オーサ・レグネール

オーサ・レグネール (Åsa Charlotte Regnér1964年8月26日)は、スウェーデンの政治家で、2014年10月3日〜2018年3月7日までステファン・ロベーン政権下で子ども、高齢者、男女平等担当大臣を務め、2018年よりUNウィメン事務局次長を務める[1]

オーサ・レグネール
Åsa Regnér
Åsa Regnér.jpg
生年月日 (1964-08-26) 1964年8月26日(58歳)
出生地 ラップランドスウェーデン
出身校 ストックホルム大学 学士号
ウプサラ大学 民主主義開発 修士号
所属政党  スウェーデン社会民主労働党
配偶者 Per Cedell (sep)

国際連合の旗 UNウィメン事務局次長(2018年-)
在任期間 2018年 - (現職)

スウェーデンの旗 子ども、高齢者担当大臣
内閣 ステファン・ロベーン
在任期間 2014年10月3日 - 2018年3月7日
元首 カール16世グスタフ

スウェーデンの旗 男女平等担当大臣
内閣 ステファン・ロベーン
在任期間 2014年10月3日 - 2018年3月7日
元首 カール16世グスタフ
テンプレートを表示

生い立ち編集

 
ニューヨークで開かれたウィキギャップの集まりに参加(2022年4月28日)

レグネールはリンシェーピングムータラスウェーデン語版で育ち、成人すると母親の旧姓を採用した[2]。1984年から1985年まで、ドイツエアランゲンにあるフリードリヒ・アレクサンダー大学で政治学、社会学、ドイツ文学を学んだ。彼女はまたストックホルム大学で学び、1990年代初頭にスペイン語ドイツ語美術史の哲学の学士号を取得し卒業した。2011年にはウプサラ大学で民主主義開発の修士号を取得した[3]

彼女はスウェーデン国際開発協力庁で短期間働き、国連機関UNウィメンボリビアで2013年から2014年までの国別担当マネージャーを務めた。

2014年10月3日、レグネルは、第1期ステファン・ロベーン政権において子供、高齢者、男女共同参画大臣に任命された。2018年3月7日、大臣の辞任を発表し、国連本部にUNウィメン(UN Women)の次長を務めることになった。レナ・ハレングレンスウェーデン語版2018年3月8日に大臣の職を引き継いだ[4]

来日編集

出典編集

外部リンク編集