メインメニューを開く

オステルリッツ橋(仏 : Pont d'Austerlitz)は、フランスパリセーヌ川に架かる橋である。

オステルリッツ橋
オステルリッツ橋
基本情報
フランス
所在地 パリ
交差物件 セーヌ川
設計者
施工者
ジュール・サヴァラン
アレクサンドル・ミシャル
建設 1801-1805年 1854年 1884-1885年
座標 北緯48度50分41.50秒 東経2度21分57.27秒 / 北緯48.8448611度 東経2.3659083度 / 48.8448611; 2.3659083座標: 北緯48度50分41.50秒 東経2度21分57.27秒 / 北緯48.8448611度 東経2.3659083度 / 48.8448611; 2.3659083
構造諸元
形式 アーチ橋
材料 煉瓦
全長 173.8m
30m
最大支間長 32m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

パリ12区(セーヌ右岸)のルドリュ・ロラン通りと、5区13区(セーヌ左岸)のパリ植物園とを結ぶ長さ173.8m、幅30mの石造アーチ橋である。

右岸のバスティーユ広場南側サン・アントワーヌ(サンタントワーヌ)と左岸の植物園とを結ぶために作られた。19世紀の初めに最初の橋が架けられたが、すぐに割れ目が生じたので1854年に現在の橋に架け直された。その後橋の幅が狭いと判断され1885年にほぼ倍に拡幅された。

名称は、ナポレオン・ボナパルト率いる大陸軍(グランダルメ)が勝利したアウステルリッツの戦い(バタイユ・ドステルリッツ)を記念して名付けられた。

交通編集

隣の橋編集