メインメニューを開く

オースティン・ビベンス=ディルクス

この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • オースティン・ビベンズダークス

オースティン・M・ビベンス=ディルクスAustin M. Bibens-Dirkx, 1985年4月29日 - )は、アメリカ合衆国オレゴン州マリオン郡カイザー出身のプロ野球選手投手)。右投右打。

オースティン・ビベンス=ディルクス
Austin Bibens-Dirkx
Austin Bibens-Dirkx in 2017 (cropped).jpg
2017年
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オレゴン州マリオン郡カイザー
生年月日 (1985-04-29) 1985年4月29日(34歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2006年 MLBドラフト16巡目(全体471位)でシアトル・マリナーズから指名
初出場 2017年5月17日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

メディアによっては「ビベンズダークス」とも表記される。愛称はエル・ルビオ[1]

ライアン・ローランドスミスに次いで、MLB史上2人目のハイフンを用いた選手である。

経歴編集

プロ入りとマリナーズ傘下時代編集

2006年MLBドラフト16巡目(全体471位)でシアトル・マリナーズから指名され、プロ入り[2]。契約後、傘下のA-級エバレット・アクアソックスでプロデビュー。同球団で3試合に登板後、A級ウィスコンシン・ティンバーラトラーズへ昇格。A級ウィスコンシンでは25試合に登板して2勝2敗4セーブ・防御率1.95・25奪三振の成績を残した[3]

2007年はA+級ハイデザート・マーベリックスでプレーし、31試合に登板して3勝1敗8セーブ・防御率4.42・26奪三振の成績を残した[3]

2008年はA+級ハイデザートで開幕を迎え、29試合に登板したが、7月9日に左膝の故障で離脱した。7月30日にルーキー級アリゾナリーグ・マリナーズで復帰。8月22日にA+級ハイデザートへ再昇格した。A+級ハイデザートでは32試合に登板して1勝1敗1セーブ・防御率7.95・31奪三振の成績を残した[3]

カブス傘下時代編集

2009年ゴールデンベースボールリーグビクトリア・シールズ英語版でプレー後、7月5日シカゴ・カブスとマイナー契約を結んだ[4]。傘下のA級ピオリア・チーフスでプレーし、12試合(先発8試合)に登板して7勝2敗1セーブ・防御率3.70・50奪三振の成績を残した[3]

2010年はAA級テネシー・スモーキーズでプレーし、16試合に先発登板して5勝3敗・防御率3.27・68奪三振の成績を残した。7月にAAA級アイオワ・カブスへ昇格し、13試合(先発8試合)に登板して5勝4敗・防御率4.61・34奪三振の成績を残した[3]

2011年はAAA級アイオワで開幕を迎え、20試合に登板したが、防御率7.16と振るわず、7月にAA級テネシーへ降格した。AA級テネシーで5試合に登板後、8月にAAA級アイオワへ再昇格した。AAA級アイオワでは24試合(先発17試合)に登板して4勝5敗・防御率6.07・75奪三振の成績を残した[3]

ナショナルズ傘下時代編集

2012年1月10日ワシントン・ナショナルズとマイナー契約を結んだ[5]。傘下のAA級ハリスバーグ・セネターズとAAA級シラキュース・チーフスでプレー。AAA級シラキュースでは29試合(先発2試合)に登板して0勝3敗1セーブ・防御率5.59・47奪三振の成績を残した[3]8月12日に自由契約となった[2]

ロッキーズ傘下時代編集

2012年8月15日コロラド・ロッキーズとマイナー契約を結んだ。契約後はAAA級コロラドスプリングス・スカイソックスでプレーし、7試合に登板して1勝1敗・防御率13.89・10奪三振の成績を残した[3]

ブルージェイズ傘下時代編集

2013年1月15日トロント・ブルージェイズとマイナー契約を結んだ。この年は傘下のAA級ニューハンプシャー・フィッシャーキャッツとA+級ダニーデン・ブルージェイズでプレー。AA級ニューハンプシャーでは12試合(先発10試合)に登板して3勝4敗・防御率1.92・57奪三振の成績を残した[3]

2014年はAAA級バッファロー・バイソンズとAA級ニューハンプシャーでプレー。AAA級バッファローでは17試合(先発4試合)に登板して2勝2敗・防御率3.89・35奪三振の成績を残した。オフの11月4日FAとなったが、12日にブルージェイズとマイナー契約で再契約した[6]

2015年もAAA級バッファローとAA級ニューハンプシャーでプレー。この年はAA級ニューハンプシャーでの登板が多く、20試合(先発18試合)に登板して7勝8敗・防御率4.08・86奪三振の成績を残した[3]。オフの11月6日にFAとなった[2]

