メインメニューを開く

株式会社オージーケーカブトは、ヘルメットおよび車両周辺部品の製造販売を行なう企業。本社は大阪府東大阪市に所在。

株式会社オージーケーカブト
OGK KABUTO Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 OGK
オージーケー
本社所在地 日本の旗 日本
577-0016
大阪府東大阪市長田西6丁目3番4号
設立 1982年昭和57年)9月
(オージーケー販売株式会社)
法人番号 9122001001205 ウィキデータを編集
事業内容 自転車・オートバイのヘルメットおよび周辺部品の製造販売
代表者 CEO 木村秀仁
資本金 2000万円
従業員数 87名(2014年現在)
主要株主 オージーケー技研株式会社
主要子会社 株式会社韓国OGK
青島科福多安全用品有限公司
KABUTO EUROPE B.V.
外部リンク http://www.ogkkabuto.co.jp/index.html
テンプレートを表示

概要編集

オージーケー技研よりヘルメット関連の部門が、1982年に分社化される形で創業し、2006年7月に現在の社名となった。

現在はヘルメットだけでなく、自転車用のアクセサリーやゴーグルウェアなども販売している。

ヘルメット編集

2016年現在、ヘルメットに関しては母体のオージーケー技研ではなくオージーケーカブトが独自展開しており、オートバイ業界で「OGK」といえばオージーケーカブトを指す。

SHOEIアライヘルメットに次ぐ第3のメーカーと言われ、フルフェイスからハーフタイプまで幅広いジャンルで商品展開している(SHOEIはハーフカップタイプのヘルメットは製造しているが、市場にはほとんど出回っていない。アライヘルメットは、郵便配達員が使用するヘルメットと、競馬の騎手が使用するヘルメットに限って、ハーフカップタイプのモノを製造しているが、どちらも一般向けには販売されていない)。

オートバイ用ヘルメットは、国内向けは一部ヘルメットを除き[1]SG規格のみだが、海外向けではヨーロッパのEN規格オーストラリアのAS規格、アメリカのDOT規格、世界的に有名なスネル規格なども取得しているモデルがある。なお、2010年からSG規格は従来のJIS規格と同じ衝撃テストを行うように改定され、SGとJISは単にJIS認定工場で生産されているかどうか、の差だけとなっている。

またスポーツサイクル市場でも、急速にシェアを伸ばしており、こちらも国内でのシェアは海外メーカーを抑えてトップに位置し、アジア圏でもシェア率は高い。2009年から新城幸也が入団したフランスのプロコンチネンタルチーム、Bbox ブイグテレコムにヘルメットを提供している。

ラインナップ(一部)編集

オートバイ用ヘルメット編集

フルフェイス編集
  • FF-5V(特大サイズ設定あり)
  • FF-RⅢ
  • FF-MJ(オフロード用・XSサイズのみ)
  • エアロブレードⅢ
  • エアロブレードⅤ
  • KAMUI-Ⅱ
  • KAMUI-Ⅲ
  • RT-33(特大サイズ設定あり)
フリップアップ(システムヘルメット)編集
  • アフィード
  • IBUKI
  • KAZAMI
オープンフェイス(ジェット)編集
  • アヴァンドⅡ(特大サイズモデルあり)
  • アフィードJ
  • ASAGI
  • EXCEED
  • ヴェニーレ
  • BR-1
  • BOB-K
  • スピンドル
  • ラディック N(特大サイズモデルあり)
  • KL-mini(XSサイズ)
ハーフカップ編集
  • PF-5(XSサイズ設定あり)
  • BK-C2
  • BK-C2X
  • リボルバー AN-1
  • リボルバー AN-2

2014年12月現在、一部2018年修正中

自転車用ヘルメット編集

  • レジモス(タイムトライアル仕様あり)
  • MS-2
  • モストロ(タイムトライアル仕様あり)
  • リガス
  • リガス・レディース
  • レフ
  • ファロー
  • スクード・L
  • スクード・J(子供用)
  • マキシティ
  • エアロ・K1
  • エアロ・TP(受注生産品)
  • エアロ・SN(受注生産品)
  • IXA-C GM11
  • DHベータ
  • SP-3
  • クリフ

児童用ヘルメット編集

ソフトシェル編集
  • メロンキッズS
  • chabby
  • J-CULES2
  • WR-J
ハードシェル編集
  • milpop-8
  • milpop-7
  • KIDS-X8
  • KIDS-X7
  • G-RIDE
  • J-KONG S
  • J-KONG M

通学用ヘルメット編集

  • SN-8
  • SN-6
  • SG-8

2011年12月現在
なお、デザイン違いのバージョンが存在する商品もある。

諸問題編集

JIS認証の取消し編集

2019年10月25日 一般財団法人日本車両検査協会は、認証製造業者である株式会社オージーケーカブトに対し、臨時の審査を実施したところ、長期間にわたり製品の組み立て場所に係る記録が適切に記載されていなかったことを確認しました。

2019年11月25日 品質管理体制が、鉱工業品及びその加工技術に係る日本産業規格への適合性の認証に関する省令に定める基準を満足しておらず、その内容が重大であると認められたため、認証を取消した。(製品の安全性や品質については、JIS規格を満たしており、問題がないことが確認されている。)[2]

脚注編集

  1. ^ FF-5Vはスネル規格、RT-33はECE22.05規格、MFJ公認を取得
  2. ^ 株式会社オージーケーカブトのJIS認証が取消されました (PDF)” (日本語). 2019年11月27日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集