オースター・エアクラフト

オースター・エアクラフト (Auster Aircraft Limited)は、1938年から1961年にかけて活動したイギリス航空機メーカーである[1]

オースター・エアクラフト
業種 航空機
設立 1938年
解散 1961年
本社 イングランド, レスターシャー
テンプレートを表示

歴史編集

オースター・エアクラフトの設立時の名称はテイラークラフト・エアロプレーンズ・イングランド (Taylorcraft Aeroplanes England Limited)で、アメリカ合衆国航空機メーカーであるテイラークラフトの子会社として設立された。この当時の社名についてはブリティッシュ・テイラークラフト (British Taylorcraft)と表現する例も見られる[2][3]

テイラークラフト・エアロプレーンズは親会社テイラークラフトの開発したモデルB英語版型をベースとしたイギリス軍イギリス連邦軍向けの観測機であるテイラークラフト オースターシリーズを第二次世界大戦中に累計1,604機生産した。

第二次世界大戦後の1946年3月になって、テイラークラフト・エアロプレーンズは社名をオースター・エアクラフト (Auster Aircraft Limited)に変更した。オースター社はその後も主にイギリス軍向けの軽観測機や小型スポーツ機の開発・製造を続けたが、基本的なデザインはほとんどの機種で初期のオースターシリーズを踏襲しており、設計に大きな違いのある機種で実際に生産されたのは、9機のみ製造された低翼配置のアグリコーラ英語版だけであった。

1961年になると、オースター・エアクラフトは同じイギリスの小型機メーカーであったF. G. マイルズと統合され、プレスト・スチール・カンパニー傘下のビーグル・エアクラフトとなった[1]。ビーグル・エアクラフトとなった後は、オースターのブランド名で販売された機種と、ビーグルのブランド名で販売された機種が混在していた。この後、親会社のプレスト・スチール・カンパニー1965年ブリティッシュ・モーター・コーポレーションに買収され、ビーグル・エアクラフトは1966年から英国政府の管理下で活動を継続したが1969年には資金的に困難な状況となり、再建できずに解散となった。

機種編集

 
オースターI
 
オースターIII
 
オースターV
 
J/1 オートクラット
 
オースター AOP.6
 
オースター AOP.9


脚注・出典編集

参考文献編集

  • The Squadrons of the Royal Air Force & Commonwealth 1918-1988 James J.Halley. London: Air-Britain, 1988. 0-85130-164-9.
  • Canada's Flying Gunners Lt.-Col. D.L. Fromow (Ottawa: Air O.P. Pilot's Association, 2002);
  • Battle History 666 (Calgary: Abel Book Company, 2006)
  • The History of the Auster Aeroplane (Revised 3rd Ed.) Ambrose Hitchman and Mike Preston. International Auster Club Heritage Group, 2006.
  • Willis, David (2006). “Military Auster A to Z: Unarmed and in the frontline”. Air Enthusiast (Key Publishing) January/February 2006 (121): 40–57. ISSN 0143-5450
  • Willis, David (2006). “Military Auster A to Z: Post-war use and experimentals”. Air Enthusiast (Key Publishing) March/April 2006 (122): 42–57. ISSN 0143-5450
  • Willis, David (2006). “Military Auster A to Z: In different colours – Exports”. Air Enthusiast (Key Publishing) May/June 2006 (123): 64–72. ISSN 0143-5450

関連項目編集

外部リンク編集