オーストラリア大断崖

オーストラリア大断崖(オーストラリアだいだんがい、英語: Great Escarpment, Australia)は、オーストラリア東部の大陸の東のほとんどに沿って、大分水嶺山脈の東を走る大きな断崖である。

この大断崖は中生代に新しい大陸縁辺が形成され、続いて地殻変動で隆起し、その後が後退したために作成された。[1]

オーストラリア大断崖は北から南にかけて、長さが約3,600キロメートル(2,200マイル)あると推定されている。

脚注編集

参照項目編集

外部リンク編集