メインメニューを開く

オーストラリア国立大学

オーストラリア国立大学英語: The Australian National University、略称:ANU)は、オーストラリア連邦の首都キャンベラに位置する研究型大学であり、オーストラリアで唯一の国立大学である。"Group of Eight" や環太平洋大学協会(APRU)のメンバーでもある。2016年のQS世界大学ランキングでは総合19位。

オーストラリア国立大学
The Australian National University (ANU)
JCMSR.jpg
モットー Naturam Primum Cognoscere Rerum
種別 国立大学
設立年 1946年
資金 A$1.13 billion
Chancellor Professor The Hon Gareth Evans AO QC
Vice-Chancellor Professor Brian Schmidt AC
職員数
3,753人
学部生 10,052人
大学院生 10,840人
所在地 オーストラリアの旗 オーストラリア
オーストラリア首都特別地域キャンベラ
キャンパス アクトン
Group of Eight, APRU, IARU, ASAIHL
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

歴史編集

「オーストラリア国立大学一般事項及びにオーストラリアの国家的重要事項に関わるテーマの大学院研究と調査」という命とともに1946年オーストラリア連邦政府によって設立された。1960年、Canberra University Collegeとの合併により、学部が加設された。2つの部門が主にあり、リサーチと大学院教育に重点を置くthe Institute of Advanced Studies(上級教育機関)と、学部生、院生両方がいる一般教育スクール(学部)を持っている。オーストラリア国立大学は又、多くの専門スクールやセンターを持っている。

オーストラリア国立大学はオーストラリア議会議定書により、規約と体制を指示されているオーストラリアで唯一の大学である。全ての他のオーストラリアの大学は、又は地域議会によって設立されている。大学を統治する「オーストラリア国立大学議定書1991」により、15の協議会メンバーによって統治される。

大学の構造編集

オーストラリア国立大学の大学の現在の構造は、研究と教育を司っている様々なセンター、スクール(facultyが廃止されたため、以下、schoolを「学部」と呼ぶ)、リサーチスクール(研究学院)を擁する7つのカレッジ(学群)からなる。7つの学群は学位コースを行う他、リサーチを行う大学院生も所属している。

人文科学群

3,500人以上の学生がいる。次の3部門からなる。

アジア太平洋学群

学部と院の両方で、オーストラリアで最広域のアジア学を提供する。優先するリサーチエリアは東北アジア南アジア南西太平洋
  • Crawford School of Public Policy
  • 文化歴史言語学部
  • 国際政治戦略学部
  • School of Regulation, Justice & Diplomacy

経済学・商学群

ビジネスと経済学、及びそれに関する分野の教授とリサーチを行っている。

情報科学・工学群

コンピューターサイエンス学と工学の学部を持ち、システムエンジニアリング学科、テレコミュニケーション・エンジニアリング学科に加えて、コンピューターサイエンス・ラボラトリーを持つ。

法学群

1960年設立。国際法一般法(公法)、環境法商法知的財産法に力を入れている。

医学・生物学・環境学群

医学生物化学分子生物学植物学動物学海洋科学物理学心理学、資源学、環境社会学サイエンスコミュニケーションの学部を含む。2004年、オーストラリア国立大学は4年制の上級の科学学位、The Bachelor of Philosophy (Honours) を提供し始めた。このリサーチに重点を置いた学位は、オーストラリア科学学位で最も高名である。
  • 生物化学研究学院:オーストラリアで最高の生物科学リサーチセンターの1つで、農学、自然環境学、健康テクノロジーなど有意義なエリアのリサーチが行われている。
  • 医学部:2001年4月10日に樹立され、2004年2月に学生受入が開始。
  • The John Curtin School of Medical Research:ノーベル賞受賞者 Howard Florey と、John Curtin首相の構想により、1948年に設立。
  • The Fenner School of Environment and Society:学際的・異なった学問分野にまたがる研究 のリーダーとして評価を博している。経済学者、水文学者、歴史学者、環境学者、人類学者と土壌学者などが居て、天然資源や環境問題についての研究が行われている。

物質科学・数学群

ランキング編集

"Group of Eight" や環太平洋大学協会(APRU)のメンバーでもある。THES(Times Higher Education Supplement)大学ランキング2007では、世界で総合16位、社会科学部門では6位であった。そのキャンベラという立地上、特に社会科学や人文系に非常に強みを持っている。2014年のQS世界ランキングでは、総合25位、政治・国際関係学7位、社会科学は世界13位、人文科学10位と多くの学科がトップ100位に入っている。

オーストラリア国立大学
出版 平均 2004 2005 2006 2007 2008 2009
Times Higher Education[1] 17.3 16 23 16 16 16 17

キャンパス編集

オーストラリア国立大学のメインキャンパスはキャンベラの郊外、アクトンに位置のほとんどを占有する。1.45km2/350エーカーのキャンパスは低木林地、ブラックマウンテンバーリー・グリフィン湖、ターナー地区、シティーセンターに隣接している。全部で7つのホール、カレッジのうち6はキャンパスにあり、フェナー・ホールはブラッドン地区の近くのノースブーンアベニューに位置する。

ホールとカレッジ:

10,000本以上の木があり、2003年、Silver Greenhouse Challenge Award at the annual Australian Engineering Excellence Awards を受賞。


他のキャンパス:

区域編集

オーストラリア国立大学のキャンパスは8つの区域に分かれ、キャンパスを北東から南西に流れる、サリバンクリークの西(北西)側に3つ、東(南東)側に5つある。

  • 西側の区域は:
    • Dickson 区域 - 西部:5つの学生寮; John XXIII, Burgmann, Ursula, Burton & Garran and Bruce.
    • Linnaeus 区域 - 中西部:Hancock library
    • Daley 区域 - 北西部:ジムと Willows Oval
  • サリバンクリークの東側の区域は:
    • Kingsley 区域 - 北部:Union court, the Chifley library, Toad Hall, Drill hall gallery, AD Hope building
    • Baldessin 区域 - 北東部:アジア学部、the School of Art と the School of Music
    • Ellery 区域 - 中央部:Law building と HC Coombs building.
    • Liversidge 区域 - 南東部、Acton Peninsula方面:University House, Lennox House と Sir Roland Wilson Building
    • Garran 区域 - 南部:John Curtin School of Medical Research を含む South oval 南部

日本との関係編集

日本の大学との関係においては、2014年7月、立命館大学との間でアジア研究を専門とする「共同学士課程」設立検討に関する覚書を締結した。共同学士課程の内容としては、異なる2大学が共同で学士課程カリキュラムを一から開発・運営を行い、両校の承認のもとで学士号を授与するというもので、2017年度のスタートを目指すことが決定された。この覚書締結の協議には安倍晋三首相も立ち会っており、日本政府としても支援する構えであることが発表された。

著名な卒業生編集

著名な現在及び過去のスタッフ編集

編集

オーストラリア国立大学は多くの賞のスポンサーをしている.

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ World university rankings - Times Higher Education Supplement

関連項目編集

外部リンク編集