧メンバー クリス・サクトロベン
ジャレド・パロマー
ジャスティン・サウス
ジョン・ビンセント

コールドプレイ等と比較される、その繊細かつ叙情的な楽曲が全米で話題となり、高い人気を誇るようになる。

また、2005年に発表した1stアルバム「All the Stars and Boulevards」は、これまでに全米で150万枚以上を売り上げており、同アルバムに収録されている「"Boston"」は、彼等の代表曲である。

2011年ボーカルのダン・レイアス以外のメンバーは脱退し、ダンのみで活動している。

現在のメンバー編集

  • ダン・レイアス/Dan Layus - ヴォーカル・ピアノ・ギター

旧メンバー編集

  • ジョサイア・ローゼン/Josiah Rosen -
  • クリス・サクトロベン/Chris Sachtleben - ギター・マンダリン
  • ジャレド・パロマー/Jared Palomar - ベース
  • ジャスティン・サウス/Justin South - ドラム
  • ジョン・ビンセント/John Vincent - キーボード

略歴編集

カリフォルニア州,サンディエゴにある大学で、音楽科を専攻していたダン・レイアスが中心となり、2002年に結成。その後は、ダンが高校時代に作成した楽曲(主に、彼の当時のガールフレンドへ向けたラヴソング)をレコーディングしながら、バンド活動を行う事となる。なお、バンド名は当初「ザ・ルッキング・グラス(The Looking Glass)」にしたかったらしいが、他に同じ名前のバンドがいた為、ラテン語で「希望の小さな兆し」を意味する「オーガスターナ(Augustana)」と名付けられた。

2004年には、大手メジャーレベールのEpic Recordsと契約を結ぶ。

2005年に、1stアルバム「All the Stars and Boulevards」をリリースすると、このアルバムからの2ndシングル「"Boston"」が全米で130万ダウンロードを記録する大ヒットを記録。このシングル曲の成功も相まって、結果的に1stアルバムは、全米で150万枚以上を売り上げプラチナム・ディスクに認定された。

2008年には2ndアルバムとなる「Can't Love, Can't Hurt」をリリース。全米アルバムチャートにて初登場21位を記録。

2011年、3rdアルバム「Augustana」をリリース。

2014年、4thアルバム「Life Imitating Life」をリリース。

ディスコグラフィー編集

アルバム編集

発売日 アルバムのタイトル 販売レーベル 全米アルバムチャート最高位[1]
2005年9月6日 All the Stars and Boulevards Epic Records
96位
2008年4月29日 Can't Love, Can't Hurt Epic Records
21位
2011年4月26日 Augustana Epic Records
29位
2014年4月22日 Life Imitating Life Razor & Tie       67位

シングル編集

発表 曲名 各チャート最高位 収録アルバム
US Hot 100 US Pop 100 US Hot Adult US Hot Digital US Mainstream
2005 "Stars and Boulevards" 74 93 25 57 26 All the Stars and Boulevards
2006 "Boston" 34 31 22 22 24
2008 "Sweet and Low" 88 66 34 44 - Can't Love, Can't Hurt
"I Still Ain't Over You" - - - - -

外部リンク編集

脚注編集