ランカスター・バーンストーマーズ時代編集

2016年4月5日独立リーグアトランティックリーグランカスター・バーンストーマーズと契約。10試合に先発登板して3勝3敗・防御率3.81・50奪三振の成績を残した[3]

レンジャーズ時代編集

2016年6月17日テキサス・レンジャーズとマイナー契約を結んだ[2]。傘下のAAA級ラウンドロック・エクスプレスへ配属され、17試合(先発13試合)に登板して3勝4敗・防御率3.04・62奪三振の成績を残した。オフの11月7日にFAとなったが、12月16日にレンジャーズとマイナー契約で再契約した[7]

2017年は開幕からAAA級ラウンドロックでプレーし、5月7日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[8]5月17日フィラデルフィア・フィリーズ戦でメジャーデビューを果たし、1回を投げて1失点だった[9]6月6日ニューヨーク・メッツ戦でメジャー初勝利を挙げた[10]。次の登板となった6月11日のナショナルズ戦から先発に回り、この試合では7回1失点の好投で相手先発のマックス・シャーザーに投げ勝った[11]。この年メジャーでは24試合(先発6試合)に登板して5勝2敗・防御率4.67・38奪三振の成績を残した。オフの11月6日に40人枠を外れる形でAAA級ラウンドロックへ配属された[2]後、FAとなった[12]12月19日にレンジャーズとマイナー契約を結び、2018年スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[2]

2018年も開幕からAAA級ラウンドロックでプレーし、5月24日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[13]

台湾・統一時代編集

2019年1月13日、台湾プロ野球統一ライオンズと契約したことが発表された。しかし、6月12日に妻の出産に立ち会うためアメリカに帰国し、契約要項に従って2軍落ち。そのまま台湾に戻ることはなく、退団となった。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2017 TEX 24 6 0 0 0 5 2 0 0 .714 299 69.1 74 14 20 0 3 38 3 0 36 36 4.67 1.36
2018 13 6 0 0 0 2 3 0 0 .400 203 45.0 56 9 14 0 5 33 2 0 33 31 6.20 1.56
MLB:2年 37 12 0 0 0 7 5 0 0 .583 502 114.1 130 23 34 0 8 71 5 0 69 67 5.27 1.43
  • 2018年度シーズン終了時

背番号編集

  • 56(2017年 - 2018年)
  • 44(2019年 - )

脚注編集

  1. ^ Ryan Posner (2017年8月24日). “Explaining Rangers Players Weekend nicknames” (英語). MLB.com. 2017年12月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e f MLB公式プロフィール参照。2017年12月20日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k Baseball-Reference参照。2017年12月20日閲覧。
  4. ^ Bibens-Dirkx Signed by Chicago Cubs”. Victoria Seals (2009年7月4日). 2015年1月14日閲覧。
  5. ^ Matt Eddy (2012年1月20日). “Minor League Transactions: Jan. 11-17”. Baseball America. 2015年1月14日閲覧。
  6. ^ Gregor Chisholm (2014年11月12日). “Blue Jays sign four pitchers to Minor League deals”. MLB.com. 2017年12月20日閲覧。
  7. ^ Jeff Todd (2016年12月16日). “Minor MLB Transactions: 12/16/16”. MLB Trade Rumors. 2017年5月18日閲覧。
  8. ^ T.R. Sullivan (2017年5月7日). “Rangers call up Austin Bibens-Dirkx” (英語). MLB.com. 2017年12月20日閲覧。
  9. ^ Sam Butler (2017年5月17日). “Debut a long time coming for Bibens-Dirkx”. MLB.com. https://www.mlb.com/rangers/news/rangers-austin-bibens-dirkx-makes-debut/c-230926318 2017年12月20日閲覧。 
  10. ^ “Gallo's 17th homer puts Rangers ahead in 10-8 win over Mets” (英語). Associated Press. ESPN. (2017年6月7日). http://www.espn.com/mlb/recap?gameId=370606113 2017年12月20日閲覧。 
  11. ^ “Scherzer gets to 2,000 Ks, but Rangers beat Nationals 5-1” (英語). Associated Press. ESPN. (2017年6月12日). http://www.espn.com/mlb/recap?gameId=370611120 2017年12月20日閲覧。 
  12. ^ Matt Eddy (2017年11月7日). “Minor League Free Agents 2017” (英語). Baseball America. 2017年11月18日閲覧。
  13. ^ T.R. Sullivan (2018年5月24日). “Rangers option reliever Mann to Round Rock” (英語). MLB.com. 2018年5月27日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集