オーストラリア連続少年暴行事件

オーストラリア連続少年暴行事件(オーストラリアれんぞくしょうねんぼうこうじけん)とは、オーストラリアタスマニアにおいて発生した女性教師による生徒である14歳から16歳までの少年5人に対する連続性的暴行事件。

2004年12月から2005年4月にかけ自身の結婚に不満を持つ女性教師が鬱憤晴らしに起こした事件である[1]。一人の少年と性的関係を持った後、アルコールを用いて4人の少年と関係を持った後、最初の少年が発覚させ裁判となった[2]

2005年9月8日、女性教師は2年の仮釈放無しの懲役4年(執行猶予18ヶ月)の有罪判決を受けた[3]

関連項目編集

出典編集

  1. ^ Teacher jailed for sex with five boys” (英語). ABC News. オーストラリア放送協会 (2005年9月8日). 2011年8月9日閲覧。
  2. ^ The harm when women prey on boys” (英語). theage.com.au. ジ・エイジ (2006年3月18日). 2011年8月9日閲覧。
  3. ^ Teacher jailed for sex with boys” (英語). smh.com.au. シドニー・モーニング・ヘラルド (2005年9月8日). 2011年8月9日閲覧。